女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんです。キレキャラとおふざけキャラと真面目キャラを分離する才能がないので、丸ごとの自分を出してます。

人間の恐ろしさを舐めてはいけない。

 ハゲックス氏の一件で思ったことがある。私は低能先生という存在が何なのかはしらない。ネットで暴言を言い続けているキャラクターであろうというところまでは増田の記事で推測していた。

 だが、ある増田で「低能先生」と呼ばれている人の捨てIDが数百に及ぶことを知り、だめだ!これはヤバイ人だ、関わってはいけないタイプだと思っていた。

 関係ない話だが、私がこのブログのタイトルに「精神病」という言葉を入れたのは、「精神病」という言葉を入れておけば、(精神病患者=私からの)仕返しを恐れて、暴言、冷やかしなどのコメントが入りにくくなるのではなかろうか?という自衛対策でもあった。

 だが、最初に(別のブログサービスで何の反応もなかった)はてなでは燃えそうな記事を、はてなブログに(引っ越しさせ)投入した時と、その後に私がキレた時のブコメの暴言の数々は、君ら精神病患者が怖くないの?と自分の目を疑った。

 いや、精神病者に偏見を持たず、率直な感想をブコメしてくれる時代になっていたのか!、精神病者は怖いものであるという偏見が払拭された時代になっているのか!、という喜びと共に、でも、君ら私が執念深い人格破綻の精神病者である可能性を恐れないのか?という疑問も残った。

 最初の頃は、キチ◯イなどの各種暴言や、私の身元や過去記事を掘っているよという類のコメントがいくつか入っていたが、精神病を自称してる人のブログに、よくそんなこと書き込んでくるね?怖くないの?と思っていた。

 私が、他害系の精神病者だったとしたら、君らの身元を調べて、何か加害行動を起こすかもしれないのに、そういうことを全く想定せずに、おかしなブログ記事を上げまくる自称精神病患者(=私)を、よくそこまで挑発できるなと…

 私は逆に、父親や、精神病棟で精神障害ある方々を見てきたので、精神に疾患を持つであろう、人格に障害を持つであろうタイプの人に対しては非常に発言を気をつけているつもりだ。

 特にネットでは、対面と同等に顔色や目、手足、体全体の動きや態度などを読みながら話をするということができないので、勘頼みのコミュニケーションが主体の私としては、ネットで活字だけで、自分の気持を伝える自信はない。さらに、相手からヒアリングの積み重ね(質問攻め)もできず、相手の本音を聞き出す手段がないので信頼関係が構築できない。だから、ネットでは問題がありそうな人には絡まないようにしてきたつもりだ。

 増田に「低能先生」の捨てID一覧が載った時、さらにハゲックス先生がその人を通報したという記事を書いた時、「大丈夫か?これ?」と思っていた。通報したこと自体は良い行いだと思うが、それをブログで不特定多数に報告することは危険ではないかと思ったのだ。おおっぴらにそんなことを書いてしまうと、標的にされるのではないだろうか?という思いはあった 。だが、まさかな…私の思い過ごしてあってほしい…という思いもなくはなかった。通報されても、通報されても、捨てIDを何百も作るような執念深い人だよ?それを、茶化すように突付いて大丈夫なのか?という感覚はあった。だが、怖いのでコメントしなかった。

 「低能先生」とやらに関係すること、政治的な右派、左派の争いに関することは怖いのでコメントしないスタンスだった。また新興宗教に関する話も触れたくない。ネットで何か言われる程度で済むとは思えないからだ。そこら辺のことで揉めたら、リアル社会での自分の命や生活に影響があるのではないかと思えるのだ。

 これは、私がリアル社会で見聞きした、あるいは私自身がお目にかかった、性格破綻者、曲解した信心の宗教信者、のめり込んでいる極右、極左の方、その筋の方、他害行為のひどい精神疾患の方の話から導き出した、私なりの結論だ。

 政治の派閥闘争、宗教を曲解した信者の信心、人格・精神に問題の起こっていそうな人たちを、舐めてはいけない。これらの中の一部の思い込の激しい人たちは、本当に何をするかわからないのだ。暴力容認派の人や、警察に捕まったことを勲章のように誇らしく語る種の人達も世の中には存在しているのだ。

 私がコメントしたくらいのことで、その恐ろしさが伝わったとも思えないが、「その低能先生とやらの執念を舐めてはいけない。」と一言、どこかに書いておけば、何かが変わっただろうかと悔やまれる。人間は一皮むけば恐ろしい。ネットだからと舐めてはいけない。思い込みが激しい人たちの、 瞬発力、行動力、結束力、組織力、情報収集力を舐めてはいけない。

 今回の一件が、政治的な絡みなのか、個人的な恨みからなのかは分からない。だが、先方がどのような嫌な言い方をしてきても、一個人(ID)を名指しで冷やかしたりはしないほうが良いと思うし、軽い気持ちで裏社会についてまとめ記事を書いたりしないほうがよいと思う。

 これ以上は書かないし、書きたくない。これでも勇気を振り絞って書いたつもりだ。北野たけしのヤクザ映画や、「血と骨」などの映画を見て、「何をしでかすか分からない人たち」は実在するという想像力を膨らませてくれ。

 そして、誰が見るか分からないネットの世界では、極端な人に読まれても加害を受けない程度のラインで発言してほしいと思う。あなた方の身の安全のために。それでも、命がけでも、このことを書きたい、告発したいというなら、命がけである覚悟は持ったほうがいいと思う。

 思想家、政治家、宗教家で自分の思想を流布したいような人はまた違うかもしれないが、個人的には、今回の一件でブロガーレベルの人が言いたいことが言えなくなるとは思わない。同じことを伝えるにも相手を刺激しない言い方というものがあると思うからだ。

 自分に対する、攻撃、否定、冷やかしの要素が含まれた文章を読まされれば、誰だって気分は悪くなる。言いたいことがあって、それを本当に相手や社会に伝えたいなら、相手にわかり易い平易な言葉で、相手に受け入れられやすい優しい言葉で、コメントやブログを書いてほしいと思う。私自身も、根が皮肉屋なのでブログ記事にちょくちょく無意識に皮肉や嫌味がまざってしまう。気をつけたいところだ。

 

*ハゲックス氏はキャラはあんな調子でしたが、ブログの随所にインテリジェンスが感じられ、行動パターンに気遣いが感じられる人だと思っていました。ご冥福をお祈りいたします。

 

◆こちらの記事でも、増田殺されるんじゃないの?とアドバイスをしている。人間は本当にうっかりミスで人を殺すし、殺されたほうも恐らく自分が殺されるなどとは思っていなかっただろう。

 

コロシアムで女性剣闘士?

 なんか、このブコメ欄で私が格闘家みたいな話になってて、びっくり。てか、たった100文字の私のコメントから、コロシアムとか女剣闘士とか思いついちゃう増田ブクマカさんたちって、才能がありすぎて感心するというか、嫉妬する。君ら、発想力が豊かで本当に面白いよねー( ´∀` )

 さて、このお仕事の正解はなんでしょう? 

 

電車・バスの運転手です。

 

 ちなみに、私自身は電車の車掌や、バスの乗降客の調査員とかやってました。電車、バスの運転手って自分の乗務時間まで詰め所で待機なんですよ。大きい詰め所で朝のラッシュとかだと、数十人が自分の乗務する電車が来るのを詰め所で待ってるんですよね。

 あと、私の時代は、乗務予定の運転手が急な欠勤や遅刻で電車が発車できないという事態にならないように、「予備」と呼ばれる運転手さんたちも、複数人、待機してたんですよね。欠勤や遅刻の人の穴を埋めるための存在なので、遅刻や欠勤の運転手がいなければ、ずーっとテレビ見ながらとか、おしゃべりしながら待ってたりとかね。

 で、電車やバスの運転手って男性の印象が多いでしょ?さらに、諸事情で運行が遅れたりすると、めちゃ気が立ってたりするんですよね。休憩時間が減っちゃうから。私も駆け込み客が乗ってくるのを待ってしまったりして、車掌としての仕切り(ドアの開け締めのタイミングなど)が悪くて、運行に遅れを出しちゃって、運転手さんが露骨に怒ってるなんて体験を割としてますし。とにかく、運転手さんの性格によってはピリピリしてるの。

  ついでに言うと、駆け込みのお客さんは「乗せろ!」と怒鳴るし、乗っている乗客は「乗せてやれや!」と怒鳴るし、でも、定時に発車しないと運行時間が遅れちゃうし、みたいな感じでした。

 もうね、電車酔いした高校生が車内でゲロ吐いちゃったり、ホームレスっぽいおじさんが車内で大のほうを漏らしちゃったり(ズボンの裾から漏れたらしい)とか、ホント色々大変なのよね。あのお仕事。

 あと、駅で電車の入り口で乗れない人をぎゅうぎゅう押したり、「はい、ここまでー。ここから後ろの人は次の電車に乗ってくださいー。」とかやる係だけど、あれ、「雑踏整理」とか「客切り」って呼んでたんですけど、あれはメチャクチャ怒られることが多い仕事ですごく大変ですね。

 

 この記事にもあるように、電車・バスの運転手さんて盆も正月も、災害時も普通の人達が休みたい、休まざるを得ないときでも出勤しないといけないから、大変なんですよね。

 ある災害の後、交通機関が麻痺してしまって、運輸課の人たちが総出で、電車の修理をしたり、線路の点検や切れた電線ケーブルを修理しに回ってて、また、運転手たちも、いつ復旧するか分からない電車に乗務するために、詰め所に詰めてました。

 「我々は、市民の足だ、こういうときこそ高い意識を持って、市民のために働こう!」って、みんながメチャ真剣に復旧を目指してる姿を見た時は、カッコよくて感動したってか、その真剣な姿に運輸課の人たちに惚れそうになった(笑)

 ちなみに、私はその時、市民の「電車はいつ復旧するんですか?」という鳴りっぱなしの電話の対応に追われていました。

 

「701出せる!?」

「おい!701出るぞ!運転手乗って!」

みたいな、緊迫した感じが、ガンダムみたいで(ガンダム脳)、めちゃくちゃカッコよかったよ。

 

 ちなみに、この会社には満州鉄道なんかで働いてたOBさんなんかもいて、待ち時間におじいちゃんたちの戦争体験を聞けるのが、めちゃ、楽しかったんだよね。「満州にいた人間はみんな、日本が負けるのなんか分かってたよー。だから、招集されたけど、軍隊から逃げちゃった-☆」みたいな、お茶目なおじいちゃんがいたりしてね。

 まあ、未だに自分が乗ってた路線の駅名は全部言えますね。30年くらい前の話なのに、反復練習ってか、反復訓練てすごい威力ですね。

 まあ、運転手さんに関わらず、飲食業なんかでも、昔の厨房に女性がいない高級フレンチのシェフとか、高級和食の板前さんとかも、出世競争が激しすぎて、「お前ちょっと裏来いや!」って、相手を呼び出して…みたいな話は良くあったそうです。だから、それを話してくれたフレンチシェフは「料理人は修行が厳しすぎて、おかしいやつしか残らないから、変わり者ばかり。」って言ってました。今は、その頃よりは暴力沙汰は減っていると思いたいですけどね。

 ついでにいうと、女性の目があると男性はちょっとは格好をつけるようになるという話とは逆に、女子寮なんかだと、男性の目が全くないので、やはり、服装とか部屋の中は荒れるみたいです。

 私自身も大学時代は女子寮に入ってましたけど、自治寮だったので「自分たちで管理するんだ!」ていう意識が強くて、そんなに気がゆるんでいる感じはありませんでしたね。ただ、他大学の女子寮に住んでた友達の話によると、男性の目がないからか、服装や自室が、かなりすごい人たちもいたみたいです。

 

まあ、結論としては私はコロシアムでは戦ってないということでお願いします。

m(。-_-。)m

 

おわり

 

私が死んだら忘れてほしいお話

 先日、夫が仕事から帰って来る時にウチの真横に救急車が止まっていたらしいです。夫は家に帰ってくるや否や、泣きそうな顔をして「あー、良かった…ららちゃんかと思った…」と私に言ってきました。眉毛の両端を下に下げ、眉間にシワを寄せながら「ららちゃんだったらどうしようかと思ったー。ふえーん。」と、言うのです。

 まあ、関東に来てからも、ちょいちょい救急車を呼ばれてしまったのは確かです。しばらく前にも夫に「ららちゃん、こっちに引っ越してきてからも、5回は救急車に乗ってるからねっ!ほんっと、もう!」と言われちゃいました。

 私だって、好きで救急車に乗ったわけではなく、勝手に回りの人が呼んじゃうんだもん…みたいな感じなんですけど。一人暮らしで家の中で倒れてた時は、私以外の誰も、私が倒れたことに気づかないので誰も救急車を呼びませんからね。

 

 私が、そんな状態なので、おとといくらいかな?夫が

「ららちゃんが死んだら、どうしてほしい?」

と、また、出川さんばりの意味の分からない言葉を投げかけてきました。

 

私「はい?どーゆーこと?葬式をしてほしいかとか、そういうこと?」

夫「葬式もそうだし、葬式にはららちゃんの友達を呼んでほしいかとか、家に仏壇を置いて、毎日声をかけてほしいとか、なんかあるでしょ?」

私「うーん。しいて言うなら、私が死んだら、私のことは忘れてほしい。」

夫「は?」

私「だって、もう死んでるんだから、覚えてても意味ないじゃん。私のことはサクッと忘れて、ささっといい人を見つけて結婚したほうがいいと思うよ。」

夫「なんで、そんなこと言うのー。さみしいとか、ずっと覚えててほしいとか思わないのー。゜゜(´□`。)°゜。」

私「思わない(キッパリ)。だって、死んでるんでしょ。死んだら何も思わないんじゃネ?死んだことないから、よく分かんないけど。だって、私はパパが死んでも生きていけそうだけど、パパは私がいなくなったら一人で生きていけなさげ。だから、さっさと別の人と結婚したほうがいいと思うよ。」

夫「無理。俺、ららちゃんがいいし、金ないし、モテないから、結婚とかできないと思う。俺と結婚してくれたららちゃんがレアキャラなの。ってか、ららちゃんがいいー。ららちゃんじゃないといやだー。ららちゃんとしか結婚したくないー。」

私「まーた、始まった…そんな調子じゃ、あたしが死んだら生きていけないよ。」

夫「うん、俺もそう思う。だから、俺のほうが先に死ねばいいと思う。」

私「いや、年の差考えてよ。(夫は私より10歳以上年下)普通に考えて、10歳以上年上で、ちょくちょく救急車で運ばれる私のほうが早く死ぬでしょうよ。」

夫「だって、俺が死んでもららちゃんは(心理、コミュ強者だから)一人で生きていけるけど、俺はららちゃんが死んだら生きていけないんだから、俺が先に死んだほうが良くネ?」

私「あー、それ、そういう意味で言ってたわけね…って、自立しろよっ!(笑」

夫「俺、ららちゃんがいなくなったら、一人で生きていけないー。゜゜(´□`。)°゜。」

私(ガクッとうなだれて、頭を落として肩を震わせながら笑う。)「ひ、ひどい有り様…(くくくく←私の笑い声)大の大人が、ひっ、ひとりで生きていけないとか…どんだけぇーー(爆笑)」

 

 なんというか、私の内面がガチなオッサンなぶん、夫の内面はガチな乙女なんですよね…まあ、お似合いっちゃ、お似合いなんでしょうね。デリカシーのないオッサン的な人間の私からしてみたら、夫のこーゆー乙女っぽい、あーだこーだが割りかし面倒くさい。

 まあ、断舎離するほど物は持ってないので、私が死んだあとのことは、お金がうまいこと夫に入るように段取りする程度で良いはず。通帳とかは、まとめたんですけど、どの銀行にいくら入っているとか夫に分かるようにしてあげてないので、エンディングノートでも買ってまとめておくか、と思った一連のおしゃべりでした。