女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんです。キレキャラとおふざけキャラと真面目キャラを分離する才能がないので、丸ごとの自分を出してます。

上司とドライブに行く女の子、どっちに問題がある?

以前、私自身が田舎出身であるがために、性的な危機感を全く持っていない女子だったという記事を書きましたが、今回は勤め先で起こった事件について書いてみたいと思います。

 

はなちゃんが仕事を辞めた

 確か、私が30代前半の頃でしょうか。ある居酒屋に務めていたのですが、ある日、シフトに入っていたはずの大学生の女の子が、突然休んでいました。「はなちゃん」というニックネームの女の子でした。

  不思議に思い、先に出勤してきていた同僚に「あれ、はなちゃん今日休み?」と聞くと、「ああ、はなちゃん辞めるみたいよ。」という話を聞かされました。前回会った時にはそんな話は全くなく、シフトにも入っている状態で、あまりにも急に辞めるというので、「え、シフト残して辞めるの?急病?」と、同僚に聞き返すと、「実はね…」と、はなちゃんの退職の理由が明かされました。

 

職場の上司の想定外の行動

 同僚の話によると、はなちゃんがその居酒屋チェーンの部長にドライブに誘われて、ついていったら、ドライブの途中で部長に「ホテル入る?」と聞かれたそうで、それ以来、部長が怖くなって、お店に出勤できないので辞めるとのこと。

  部長は一緒に働いていたわけではなく、1週間に1回くらい店に様子見にくる程度の人でした。私の印象としては若い女の子と話をするのが好きな男性で、30代の私やもう一人の女性スタッフには目もくれず、はなちゃんに話しかけ、相手をしてもらっている印象でした。よくよく思い出せば、部長は、はなちゃんのことを気に入っていたのだと、問題が起こったあとに気づきました。

 

男性の車に女性が乗るということ

 私自身、大学時代には、本当に軽い気持ちで男性の先輩や同級生、同僚の車でドライブに連れていってもらいました。それは、小学校の男女が性的な意識をもたずに、ただ一緒に砂遊びをするような感覚でした。当時の私は、そういった男性達のことを、親戚・いとこ・もっと言えば兄弟のような家族的な感覚で見ていました。まさか、相手が自分のことを女として見ている場合があるなんて、20歳前後で危険な目に合うまでは、気づきもしませんでした。

 そういったことを男友達に話すと「男と二人きりで車に乗っちゃだめ」とか「男を部屋に上げちゃダメ」とか言われて、「いやいや、あんた達もドライブに連れてってくれたし、あたしの家にも泊ってるじゃん。そんで、何もなかったじゃん。誰が家に入れていい男で、誰が家に入れたらダメな男なのかなんて分かんないし。」みたいな話をしたような気がします。

  幼稚だと思う方も多いかもしれませんが、田舎育ちで性的な目にさらされた感覚を持ち合わせない女子たちは、自分が性的な目で見られているという自覚を持つこともありません。よって、経験豊富な大人たちからしたら、「どう見ても危険だよ」と思うような状況であっても、本人は気づいていないということも往々にしてあるのです。

 

貞節意識の強い男性たち

  余談ですが、逆にピュアな男性も世の中にはいて、私の一番最初の彼氏は結婚するまではセックスはしないという男性でしたし、私の女友達の彼氏もそのようなタイプで、彼女の方から「お願いだから抱いて」と懇願したとのこと。それでも、断られたそう。

 このように、男女を問わず性的にピュアな人たちは一定数いて、そういう人たちと、性にこなれた人たちの間で、被害にあった、いいや自己責任だ、という議論が勃発します。

 

男性教諭を信じるべきか、疑うべきか

 私が高校生の頃に、ピアノに興味があって放課後によく音楽室に遊びに行っていました。そして、独学でピアノを練習して弾き語りをしていると、それを見た40代の音楽の男性教諭(キリスト教徒)が自分の好きな讃美歌を私に教えてくれて、先生がピアノを弾き、私が歌うという遊びをやっていました。

 そのことを、月に一回、父親に隠れて会っていた別居の母親に話すと、「男の先生?」「何かあったらどうするの?」と言われ、モーレツに腹が立ちました。「先生はそんな人じゃない。何て下品な発想なの!汚らわしい!」と思いました。大人は「信頼関係が大切」みたいなことをいうくせに、私が先生を信頼したら、なんで急に怒られるの?と思いました。

 私にとっては母親なんて月に一度しか会わない遠い存在で、逆にその男性教諭は学校で頻繁に会うし、慈悲深いキリスト教徒で私の話を親身に聞いてくれる存在でした。私にとっては、正直、母親よりも信頼できる大人だったので、その人を悪く言われたのは物凄くショックでした。

 今となっては、そんな言いにくいことを言ってくれるのは身内だよなーと思えるのですが、当時は、人様のことを、ましてや良くしてくれる先生のことを、「男は狼だから、気を付けなさい。」なんていう母親は間違っていると思っていました。それくらい、思春期から大人になりかけている女の子に「性」に対する危機感を持たせるのは難しいのです。

 その男性教諭は私の半径1m以内に入ってくるようなことはありませんでしたから、単に私に自分の好きな歌を歌わせるのが好きなだけだったと思います。そのような、男性と二人きりになっても、何も怖い目にあわなかったという安心感を20歳くらいまで積み重ねてしまったので、私は「性」に関する危機感の全くない女子に育ってしまったのです。

 

未だに答えが見つからないこの問題

 さて、はなちゃんの場合ですが、大学生にもなって、いい年のおじさんの車に乗ってしまったはなちゃんのほうに問題があると思いますか?職場のアルバイトの大学生に手を付けようとドライブにさそった部長のほうに問題があると思いますか?

 性欲の極端に強い男性の事も考慮に入れると、双方に問題があるという見解が妥当な落としどころなのかもしれません。ですが、私やはなちゃんのように、純粋培養で性的な危険を察知する能力が欠如した女の子達が、自分の身を守れるようになるためには、どのような仕組みが必要で、どのように伝えればよいと思いますか?

 若い女性のレイプ事件などが起こった際に、少なからず出てくる女性側自己責任論を耳にするたびに、若かりし頃の私やはなちゃんのような女の子たちに、どのように「啓もう活動」をするのが効果的なのかと、いつも考えてしまうのです。おばちゃんから男子高校生への被害でも自己責任を問われるの?とも思います。

 また、男女を問わず「車に乗ったら、家に行ったら性的な行為に及んでもOK」的な感覚の人や、「合意を確認するなんてムードがない」とかいう人と、そうでない人たちの感覚のズレをどうするのかという問題もあります。つまりは「雰囲気」「察すること」を重要とするタイプと、「合理的で明確な合意」を重要とするタイプの認識の違いの問題です。デート中にそういった話までしておくのが妥当なんですかね…

追記

 「ピンとこない」というブコメをいただきました。確かに、色恋沙汰の多い飲食店は存在しますね。ですけど、はなちゃんから事情を聞いた男性店長が、裏を取って、「部長が余計なことをしてくれたおかげで、一番仕事に慣れていて段取りのいいはなちゃんが辞めてしまって迷惑だ。」と陰で怒っていたので事実だと思います。

 

■ちょっと、もう一点、追記したいことがあったので書いてみました。

数週間から数日で気分や体調が変わる人はラピッドサイクラーかも

blog.lalamiamor.net

 

 上記の記事で、少し触れましたが、ここ数か月間、出力ゼロの日と、出力200%みたいな日を、数週間、または数日おきに繰り返していました。

 

 私にとって、出力ゼロというのは、起き上がりたいと思っても体を起こすことができない状態のことです。トイレに行きたい、水が飲みたいと思っても、しんどくて体を起こすことができないのですが、たまに体に力が入りそうな一瞬があって、その時にパっと起き上がって、トイレに行って、水を飲んで、なんとか脱水症状を免れるという感じです。

 

 今は結婚したので、夫が帰ってくると強制的に食事をとらされるので、一人暮らしで寝込んでいたときのように脱水症状や、栄養失調からくる衰弱で体がむしばまれるということはなくなりましたが、食べる体力がないのに無理くり食べさせられるのは精神的にはしんどいです。贅沢な悩みですみません。

 

 さらに出力だけでなく、インプットも苦痛で、光や音などの全ての刺激を排除しないと、神経過敏でしんどいのでカーテンを閉め切って、さらに目にタオルを折ったものを乗せて横になっていました。テレビやネットなど、到底見られないので、ブコメやブログに全く現れなくなった時は、そういう時だと思ってください。

 

 夫が仕事から帰ってきて、私のための食事を作ってくれる音を聞いて、本当は私がやらなければいけない仕事なのに…と情けなくなっていました。(貧乏なので総菜や弁当という選択肢がウチにはないのです。)

 

 どうしても体が起こせず、食欲もない日が少し続いたかと思ったら、今度は「おなかがすいたー!」と、朝から元気いっぱいに朝ご飯を作ることができて、もりもり食べることができて、という日が続いたりします。そういう日は、何かやっていないと落ち着かないくらいエネルギーにあふれていて、自転車で数か所に買い物に行って、夫のお弁当を何日か分作り置きし、ご飯のおかずも数日分作り置きし、あちこちを丁寧に掃除し、それでもエネルギーがありあまって、もてあましてしまいブコメやブログに取り組んだりします。

 

 こういうふうに「そう状態」と「うつ状態」を繰り返す症状を、双極性障害と呼びます。100人に一人がかかる病気ともいわれています。双極性障害は通常、数か月単位で「そう」と「うつ」を繰り返すらしいのですが、私の場合は、子供のころから、今日は起き上がれる!という日と、今日は起き上がれない…という日が数日ごとにあり、起き上がれない日は学校も休んでいて、出席日数もぎりぎり足りるか足りないかというような問題児でした。

 

 昨日も、「ああ、小学生の頃も学校に行かずに、こうやって布団で寝ていたなー。私は、子供のころから双極性障害だったのかなー。」なんて、思いながら寝込んでいました。

 

seseragi-mentalclinic.com

 

 このような話を担当医としていたら、担当医が「ラピッドサイクラー(Rapid Cycler:急速交代型)」ではないかと、教えてくれました。通常の双極性障害が数か月単位で「そう」と「うつ」を繰り返すのに対して、ラピッドサイクラーは数週間ごとに「そう」と「うつ」を繰り返すのだそう。そして、数日単位で繰り返す症状を「ウルトララピッドサイクラー」と呼んだりするのだそう。さらに、先日、私の甲状腺機能が低いことをブログでご報告したのですが、ラピッドサイクラーと甲状腺機能低下症の合併が多い、また女性に多いということで、当てはまることしかないので、ラピッドサイクラーの治療を始めようということになりました。

 

 ラピッドサイクラーは抗うつ剤ではなく、安定剤的なものを服用するべきだそうです。逆に抗うつ剤の服用によって、双極性障害の症状がラピッドサイクラー化する可能性もあるそうなので、双極性障害でサイクルが短い人は担当医に症状を話してラピッドサイクラーかどうか診断してもらいましょう。

 

 私は、子供のころからこの症状に悩まされていて、精神科にも長いことかかっているのに、この病名にたどり着くまで数十年かかったことを考えると、精神科で「病んでいる患者自身」が担当医に自分の症状を正確に伝えることのむつかしさについて、感慨深い気持ちになりました。もしかしたら、同居している夫のほうが客観的に私の症状を把握していて、夫が説明していれば、もっと早く的確な診断を仰げたのではないかと思ってみたりもしましたが、これだけ長い間、精神病を患っていると、病気と共存していく覚悟も決まってきました。

 

 朝起きて、昼は活動をして、夜は寝る。たったそれだけのことができない苦しさと共に、今日も明日も生きてゆくのです。

 

女子はどこで子供から女に変わるのか気づいていない

anond.hatelabo.jp

 

私は、こちらの記事に

「20歳前後は、まさか40代の男性が自分を性的対象に見ているとは思わず、複数のおじさんと食事に行った。ほとんどの人は私が無邪気についてきているだけと察してくれたが、一人だけ跪いて告白してきて、そこで気づいた。」

と、コメントしました。

 

田舎と都会の子の感覚の違い

 私が20歳といったら、もう20年以上も前の話ですから、今の女子たちとは感覚が違うのかもしれませんが、10代後半くらいから20代前半にかけては、まだ、自分が「子供」だという認識でした。ですから、40代なんて、大人の中の大人で、子供の自分を性的な目で見るなんて、想像もしていませんでした。

 特に私は田舎者で、よく言えばウブ、悪く言えば世間知らずでした。田舎のほうでは、高校になっても男女が友達として仲良くするなんてよくあることで、私も通学の交通機関で行き帰り、隣のクラスの男子とずっとしゃべっていました。でも、特にお互いに恋愛感情もありませんでしたし、昔だし田舎だしで、恋愛なんていうのは社会人になってからするものだと思っていました。さらには、肉体関係なんていうものは結婚してから結ぶものだと本気で思っていました。20代前半で独身主義になり、中盤で恋愛好きに変化していったんですけどね(笑)

 

出会った男性での感覚の違い 

 大学に入り、付き合った男性も結婚するまでは肉体関係は持たないという主義の人だったので、男性の性的欲求がいったん発動したら止めるのは至難の業ということを全く知らなかったのです。

 私は大学のすぐ近くのアパートに住んでいたので、家が遠い男子などは、気軽に「終電なくなったから泊めてー。」みたいな感じで、泊りにきていましたし、男子の家に遊びに行って、帰るのがしんどくなったらそのまま泊まっていましたが、何事もありませんでした。

 そのように、自制心のある男性としか関わったことのない女子は、自分が「女として見られている。」ということに、本当に全く気付かないのです。特に10代から20代になる頃は、体や外見は女性らしくなっているのですが、内面は子供ですし、高校生まで子供扱いされていたのに、高校を卒業した途端に急にもうあなたは大人の女なんだから、男に言い寄られても自己責任ね!となっても、それまで自分の周りに性的要素が全くなかったために、何がなんだか本当にわからないのです。

 

狭い環境での感覚の固定化

 それに、私は大学に行ったのですが、大学ではほとんどの友人知人が学内で知り合う学生同士で付き合っていたので、男女のお付き合いというのは同世代同士でするものだと思い込んでいました。色気のない田舎で育った田舎娘の感覚なんてそんなものです。

 

事故の積み重ねで学んだ

 私の場合は、上記のように20歳くらいで40歳くらいの仕事のお客さんに急に告白されたことで、こんな年上の人でも、私を女性として見ているんだ!と知りましたし、恋愛相談をしていた10歳くらい年上のお兄さんに無理やり押さえつけられてキスをされたり、70歳くらいのおじいちゃんだから大丈夫と思ってお話をしていたら、やはり無理やり押さえつけられてキスをされたことがあり、そこらへんで、やっと、男は何歳になっても狼なのだと、気をつけるようになったのです。

 

男性からの認識と自己認識のズレ

 私は20歳くらいで、「小料理屋のおかみとか、やったら似合いそう。」と言われていたり、「本当にきれいな顔だね。」と女性に褒められるくらい男性うけのいい女っぷりだったみたいなのですが、自分では全くそんな自覚はなく、柴田理恵さんや久本雅美さんのようなおふざけキャラとして自分を認識していたので、そこの認識のずれに、小さな事件が何回も起こった原因があったと、今では思います。

 

男性達は揉めないように気を付けよう

 ブコメにもいくつか、女性からの、「20代の時は男はそういう生き物だと知らなかったんです、ごめんなさい。」みたいなコメントが見られましたが、特に10代から20代前半の女子は、ちょっとくらい危険な目に合うまで、自分が女として見られている自覚のない子たちも多いということに、男性たちは気を付けてほしいと思いました。

 後々、和姦か強姦かで揉めて自分自身の首を絞めないためにも、女性と肉体的な接触をする際は必ず「合意を得ること」、泥酔している女性と肉体関係を持たないことなど、細心の注意をはらっていただきたいところです。