女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんの皮肉とメロドラマに満ちた遺言。

化粧に対する恨みつらみと、若い女性の抗議ブコメ

 昔、「電車で化粧」云々の炎上記事を書いたことがある。年寄りの私はネット上での「炎上」という言葉を知って、自分もやってみたくなった。だから、炎上しそうな「電車で化粧」という本音を書いてみた。この本音を書いたら、マナー的なことで怒る人が出てくるんだろうなという実験でもあった。

 

 最初は、自分の「貧乏」をネタにした、軽いイタズラのつもりだった。だけど、色々書かれて、「お前らビンボー人が苦しんでるの知らないくせに、好き勝手言うな!」って、スネて、キレて、正当な意見にも耳をかさなくなった。その事が後々、自分の記事への信用度を落とすことになるのだが、まあ、自業自得かなとは思ってる。

 

 当時は、ネット社会というものをよく知らなかったし、年寄りなので、今も、ツイッターとかフェイスブックとかの使い方もわからない。一回登録したけど、使い方が分からなくて消した。当時は、あのような炎上芸は、匿名で増田でするものだということも知らなかった。スマホも先月買ったくらい、SNSとかに疎い。だが、今読み返すと、「あの時は精神状態が悪かったんだろうな」とか、「こんな書き方してたんだ…私」と反省している。なんか、騒がせてごめんなさい。

 

 さて、前置きが長くなったが、最近、そのような古い記事に若い真面目な女性からコメントが入っていた。 

 

「化粧、ヒール、ストッキングは「必須」じゃない。ヒール履いてないが、圧力は感じたこと無い。誰にも何も言われない、気にしすぎ。顔そりなんてしてません(笑)そもそも、そんなに働いて「10万程度の手取り」って何。」

 

というものだ。

 

 この、若い女性は非常に良い問題提起をしてくれた。そうなのだよ。今は「化粧、ヒール、ストッキングは「必須」じゃない。ヒール履いてないが、圧力は感じたこと無い」と思える会社が増えたのだよ。

 

 だけどね、20~30年前は必須だった上に、化粧をしないことを貫こうとした女性(私自身)たちは職場でものすごい圧力を受けていたんだよ。

 

 まずは、私自身の化粧についての拒絶感について話そう。私の高校の時の保健室の先生は教育熱心で、毎日、保健室だよりを発行していて、毎日配られていた。プリントの中では一週間に3回くらいは「化粧品の有毒性」を理由に、いかに化粧をしてはいけないかが、とくとくと説明されていた。私は、それを3年間読み続けていて、「化粧は肌に悪いからしてはいけないものなのだ」思っていた。

 

 だが、高校を卒業して、いざ社会に出たらどうだ?当時は、手のひらを返したように、女が化粧をしないなんて「マナー違反」だ、という常識がまかり通っていたのだ。今まで、絶対にしてはいけないと教育されていた「化粧」が、社会に出たとたんに「絶対にやらなければいけないこと」になってしまったのだ。私は頭の切り替えができなかった。

 

 特に事務職や営業職では、「身だしなみ」というい名のもとに、(スカートの)スーツ、ストッキング、パンプス、化粧は必須だった。私は、「化粧品は毒」と思っているし、個人的に、化粧をすると「皮膚呼吸ができなくて苦しい」という不快感があるので、断固として化粧をしなかった。すると、案の定、上司から注意を受けた。

 

 同じく化粧を断固拒否する私の女友達(内勤)は、職場で「女性だけ集まってください。」と集められ、「今、化粧をしていない人は手を挙げてください。」と言われ、手を挙げると、他の女性社員の前で「社会人としての自覚が足りない。マナー違反だ。」と、説教されたのだ。

 

 それくらい、化粧をしない女性は弾圧を受けていたのだよ。

 

 さらに、私が、働きたいレストランを見つけて面接に行くと、当然、化粧は必須。(この時点で、化粧をすることを断固拒否している私は不採用決定だったのだが)、靴もヒールのある黒いパンプスでなければいけないということだったので、「ヒールのない黒い革の靴ではだめですか?」と、聞いてみた。(私は足が悪いのでヒールをはいては長く歩けないのだ。)すると、やはり、だめだと言われた。

 

 パンツスーツでさえ、「女性らしくない」という理由で怒られる職場もあった。

 

 職場による、とか上司の考え方によるとか言われれば、それはそうだ。だが、「身だしなみ」の概念がざっくりしすぎていて、会社や上司によって基準がまちまちなことが余計に私を混乱させた。学校で化粧のやり方なんか教えてくれないから、せっかく頑張って化粧をしても、今度は「化粧が厚い(化粧が上手いか、下手か)」ということで怒られる女性たちもいた。結局、私は化粧やパンプスを強要されず、制服のある職場で働くことを選ぶようになった。(主に飲食業)

 

 職務に必要なものなのであれば、会社が用意するか経費で落とせるようにするべきであると私は思う。それは男女同じで、例えば、男性が職場でスーツ着用を必須とされているのであれば、会社がスーツを買い与えるか、経費で買えるようにするべきだと思う。女性の事務職は、会社から制服が支給される場合もあるし、飲食業や工場は男女ともに制服を支給されるのだから、そんなに無理筋な話ではないと思う。

 

 それと同じように、女性にスカートのスーツ、化粧、ストッキング、パンプスを強要するのであれば、支給するか、経費で落としてくれ、と思っていた。そもそも、職場に着ていく服くらい自分で選ばせてほしいし、化粧だって、男性は強制ではないのに、何故、女性だけ強制なのかと思っていた。女性にスカート、ストッキング、化粧を強要するなら、男性にもスカート、ストッキング、化粧を必須にしてくれ。と思っていた。

 

 低収入の女性だけでなく、低収入の男性のスーツの自費購入も可哀そうだと思ってる。少なくても、(会社が服装に口を出すのであれば)制服としてのスーツが支給されたうえで、それが「ダサい」から気に入らないなどの、ファッションにこだわりがある人は自費で好きなスーツを買うというくらいの「選択の自由」があってもいいと思う。

 

「化粧、ヒール、ストッキングは「必須」じゃない。ヒール履いてないが、圧力は感じたこと無い」

 

と、私の記事に抗議してくる人がいるくらいまでに、若い女性が化粧や服装で差別されない社会になってきたことが、素直に、うれしい。というか、涙が出そうなくらいうれしい。

 

 だが、若くて有能な女性たちよ、覚えておいてほしい。あなたたちの服装の自由は、あなたがバカにしてる10万円の少ない給料の中から、化粧品やストッキングやパンプスを購入することを拒んで苦しんだ女性たちの、男社会の中で男と対等に戦って権利を勝ち取ってきたキャリアウーマン達の、血と汗と涙の結晶なのだと。

 

そして、地方や田舎では、まだまだ、そのような因習が残っていて、それに苦しんでいる女性たちがいるかもしれないことを。

 

◆合わせて読んでいただきたい女性差別の実態

 

【コンビニエロ本論争】なぜ女性用のエロ漫画はやり玉にあがらないのか

!過激な性表現が含まれますので、

性表現に抵抗のある方はご遠慮ください。

 

blog.lalamiamor.net

 

の追記なので、先にこちらを読んでいたただきたい。

 

前回の記事のブコメで、サイバーメガネさんも「レディコミが同基準で攻撃されないのも不思議。」と書いてくれました。そーなんですよ!私も同じことを、ずーっと思ってたんですよ!とちょっとうれしくなった。ので、今回は、そのことについて言及してみる。

 

 上記の記事のように男性版のエロ漫画と、女性版のエロ漫画である「レディースコミック(以下、レディコミ)」の性描写の内容はほぼ一緒。あと、虚構に基づく無理筋なストーリー展開も一緒。違いといえば、絵柄が少年漫画っぽいか、少女漫画っぽいかと、レディコミのほうが、同じレイプ漫画でもレイプされるまでの過程が丁寧に描かれ性描写は短めということくらい。よく、女性は性行為に至るまでの過程を大切にすると言われているので、なるほど納得である。

 

 何度も書くが、私が学生だった30年くらい前からレディースコミックは存在するので、当時から、女性の中にも一定数「虚構のエロ」を嗜好する人たちがいたのは間違いない。

 

 レディースコミックでも、女性がレイプされたのに、なぜか途中から気持ちよくなってアンアン言いながら絶頂に達するなんていう、現実にはあり得ない、むり筋なストーリー展開は当たり前。私が実際に読んだレディースコミックの内容をいくつか取り上げてみよう。

 

・淫乱でセックス大好きな人妻が、近所の奥さん方を集めて、お寺のお坊さんたちと乱交をして楽しんでいるというストーリー。

・ある女性が、自身の結婚式で、結婚相手の指示のもと、結婚会場でウエディングドレスを脱がされ、大勢の列席者の前で輪姦されるというストーリー。

 

 男性版のものと、無理すぎるストーリーとか、暴力的なセックス描写という点では変わらないでしょ?

 

 じゃあ何故、男性版のエロ漫画とほとんど内容の変わらないレディコミが、同じコンビニで売られているのに、今までやり玉に挙がってこなかったのか、と考えてみた。結論はこうだ。

 

・(元増田のブコメにもあったが)男性版エロ漫画は表紙が頑張りすぎた。

・レディコミは表紙が見えないように陳列されていた。

 

の、二つの理由に尽きると思うのだ。

 

 男性版のエロ漫画は、表紙に「性」や「性行為」を強く想起させる絵柄が多かった。対して、レディコミは確かにちょっとセクシーではあったが「性行為」そのものを想起させるほどのパワーを持った絵柄は描かれていなかった。それは大きく関係していると思う。

 

 次に、男性版のエロ漫画は雑誌棚の上の方に立てて、表紙が見えるように陳列してあったが、レディコミは見えにくい下のほうに本棚に本を並べるように、背表紙だけが見える状態で陳列してあったことも関係していると思う。

 

 要は、目立つところに陳列してあったかどうかということだ。

 

 じゃあ、何故、同じコンビニ(同店舗)で、男性用のエロ本は目立つところに置いてあって、女性用のエロ本は目立たないところに置いてあったのか。それは、マーケティング戦略の結果だったと思う。

 

 よく、男性は視覚的な情報が一番性的興奮を刺激しやすいと言われている。つまりは、男性は街を歩いていて、女性の胸、尻、足などを見ると性的興奮を感じやすいが、女性は男性の胸、尻などを見ても性的興奮を感じにくいということだ。

 

 何が言いたいかというと、男性の場合はエロ本を買おうとしてコンビニに来ていなくても、目立つところにエロ本があれば、視覚から入った情報で性的興奮を覚えて衝動買いしてしまうが、女性はエロい絵柄を見たからといって興奮してエロ本を買うということは考えにくく(いるかもしれないけどね。)、目的意識をもってレディコミを探すので目立たないところに置かれていても売れたということなのではないかと、勝手に推測している。

 

 また、女性は男性よりも、より強く(エロ本である)レディコミを物色しているところを人に見られたくないであろうから、目立たない場所に置いてあるというのは、わりと正解だったんだろうと思う。

 

 前回の記事を書きながら、女性版のエロ本であるレディコミも、ずーっとコンビニで売られていたのに、なぜ問題にならなかったのかが、どーしても気になって、考えに考えぬいた私の結論です。こんな、クッソしょうもないことを、ずーっと考えている変人でごめんなさい<(_ _)>

 

 ちなみに、こちらの方が私の記事を取り上げてくださいました。興味深い記事なので、合わせてごらんください。(性教育の進んだ)スウェーデンの国営放送でセックスのやり方を放送したという話もあって面白いよ-☆)


ohumigarasu.hatenablog.com