女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんです。キレキャラとおふざけキャラと真面目キャラを分離する才能がないので、丸ごとの自分を出してます。

精神科の定期診断の報告

季節性情動障害

 私は毎年、冬は安定して体調が悪いです。今までの傾向でいくと、急に仕事を辞めてしまったり、精神病棟に入院させてもらうのもだいたい1~2月のことが多かったように思います。冬は、日照量の問題で誰でもうつ症状になりやすいというようなことが昔から言われていたが、最近は「季節性情動障害」という呼称があるそうです。

季節性情動障害 - Wikipedia

 

 夫が言うには、私は冬だけではなく、春、秋の寒暖差や気圧差が大きい時期は極端に体調を崩す傾向があるようです。冬は通院が難しいので訪問診療してもらっていたのですが、訪問診療は医療費が高いので4月から通院にする予定でした。ですがどうしても、病院まで行けなくて、急遽、訪問診療に切り替えてもらったくらいに体調がすぐれません。

 私はウルトララピットサイクラーなのか、日によって能力の振れ幅に大きな差があるので、医師が来る日にちゃんと自分の症状を説明できる自信がなく、このブログで下書きしておいたので、それを公開します。

 また、それについて、どのように話し合ったかを少し書いてみます。

 

私が感じていること

2018年4月1日現在の症状

  • 噛むのがしんどいのでプロテインを飲んでいる
  • 野菜は頑張って食べるようにしている
  • 理由がないのに涙が出る
  • ただただ体がしんどい
  • 横になっては起きて、横になっては起きてを繰り返している
  • 継続的に、起き上がっていることができない
  • 家の外に出るのが怖い
  • 太陽の光が刺さるようでつらい
  • ちょっとした事でも精神的にダメージを受けやすい
  • 考えが混乱しやすい

夫から見た私の状態

  • 季節の変わり目は体調が悪くなりがち
  • ふわふわしてる
  • 動きが遅くなっている
  • 好きなこと(活字を書く・料理をする)は集中してる(休憩を頻繁にはさみながら)
  • 気力がない感じ
  • 今、感情が底辺=無気力
  • いつもより料理の段取りが悪い
  • 話を聞いているのか聞いていないのか分からない、いつもよりうわの空
  • 会話自体が減っている

聞きたいこ

  • どうやったら体調が良くなりますか?
  • 起き上がっている時間を長くするには?
  • ADHDの確定診断って何ですか?どうやってやるの?

体調を良くし活動的になるための薬の調整

現在飲んでいる薬は

炭酸リチウム(安定剤?)今回から服用停止

ベルソムラ(睡眠薬?)

トリアゾラム(睡眠導入剤?)

オキセチン(抗うつ剤?)

ストラテラ(ADHDの薬)

 少し前(1~2月かな)、「興奮して思考が止まらなくなり、パニックになったり、眠りにつけなかったりする。」という状態で、その時に、炭酸リチウムを1錠から2錠に増やしました。

 なぜなら、炭酸リチウムはそう状態とうつ状態の波の幅を縮めてくれるそうだからです。ですが、私が炭酸リチウムを飲むと、そう状態で興奮することはなくなるのですが、安定して低い出力にになってしまう状態でした。少し元気や活気を出したい時でも、気分や体力が上がらないという感じです。

 ですから、炭酸リチウムを前回、1錠に戻し、今回は0にしてみることにしました。最近は、安定して体調もメンタルも低い状態なので、興奮状態がたびたび訪れるということがなくなったからです。

 私の担当医の担当する患者は「ストラテラ」の副作用として、眠気、だるさ、を訴える人が多いそうです。私もストラテラを飲み始める前は、こんなにだるくなかったような気がしたので、「ストラテラ」もやめてみたいと相談してみました。すると、「薬を同時にやめると、どちらの影響で、どんなふうに変化したかが読めなくなるので、1~2か月ずらしたい。」とのことだったので、ストラテラは、もうしばらく飲み続けることになりました。

 ストラテラを飲み始めてから、私自身は料理中にパニックになったりが減った気がしているのでが、夫はあまり変化を感じないといいます。夫は、平日の夜と休みの日にしか私を見ていないので、私の感覚のほうが正しいのか、あるいは夫の客観性のある視点のほうが正しいのかが分からないのです。ですから、一旦、ストラテラをやめてみて、逆に効いているのか、効いていないのか確認したいと考えています。

 

薬以外での症状の改善の提案

 基本的に、私の担当医は精神薬は良くも悪くも、脳に影響を与えるので、ほかの方法で症状を軽くすることができそうであれば、薬の量や薬の服用期間はできるだけ少なくしたいという考え方の人です。私もその考え方が好きなので、その方向で一緒に考えています。

 認知行動療法で「思考」「感情」「行動」をコントロールできるように訓練したり、体調がよければ、瞑想、ヨガ、半身浴などで自律神経を整えるみたいなことをしてみるのはどうかと提案もされました。

 

ストレス発散方法を沢山持っておこう

 先日、ブログに書いた夫婦喧嘩の記事も医師に読んでもらいました。 すると、上手くストレスを発散できる方法を考えようと、一緒に考えてくれました。

 私が第一に出したストレス発散法は「甘い物を食べる」でした。すると医師は、「ストレス発散を甘いものだけに頼ると依存症になる可能性があるので、方法を分散させよう。」と教えてくれました。

 そして、「高円寺さんが、楽しいと思えることを全部書き出してください。」と言われ、書き出しました。そして、それを、どれかひとつに依存しないように、まんべんなく実行するように言われました。

 「えー、でも、今は思い出せって言われたから思い出したけど、しんどい時に、パッと楽しくなることなんて思い出せない!」って言ったら、「ストレス発散方法を紙に書いて、見えるとこに貼っておくといいです。」って言われました。「あー、それ、見栄えを気にする夫が嫌がるヤツだー。」とブツブツ言いながらも、妙に納得して、実践してみようと思いました。

 

薬剤師さんと話して加齢を感じた 

 薬剤師さんに、「やはり精神薬というのは長期間飲まないほうがよいのでしょうか?」と質問してみると、「精神薬には認知症を早める副作用があるのではないかという系統の薬もあるんですけど、高円寺さんに処方されているお薬にはその系列はないので大丈夫です。」とニコニコしながらおっしゃってくれました。

 ああ、私も「認知症」を加味して、話をされる程度には歳をとったんだなーと、しみじみしてしまいました。そうかー、脳に影響を与えるお薬というのは認知症に影響があってもおかしくないもんなーと、健康管理って死ぬほどめんどくさいむつかしいとおもってしまった定期診断のお話でした。

 

発達障害の確定診断については長くなりそうなので別記事で書きますね。

 

お願いだから自分を責めないでください

 この方のこの記事が、私のトラウマセンサーに引っ掛かってしまって、どうしても書きたいことがあって、早く公開したかったので、乱筆乱文で感情的な文章になってしまったかもしれないけれど、どうかご容赦ください。またこの変人がやらかしているという程度に考えてくれると嬉しいです。

 

作家と素人の違い

 この方は作品を書いてお金をもらっている立場なので、作家としてどんな批判や非難も応援と受けとめます。よって「批判」や「ぶっ叩かれた」ことも愛情と受け取るという意味に書いているのだと推測しました。

 ですが、この「作家が作品を書いている」ということと、「素人が趣味で慣れない文章を書いている」というのは全く別物で、それを認識している知識層が、特に「はてな」には多いと思っています。ですが、まれに作家と素人の違いを認識していない人もいるので、念のために書いておきたいと思います。

 私は、昔、詩集を自費出版したことがあるのですが、基本的にポエム脳で長い文章や、自分の考えをまとめて論理的に組み立てるのが苦手です。ですから、公の場に長い文章を書いてきませんでした。ですが、もう人生も残り少なくなってきたので、自分のことをぶっちゃけてみるか!と、このブログを組み立てているところです。

 

出版物は校正・校閲・編集者がついている

 作家さんが公に書き物を公表する時は、物語の文脈・内容以外には批判や批難が入らないように、校正・校閲・編集者がつき、そもそも批判を浴びにくい状態にされたものが公開されます。

 私自身が詩集を自費出版した時も校正が付き、ここは書き直したほうがいいと指摘された箇所がいくつかありました。私は詩集しか出版したことがないので、長い文章について校正・校閲・編集者がどのような指摘をするのかは知りませんが、想像するに、このような感じではなかろうかと思います。

  • これは誤解される文章
  • これは伝わらない文章
  • これは差別用語
  • これは誤字・脱字
  • これは言葉の誤認識、覚え間違い
  • この事柄は時系列的に矛盾してるから記憶をたどりなおしてくれ
  • その他こまかい指摘

が入るのではなかろうかと思います。あるいはインタビューをライターが書き起こした芸能人の自叙伝などもありそうです。実際に出版の際に、私が校正さんから受けた指摘の一例に、花の名前の覚え間違いがありました。そのまま出版していたら植物に詳しい方からクレームが付きかねないことだったかもしれません。作家さんの場合はそれくらい慎重に公開されるということです。

 文章が下手なのにブログを書いている私自身としては、個人ブロガーにまで、批判、暴言、ぶっ叩かれるという行為が及ぶということは、あまりあってほしくないです。少なくとも、矛盾、記憶違い、考え違い、偏見などがあったら、優しい言い回しで指摘してほしいです。

 私自身もこのブログ開設当初、十年以上前から書いている複数のブログからランダムに記事を掘り起こして引越しさせたので、時系列がぐちゃぐちゃだったり、記憶違いがあったりと無茶苦茶でした。最近、読者が増えてきたので気が付いたら修正するようにはしているのですが、詳細が気になる方には腹の立つ文章なのかもしれないと思っています。

 ですから、この見解はこの作者さん独自の見解であって、一般的人は批判、暴言、ぶったたかれるということは好まないということを、一筆書き添えたほうが誤認が少ないのではないかと思いました。

 

トラウマは年齢に関係なく掘り起こされる

 「読者層は若い方中心だ。もしかしてトラウマを植え付けてしまうかもしれない。」という配慮をした上で表現できたことは本当に良かったと思います。私自信は、おばあさんとおばちゃんの境界線くらいの年齢ですが、「脳に問題を抱えた人間の家族」という作者さんとの共通点があります。だから、トラウマを刺激されて苦しさに耐えられず、最初は、一話目すらも読み切ることができませんでした。それくらい、心に響く漫画でした。

 私の場合は、物心ついた時から父親が重度の統合失調症で、この漫画と似たような暴言を浴び、ひどい肉体的暴力まで受けました。だから、最初から最後まで、父親を悪者にできるという便利な立ち位置があります。

 でも、私自身は父親に対して、「キチ〇イ!」と差別用語は叫んでいましたし、「死ね!」「殺す!」とも言っていました。また、働かない(働けない)父親をさげすんでいました。いくら、暴言や暴力を浴びたとはいえ、人に向かって言ってはいい言葉ではありませんし、思っていいことではありません。そのことについては今でも自分を責めています。

 また、家を出て働き始めると、働くのってこんなにつらいんだと思ったのと同時に、「自分ひとりを養うのでさえこんなに苦しいのに、一家を養わなければならない父はどれほどつらかっただろう…」と思うようになりました。

 また、時代や文化の背景があるとは言え、母親は死ぬまで「働けなかった父親」について、「経済力のない(あんな)人と結婚しなければ、幸せになれたはず。」と愚痴を言っていました。「父親が働けなかったら、母親が働いて一家を支えればよかったのに。」と思ったこともありますが、母の時代に女性が一家を支えられるほどの稼ぎを得るのは難しかったであろうことも見当が付きました。全てが運、あるいは運命で誰も悪くなかったと今では思っています。そこまで割り切れているつもりでも、この漫画を読むとトラウマが刺激されました。やはりトラウマとは根深いものだとしみじみとしました。

 

作者はまだ自分自身を許せていない

  • 「やっと…やっと…批判をされた、やっと「オマエが悪い」「オマエがおかしい」と言ってくれた…」
  • 「顔の見えない知らない相手だと容赦なく物事を言える。」
  • 「これこそ正に正論だと思い、私は勝手に裁かれた気になっていました。」

 この辺の文章から、自分の祖母を救えなかったという罪悪感を感じます。私の父に対する「同じ精神病なのに、自分だけ助かってごめんなさい。」という気持ちに似ています。おそらく、この作者さんは、サバイバーズギルトに近い感情を持っているのだと思います。自分だけ生き残ってしまった、自分だけ助かってしまった、自分だけ逃げてしまったという罪悪感です。私もこれを思うと、今でも涙が出そうになります。

 

作者さんに言いたいこと

 私はこの方に言いたい。無理をしないでください、と。ぶっ叩かれたい人なんて一人もいません、誰だって優しくしてほしい。だけど、サバイバーズギルトを持った人は、「私は悪い人間だから、責められても仕方ない。責められるべきだ。」という感情を持ちやすいと思います。私自身もそうでしたから。

 でも、それは違います。全て運です。運命です。誰も悪くないんです。作者さんも悪くないんです。悪かったとするなら、運が悪かったのです。だから自分をいじめないでください。「過去の自分」の事を、ぶっ叩かれてもいいなんて言わないでください。「認知症の知識の薄い若い作者さん」と「認知症のおばあ様」との組み合わせが、不運だっただけなのです。

 もし、「若い頃の無知な作者さん」が、実際に言論でぶっ叩かれたとして、そのやり方で、「若い無知な作者さん」に伝わりますか?そんなことをされたら精神を病みませんか?「若い無知な作者さん」に対しては、作者の叔母様のように、優しくそっと「おばあちゃんは認知症と言う病気で、接し方はこうしたほうがいいよ。」と教えてくれる大人がいるのがベストではありませんか?

 

正論、善意は優しく伝えてほうが伝わる

 正論なら批判、暴言、叩くという手法を使っていいとは、私はどうしても思えません。私自身も過去にネット作法を知らない上に、ネットでの人間関係の距離感が分からず、批判の感情の混ざった質問、皮肉、放言を書いたことがあるので、自分の反省も含めて、あってほしくないです。正論、善意であるなら、なおさら伝わりやすい言葉で優しく伝えるほうがいいと思います。

 でないと伝わらないことの方が多いのではないかと思うからです。これは全く自分自身がネットでやってきたことの反省であり、ネットで色んなことを優しく教えてくれた方たちへの感謝の思いでもあります。

 感情が高ぶって書いているので、内容を推敲できていませんが、一刻も早く作者さんに伝えたい気持ちが強く、公開します。誰かに対して失礼な文言が混ざっていたら、本当にごめんなさい。

 

■私がネットでの発言を反省している内容です。良かったら読んでください。 

 

私自身を芸能人に例えると

 元々このブログは愚痴とポエムと思い出話を書きなぐる自己満足、ナルシズムブログで面倒になったら消すつもりだったんです。でも、ずいぶん昔に別ブログに書いた思い出記事とかも引越しさせてきちゃったんで、消すのが勿体なくなってきました。

 それに、当初の予定としては読者とかはせいぜいいても(今まで通り)20人くらいを想定していたので、こんなに読者が増えちゃったら、消しにくいじゃん、とか、まあ変な人の変な日記として残しておこうかなという気分になってます。今はね。メンタル落ちた時はなーんにも気にせずサクッと消してしまうかもしれないので、その時はご容赦を。

 残すのが恥ずかしい記事も沢山あるのですが、「私は情緒不安定な時はこんなふうになるんだー」と、のちのち自分の状態を客観視できるのと、読者の皆様にも「情緒不安定な人ってこんな感じだよ」と見える化しておこうというつもりで残してます。あ、あと、最近は精神科の担当医と夫に「最近はこんな感じでした」みたいのを残して見せるためにも書いてます。

 で、せっかくなのでナルシズムブログ的な原点に戻って(笑)、自分を有名人に例えるとどんな感じか書いてみたいと思います。

 

行動パターンが似てると思う人

ホンマでっか!?TV の澤口俊之先生

 言いたいことが言いたくてしょうがない。人の話の途中でも割って入る。言いたい時に言いたいことを言いたいし、その衝動を抑えられない。ナチュラルに無意識にマウントしてしまう。あたりのことが、すっごい似てるなーと良く思います。

 

爆笑問題の太田光

 この人も言いたいことが言いたくてしょうがない人でしたね。特に私の若い頃の行動パターンは、太田光氏に似ていたと思います。場の空気を読めず周囲がドン引きしてしまうような発言をする。思い込んだら、それが正しいと思い込む。みたいな行動が私と似てるなーって思います。あと、暗算が苦手なのも似てるかなー。

 

雰囲気が似てると思う人

和田アキ子

 何度かブコメで「私は和田アキ子的なので~」みたいな事を書いたのですが、私は慎重は高くないのですが骨格が大きい?らしくて、特に肩幅が大きくて日本人サイズの女性服はことごとく肩幅と袖丈が合わないんです。だから、若い頃からトップスは男性服を買ってました。そんなこともあってか、冬に夜の繁華街を歩いていると男性に間違えられて風俗の客引き声をかけられたことがあります。途中で客引きが気づいて「あ、女か。」て、言われました(笑)ちなみに当時は、和田アキ子そっくりのベリーショートにしてました。

 あと、気が強くて気性が荒いところ、根は妙に素直なところ、変な正義感を持っているところも似てる気がします。あと、姉御肌なとこも似てるかな。でも和田さんって、考え方がすっごい女らしいっていうか、かわいらしい人で好きな人の前では少女のようになってそうで、その辺のかわいらしさは私にはないような気がします。

 

中瀬ゆかり

 顔は中瀬さんが近いかなーと思います。中瀬さんが東京MXの5時に夢中とかで話してる内容は、割と普段私が友達と話している内容に近いので、考え方が似てるなーと、よく思ってます。ただ、あの人、脳内が古風なオッサン寄りっていうか、縦社会寄りっていうか、組織寄りっていうか、若い男の子のことを「お前」とか呼んだりして、意外と考え方や行動パターンがマッチョなところがあるので、その辺はちょっと違うかなと思います。あと中瀬さんは論理的な話ができるけど、私はできないので、頭の良さが全然違うなーと思います。

 

森公美子

 現在の私と、外見や大きさが似てるかなーと思ったんですけど、私はあんなに美人ではない気がします。あと、はっちゃけに明るいところも私と似てます。あと、すごく豪快に「ガハハハハ!」って笑うとこも似てますね。ただ、森さんて良家出身なのか、あふれ出る気品があって、あれは私が持たないものだわーってよく思います。

 

西原理恵子

 私自身はそうは思わないんですけど、今の精神科の担当医に「西原理恵子みたい。」って言われました。私が精神科にかかるまでのいきさつを今の精神科医に話した時、彼が(私がかわいそうで?)泣いてしまって、「へ、精神科医ってこのくらいの過酷な家庭環境くらい慣れてんじゃないの?」って思ってたのでびっくりしました。

 で、私が常に「お金が…(ない)、お金が…(ない)、お金が…(ない)」って、お金のことばかりを気にするので、そこらへんが「自分の子供の頃の境遇」「お金は大切」みたいな本を書いた西原氏とかぶったのではないかと思います。

 ちなみに私の「お金がない」発言は「貧困妄想」ではなかろうかと、親切がブクマカさんが指摘してくれました。それもあったと思います。

精神疾患における妄想とは?症状、治療法と普通の妄想との違い

北斗晶

 北斗さんは本当に芯が強くて、賢くて、たくましくて尊敬の念しかないのですが、笑った時に顔がくしゃくしゃになるところ、安心している相手に対してはふざけて乱暴なことばを使ってしまうところが私と似てると思います。あと、健介さんが「チャコちゃん、チャコちゃん」「チャコちゃんがかわぃい」みたいによくテレビで言っていて、晶さんが大好きじゃないですか?ウチの夫の行動パターンが健介さんそっくりなんです。ほんと、あんな感じです。あと、関東だけど、都会ではない郊外に住んでいるってとこも似てますね。

 

最近、めっちゃ似てる人を見つけた

馬場ももこアナウンサー

 この方、アナウンサーなのに言葉遣いや行動パターンがギャルっぽいっていうことで賛否両論を受けてる方です。思ったことを思ったまま言ってしまう上に、がさつ、テキトー、自宅公開では部屋がかなり荒れている、彼氏がいると公言しちゃうとか、かなり自由です。林マオアナウンサーが彼女のことを苦手としているらしく、対面させられてました。林マオアナウンサーが、「女子アナは情報発信する側なので、信用第一。あなたのような(がさつな)人が(テキトーな)仕事をして、他の女子アナウンサーの信用を落としたくない。」といったような趣旨のこと馬場ももこアナに言っていたと思います。(違ってたらごめんなさい。)

 その番組で、馬場ももこアナウンサーは「天真爛漫」と言われていて、ああ私自身も若い頃には「天真爛漫」「自由奔放」と色んな人に言われて、面白がられて(笑われて)いたなーと思い出しました。私はこれらの言葉をいい意味でとらえていましたが、今となっては「マナーができていない」「空気が読めない」「様式美・形式美を無視する」「既存の概念を無視する」という意味も含まれていたと思います。

 馬場ももこさんの存在そのものに対して賛否両論あったってことは、私自身も個性が強すぎて、面白がって近づいてきてくれる人と、うっとうしてくて嫌厭して黙って去っていった人の両方がいたんだろうなと、しみじみします。

 

 以上、私を芸能人に例えてみましたー。