女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんです。キレキャラとおふざけキャラと真面目キャラを分離する才能がないので、丸ごとの自分を出してます。

親になる時、親に疑問を持った時に読んで欲しい本

この増田を読んで思ったことを書きます

【追記あり】子供の泣き声に耳栓されて心が折れた

続・子供の泣き声に耳栓されて心が折れた

 

当時の母親達に響いたアメリカインディアンの教え

 結論から言うと、この増田にもはてなーにも「アメリカインディアンの教え」を読んでほしい、それが一番手取早いと思うことがしばしばあります。

 記憶違いでなければ、「アメリカインディアンの教え」は私が若い頃に「育児本」「教育論」的な扱いで大ヒットした本です。私がなぜこの本を知ったかというと、職場の社長の妻を筆頭に、子供を持つ中年女性の常連客達の間で大ヒットしていたからです。私の職場は、社長の妻とも常連客ともおしゃべりする職場(それも仕事のうち)だったので、彼女らがこの本を読んで、熱く自分の親や自分の子育てについて語り合っているのを聞いて、私も読んでみたくなったのです。

 人によって、心当たりのある部分は違っていて、私はこの部分で泣いた、私はあの文章で泣いたとか大騒動でした。私も、ボロボロと号泣しながら読んだのを覚えています。どの部分が響いたのかは忘れてしまいましたが。

 さらに、彼女らは40代~50代で、難しい時期の子供がいたりして、私が脳みそが思春期から抜け出せていないような感じだったので、「高円寺さんみたいな、子供の側がこれを読んだらどう思うのか教えてほしい。」という要望もあり、読んだような気がします。

 

アメリカインディアンの教えは親が子に与える影響について書いている

 アメリカインディアンの教えは以下の8章から語られています。

  1. 批判ばかり受けて育った子は批難ばかりします
  2. 敵意にみちた中で育った子は誰とでも戦います
  3. 冷やかしを受けて育った子ははにかみ屋になります
  4. ねたみを受けて育った子はいつも悪いことをしているような気持ちになります
  5. 心が寛大な人の中で育った子は我慢強くなります
  6. はげましを受けて育った子は自信を持ちます
  7. ほめらる中で育った子は、いつも感謝することを知ります
  8. 公明正大な中で育った子は正義心を持ちます

 私は、元増田に「育児ノイローゼ」と書きましたが、私自身もメンタルがまいっていると、責められてもないのに責められているような気分になってしまったり、相手は私のことを何とも思ってなくて合理的に接しただけなのに嫌われたと感じててしまうことはあります。要するに被害妄想です。

 しばらくたって落ち着くと、私の考え違え・気のせいだと思えるのですが、メンタルが弱っている時はそうは思えません。じゃあ、なんで、私はそんなにも簡単に被害妄想に陥ってしまうのかと考えると、私の場合は1~4までは全て当てはまっているうえに

 

■裏読みした場合のアメリカインディアンの教え

  1.  批判ばかり受けて育った子は批難ばかりします
  2. 敵意にみちた中で育った子は誰とでも戦います
  3. 冷やかしを受けて育った子ははにかみ屋になります
  4. ねたみを受けて育った子はいつも悪いことをしているような気持ちになります
  5. 心が寛大でない人の中で育った子は我慢ができない子になります
  6. はげましてもらえない中で育った子は自信を失います
  7. ほめられない中で育った子は感謝しないどころか、人の足を引っ張ってまで自分がほめられようとします
  8. 公明正大でない中で育った子は社会を恨みます

と、読み替えると、5~8も全部当てはまってるんですよね。要するに「愛」のない養育環境で育ったから被害妄想を持ちやすいってことです。

 

アメリカインディアンの教えを上記増田に当てはめると

 もし、上記の増田の生育環境に問題があったとしたら、

  • ねたみを受けて育った子はいつも悪いことをしているような気持ちになります
  • はげましてもらえない中で育った子は自信を失います

あたりが、当てはまりそうです。単に育児ノイローゼからくる被害妄想だった可能性も高いので、生育環境に全く問題はなかったかもしれませんが、当てはまるとしたら、この二つかなと思いました。

 

また、生育環境と同時に、心理では人の性格をおおざっぱにタイプA・B・Cと分けるやり方もあるらしく、この増田はCに入りそうで、そういったことが重なって、とても悲しい気持ちになったのかな?と思いました。

詳しくはこちらの記事でどうぞ。

タイプA、タイプB、タイプC性格とメンタルヘルスの関係

 

私は社会に出てからのほうが大切にされた

 私は生育環境が悪かったので小学校まではひどくひねくれていた上に、毎日のように「死にたい」「家族全員を殺したい」と思っていました。ですけど、中高と非常に寛大で優しい先生に出会ったこと、働いた先の上司、同僚、お客さんが私を教育してくれたことで、随分人生が変わりました。さらに大学時代の友人たちにも下記のような態度で接してもらっていました。

 だからこそ、今の私があると、彼らには感謝の気持ちしかありません。

 

■いいとこ取りしたアメリカインディアンの教え

  • 批判を受けずに育った子は批難しない子になります
  • 敵意のない中で育った子は誰にでも寛容になります
  • 冷やかしを受けずに育った子は自己表現ができるようになります
  • ねたみを受けずに育った子はいつも人に優しくしようという気持ちになります
  • 心が寛大な人の中で育った子は我慢強くなります
  • はげましを受けて育った子は自信を持ちます
  • ほめらる中で育った子は、いつも感謝することを知ります
  • 公明正大な中で育った子は正義心を持ちます

 私は、育児放棄+精神的・肉体的虐待の中で育ってきましたから、基本的な礼儀作法、マナーなんて知りもしないし、人とのコミュニケーションの取り方もおかしかったんですね。父親に全力で批判されて生きてきたので、大学に入ってからも気に入らない相手は全力で批判してました。本人に向かってね。それが、悪いこと、相手を傷つけることだなんて思いもしませんでした。だって、私自身が親にやられてきたことですから、ナチュラルに人を批判する癖をつけていたんですよね。

 それも歳をとったから客観的に言えるだけで、その当時は自分が相手を批判しているという自覚さえなかったと思います。たぶんですけど、「思ったことを言ってるだけ」程度にしか思ってなかったと思います。

 大学に入るまでは、寛大な心で受け止めてもらえる、はげましを受ける、ほめられる、なんてことは高校の先生くらいにしかしてもらったことがなかったんですよ。

 だけど、大学(夜間)入って、仕事を始めると、あちこちで不遜な態度をとる私に「やんわり注意してくれる人」っていうのが結構いたんですね。「そういうことは、こうこうこういう理由でやらないほうがいいよ。」とか「それは、もうちょっとこういう言い方をしたほうがいいよ。」とか、「どうして、そういうふうに考えるの?」みたいな感じで、絶対に私の言動を責めずに「不遜な態度」の理由を聞いて、分析して、私に分かるような分かりやすい言葉で諭してくれたんです。

 そのような人が、一人ではなくて沢山いたから、私は人間関係的にはすごく恵まれていたほうだと思います。

 

ネットにも結構いる

 はてなのブログやブコメを読んでいると、自覚的、無自覚かは置いておいても、生育環境からくる「認知の歪み(?)」的なものを持っているであろう文脈の人が結構見かけられます。そういうのを見るたびに、「あー、若い頃の私みたいだなー」って、しみじみします。こういう人達は「寛容さに包まれる機会が少なかったんだろうなー」って。

 はてなを始めた最初の頃は、はてなは「皮肉ぽく」書くのが様式美なのか?という空気を読んで、皮肉ぽくコメントしてましたが、ネットの距離感でそれをやったら誤解を招くし、相手が傷つくんだと気づいてやめました。リアル友達とだと皮肉合戦で笑いあっているので、当初、その感覚でネットに書き込んでました。ちょっと距離感が近すぎでした。すみません。

 そんな反省も含めて、現在は「私が人様から受けた寛容さ」を社会に還元したいという気持ちで、記事やコメントを書いているつもりです。そんなんばっかりだと面白くないという人もいるみたいだけど、現在の私はこのスタンスかな。

 

アメリカインディアンの教えを読んで欲しい人

  • 理由は分からないけど、生きるのがしんどいって感じてる人
  • 理由は分からないけど人から嫌われやすい人
  • 理由は分からないけど人から批難・批判されやすい人
  • 人間関係がうまくいかなくて困ってる人
  • 自分の親は毒親ではないかと疑っている人
  • 子育てに自信が持てない人
  • 自分に自信が持てない人

などに、特に読んでほしい本です。

 

アメリカインディアンの教えを読むにあたっての注意事項

 この本は、親が子供に与える影響について書いた本でもありますが、著者の加藤諦三が壮絶な父親叩きをしている本でもあります。私や夫、私の周囲ではこの本に良い影響を受けた人が多いのですが、担当の精神科医にこの話をしたら「悪い影響を受ける人もいる」とのこと。

 何のことかと考えてみたら、恐らくですけど、自分に現在起こっている問題を全部親のせいにするための材料、つまり親叩きの材料にする人もいるのではないかと思いました。毒にも薬にもなる本だと。

 この本は機能不全家庭を責めるため、毒親を叩くためではなく、自分自身が毒親にならないため、機能不全家族を作らないために読んでほしい本です。また、毒親になるには悲劇的な背景があるという視点でも読んで欲しいです。親のこの言動のために自分はこの考え方になってしまったんだ、それを改めてもっといい人生にしよう、と自分自身を許せるようになるために読んでいただきたいです。

 

まとめ

数十年前に、母親たちに大人気だった「アメリカインディアンの教え」ですが、「続・アメリカインディアンの教え」というのも発行されました。ですが、私には「続・アメリカインディアンの教え」はピンときませんでした。

 そのことを、職場の主婦たちに話すと「それは、まだあなたが子供側の立場しか体験してないからよ。続~は、親側の立場から書いた本だから、私達には続~のほうが響いたよ。」と言われました。今、手元に「続・アメリアインディアンの教え」がないので、読めないのですが歳を重ねた今なら心に響くのかもしれません。

アメリカインディアンの教え (扶桑社文庫)

アメリカインディアンの教え (扶桑社文庫)

 
続アメリカインディアンの教え―あなたの幸せがここにある (扶桑社文庫)

続アメリカインディアンの教え―あなたの幸せがここにある (扶桑社文庫)

 

精神病・発達障害だけではない体の不調・体のだるさ

 この増田を見て思ったんだけど、私も若い頃は体力だけはあったから、自分が少し情緒不安定なタイプなんだろうなーとか、うっかり屋さんだとか、物忘れが多いとか、自分と他人との違いをその程度に捉えていました。

 ですけど、このブログを書き始めてから、色んな人が色んなことを教えてくれたり、他の精神病やADHDの人たちの闘病日記を読んだり、そのコメントを読んだりして、さらにそれを担当医と相談したりしていると、色んなことの謎が解けてきた部分があります。

 私の心身の不調

双極性障害

 私の場合は、精神の問題として一番出やすいのが「双極性障害」、つまりそう状態とうつ状態を繰り返すというものです。このブログを長期間にわたって読んでくださっている方はお判りでしょうが、このブログでさえも、そう状態で調子に乗っているときと、うつ状態でメルヘンな自分の世界に閉じこもった時とで書くことが全く変わってると思うんです。

 

ADHD

 その精神科の病気とは別に、私には昔から「ADHD」ぽい傾向があって、その辺は割と、体力、訓練、コミュニケーション能力の高さでカバーできてたっぽいんですよね。ですけど、20代後半から30代後半で、栄養失調状態が続いたことや大量服薬を繰り返したことで、多少は脳にダメージを受けてたのではないかと思います。

 活舌が悪く、言葉を頻繁にかむ知人がいたのですが、彼女も大量服薬を繰り返していて、一回は医師に「今回は、助からないかもしれない。助かったとしても脳に障害が残るかもしれない。」と言われたそうで、上手く話せない原因はそれではないかと言っていました。

 ADHDぽい症状の悪化について、ネットや医師に指摘を受けたことをまとめてみるとこんな感じです。

 

  • 被虐待児における海馬の萎縮
  • 大量服薬の繰り返し
  • 低血圧
  • 低体温
  • 加齢による脳・内臓機能の低下
  • 甲状腺機能の低下
  • 解離性人格障害
  • 愛着障害

 私の「ADHD」ぽい症状の原因はここら辺にありそうな気がしています。さらに最近は肥満の状態が続いていて、すでに「脂肪肝」の指摘は受けているので、肝臓、腎臓への負担も関係あるかもしれません。

 

砂糖依存症

 私のしんどくなった時の依存先は「甘い物」一択になりやすいんですよね。衝動的に、発作的に甘いものを沢山食べてしまうんです。これは、アルコール依存症、ギャンブル依存症、買い物依存症などと同じで、もっと言えば砂糖という麻薬の麻薬中毒だと言えるかもしれません。ただ、ギャンブルや麻薬に依存するよりは金銭的な破綻度が低いせいか、同じ「依存症」でも砂糖依存症や摂食障害は前者よりイメージが悪くないので「だらしない人」程度の責められ方で済むので、それが唯一の救いかな。

 それでも私なりに、糖尿病にならないように気をつけてはいて、衝動的に甘いものを食べたくなった時のために、食事の時は炭水化物を食べない、甘いものを大量に食べる時は野菜などの食物繊維を取ってからドカ食いするなどの工夫はしています。そのおかげか、まだ糖尿病にはなっていません。でも、この調子だといつなるか分からないという感じです。

 依存症の対策として、アルコールや覚せい剤への依存はその対象を断つというのが一般的な治療だそうですが、糖分は100%断つというのは難しいので、依存対象をいかに分散できるかがカギとなってくると思います。私の場合は、前回紹介した「元気の道具箱」を実践してみたいと考えています。

 あ、ちなみに20代後半で酒とタバコはやめました。タバコはお金がもったいないし、酒は(味は好きなんですけど)飲むと気分が悪くなるのでやめました。20代後半からすすめられても、断固拒否してます。「ドクターストップなんで…」と大声で言えば、それ以上すすめてくる人はいませんから。

 

甲状腺に問題がありそう

 こちらの記事で書いたとおり、甲状腺の数値が低かったので、半年おきに経過観察しているのですが、今のところ、「橋本病」「腺腫様甲状腺腫」「甲状腺がん」の可能性が消せていません。むしろ「橋本病」の可能性が強まっています。

 ここ数日も、微熱が続き、起き上がることが難しく、少し調子のいい時は寝っ転がってスマホで増田を見てました。加齢とともに内臓、脳の機能とも悪くなっているので、もうこれらは食生活、運動、訓練などで、いかに今以上に悪い状態にしないかがカギとなってくるのでしょうね。

 

内臓の機能低下

 これは割と最近なんですけど、飲み食いするとすぐ胃もたれするんですよね。食べると気持ち悪くなっちゃうの。だから余計に噛まなくてよくて、消化のよさそうなプロテインに頼ってしまいがちなんだけど、噛まないと認知症にも歯の健康にもよくないというのを聞いて、頑張って食べ物を噛むようにしてます。でも、正直、噛むのと消化するのめっちゃしんどい。というか、体力を使う。

 

飲食の職業病

 私はもともと、高校までに足を5回ほど骨折していて、なおかつ、足に13針縫うけがと、9針縫うけが(腓骨神経麻痺)をしてるんですね。

 もともと足が悪かったうえに、重い荷物を持ったり、無理な姿勢で洗い物をしたり、下向きの作業が多かったり、腕を酷使する作業など、飲食業を続けた結果で、腰、首、腕をやられてるんですね。珈琲専門店でペーパードリップを一日中していた頃は、指にポットダコ(硬くふくれる、あのタコ)ができてました。

 最近、右腕がしびれるようになり、過去に整形外科で問題ありと言われていたとこを再検査したのですが、やはり、悪化してましたね。

  • 5回の足の骨折(両足首の可動域が狭い、膝のお皿の裏にとげがある)
  • 自転車との接触事故で13針縫う怪我
  • 腓骨神経麻痺(階段から落ちて9針縫う手術)
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 頸椎ヘルニア(数年後:脊柱管狭窄症と言われる。その周囲に石灰化あり)
  • ストレートネック
  • 肘部管症候群の可能性(肘のレントゲンに問題あり)

腕のしびれに関しては、脊柱管狭窄、石灰化(頚椎後縦靱帯骨化症?)、胸郭出口症候群、肘部管症候群の4つのうちのどれが原因か、または複合的な原因かは特定できていません。

 

 独身で一人暮らしだった時は、正直「早く死にたいから病院行かなくていいや。」って思ってたんですけど、夫と暮らすようになって、病院に行かないとめっちゃ怒られるので、行かざるを得なくなりました。

 そしたら、次々と色んなことが分かって「ほらー、病気やケガが見つかると面倒だから嫌だったんだよー。病院に行かずに末期で気づいて、緩和ケアで早く死にたいのにー。」と舐めたことをぬかす私。そして、「早く見つけて、早く治せ!」という夫。

 どうせ、体も脳も加齢でダメになっていくんだから、人に迷惑をかける前に死にたいってのは、お金を稼げない人間なら、割と普通に考えることだと思うんですけどね。歳を取った時に治療費なんて持ってるわけがないという想定ですし、ウチなんかは、夫が10歳以上も年下だから介護で迷惑をかけるくらいなら、「できるだけ早く死んであげるからね。」って割とマジでそう思ってます。

 

 しばらく微熱が続いてしんどかったので、書いてることが滅茶苦茶でしょうけど、このブログもブコメもリハビリとストレス発散のために書いてる部分があるので、ゆるしてね。

 まあ、あれだ、健康には若い頃から気をつけましょうというお話かな?私みたいに、若い頃から早死にすると想定して無茶してると、運よく(運悪く?)長生きしてしまった時が大変だよというお話ね。

 

元気の道具箱・WRAPの道具箱

元気の道具箱という考え方

 私の精神科の担当医は精神薬を飲まずに症状が改善できるなら、あまり精神薬を飲んでほしくないという考え方の人です。ですから、精神服用以外の精神安定の方法として「元気の道具箱」という考え方を担当医に教えてもらいました。

 この「元気(WRAP)の道具箱」という考え方は、精神的な辛さの経験をする当事者グループによって考案されたようです。自分と同じような気分の激しい浮き沈みを経験した人達が、どのようにして困難を切り抜けて、元気になり、元気であり続けているのかについて、メアリー・エレン・コープランドさんが調査を始めたのが、きっかけだそうです。

 私のつたない文章では、この考え方の詳細は説明できないと思うので、詳細は下記サイトで読んでいただけると嬉しいです。

■「元気の道具箱」の詳細→WRAPの道具箱

 

  メアリー エレン・コープランドさんは、こう語ります。「とても深い抑うつと、コントロールのきかない躁状態に悩まされ、私の人生は終わったも同然だと思っていた時期がありました。主治医も私の人生は終わったと思っており、私は障害年金をもらって暮らしていました。ですが、私は、自分で行った調査から、どうやって困難な感情や行動を取り除くことができるかを学びました。いまでは自分の家を持ち、やりがいのある仕事をし、たくさんの親しい友達に囲まれ、すばらしい男性と結婚しています。元気で幸せです。自分のことを『精神の病気を持つ人』と思うのをやめました。他の人と同じなのだと感じています。これは誰にでももたらされることだと信じています。ただ、それをあなたにもたらすことができる人はひとりしかいません。困難を経験しているあなた自身です。あなた次第なのです」

 

元気の道具箱の具体的なやりかた

 ちょっと、今は体調的に私自身で文章をまとめることができないので、体験記が書かれているブログと、参考になりそうな例の載っているページへのリンクを貼っておきます。私自身が実践できたら、またその様子を書きたいと思いますが、「元気の道具箱」については私自身もまだ勉強中なので、これらの記事を参考にして、動き始めようとしているところです。

 この記事を公開するにあたり、ひとつだけ言っておきたいことがあって、行動療法で改善する症状はありそうですが、投薬を続けないと(やめると)悪化する症状もあると思います。良い行動療法がありそうだからといって、医師の許可なく自分の判断で服薬を中止することは絶対にやめていただきたい。

 投薬で非常に良い状態になっていた統合失調症の知人が、自らの判断で通院・服薬をやめてしまい、重症に進んで、縁が切れたことがあります。私自身の減薬や行動療法の取入れも、全て医師と相談しながら行っていることなので、必ず担当医と相談して事を進めてください。

 

WRAP カテゴリーの記事一覧 - ADHD力向上委員会

元気に役立つ道具箱の一例 | 大人(成人)発達障害ブログ 東京WRAP勉強会

 

一刻も早く皆さんにお知らせしたく、不完全な状態ですが公開します。

 

ご質問にお答えしまーす

 

WRAPの語源は以下の通りです。

W=Wellness

R=Recovery

A=Action

P=Plan

の頭文字をとってWRAPだそうです。

 日本では、そのまま「元気回復行動プラン」と訳されて、普及しつつあるようです。どうも、精神科の看護法(?)として、訪問看護ステーションなどから普及しつつあるっぽいです。