女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんです。キレキャラとおふざけキャラと真面目キャラを分離する才能がないので、丸ごとの自分を出してます。

ちょっとしたことで幸せを感じる

 きのう、すごく嬉しいことがあったので書いてみます。

 

 昨日は病院に行くために、バスが来る5分前くらいにバス停に行ったのですがバスが全然来ない。で、時刻表を見ると私がネットで事前に調べておいた時刻とバス停に書いてある時刻が全然違うではないですか。えぇえええ!と思い、スマホを探すも、案の定、目覚まし時計の某さめさんのように、スマホを家に忘れてきてしまっている始末。

 あー、マジ、あたし使えねー。とADHD気質を恨みながらも、これ、とりあえずバス来ないから、乗り換えのバス停まで歩くぞ!と、歩き始めました。たぶん、乗り換えの時刻も間違って調べてるし、スマホがないから今が何時何分かも分からない。

 うわー、遅刻しそぉーと、乗り換えのバス停に近づくと、右側に私の目的地に向かうバスが見えました。そして信号が変わるとサクッと私の前を通りすぎていきました。

 あああああああ!待ってぇええええ!

と、心の中で叫びつつ、巨体を揺らしつつ走って追いかけました。現在の私、極度の肥満ですので走ったところで一般人の速足歩きくらいにしかなりません。でも、本数の少ないバスなので、どーしても乗りたくて必死に走りました。そして、マジあたし、走ってるはずなのに何でこんなに前へ進むのが遅いのー、と悲しくなりました。

 で、ずいぶん先にあるバス停で止まったバスから、年配の女性が降りてきて、それで少し時間がかせげたのですが、私の走りののろさに全然間に合わず、あああー!行かないでー!と心の中で叫んでいました。

 すると、そのバスから降りてきた女性が、少し困ったような顔をしながら、「ストップ」みたいな感じで気弱に片手を挙げて「ま、待ってあげて。」みたいな感じで、ずっと立っていてくれました。

 そして、な、なんと、バスも私が追いつくまで30秒くらい待ってくれたのです。

 私はバスにつくと、バスをとめておいてくれたご婦人に「ありがとうございました!」と笑顔でお礼をいい、バスに乗り込んだ時も運転手さんに聞こえるように元気よく「ありがとうございます!」とお礼をいいました。

 なんていい人たちなんだろう!本当にこの世の中、見ず知らずの人にこんなに親切にしてくれる人たちがいるからステキ!って、心底、うれしくて、一日中ルンルンしていました。

 

 また、別の時なのですが、ある飲食店でワンオペで働いていた時、テイクアウトのお弁当を頼んでくれたお客さんが、結構、時間のかかる商品を注文したので「8分ほどかかりますが、大丈夫ですか?」と、前もって聞いて、OKをもらって作り始めました。

 で、その商品が結構、手間のかかる商品で、キッチンをあちらへこちらへと走り回りながら作って商品を手渡すと、そのお兄さんが

「一人で、(全部やらなきゃいけないから)大変ですね^^」

って、めっちゃさわやかな笑顔で言ってくれたんですよね。

 

 なんかもう、私は、そういう、何の得にもならないのに見ず知らずの人にやさしい声をかけることのできる人が大好きで、私もできる限り、店員さんには「ありがとうございます。」「ごちこうさまでした。」とか、声をかけるようにしています。

 

 たとえば、スーパーで新人のおばちゃんがレジの扱いに慣れていなくて、パニックになってメモを読み直していて、私の次にならんでいるお客さんがイライラして不機嫌なっていて、おばちゃんが怖がって、「すみません!すみません!」と言っていたとします。

 そういう時は、「ゆっくりで大丈夫ですよー。急いでませんからー。」と、優しい笑顔で言うようにしています。そして、レジが終わったら、「慣れるまで大変でしょうけど、頑張ってくださいね!」と一声かけたりします。

 私自身が、お客さんに労わってもらったり、優しくしてもらってうれしかった経験が多いので、私自身も人様にやってもらったことを返していきたいと思っています。しかも、こういうのって、私自身がおばちゃんだからこそできる技だとも思っているので、積極的に声をかけていきたいなーと思ってます。

 

 こうやってブログを書いていても、あーあー、またこのおばちゃん頓珍漢なこと言ってるよと、ほおっておけなくなるのか、色々教えてくれる人もいて、ネットとは言え、社会は社会だよなー、と思ってしみじみします。

 もちろん、リアル社会も、ネット社会も色んな事を言ってくる人たちがいて、いいことばかりじゃないけど、悪いことばかりでもない。気分の良い時は、自分に起こったことをいいようにとれるけど、気分のすぐれない時は不快な事ばかりが気になる。

 そんなこんなを体験できる、リアル社会もネット社会も興味深いという点では、結構すきなんですよね。

うつ症状・ADHDの生活術*鍵の管理

f:id:koenjilala:20180430074423j:plain

うつ病患者は無くし物が多い

 精神病を患って以来、財布、鍵、を無くすことが増えました。ひどい場合は、出かけた時に自転車で行ったことを忘れて、歩いて帰ってしまい、自転車を置き忘れて帰ってしまったことさえあります。

 特に頻繁に無くしたのが、財布と家の鍵。そんなもの、何故そんなに頻繁に無くすの?とお思いの方もいらっしゃると思いますが、非常に貧乏だった頃は安い衣服を買っていて、安い衣服には布地の節約のためか、ポケットがついていないことが多く、手に鍵や財布を持ってでかけることが多かったのです。

 今考えれば、バッグを持てばよかったのですが、うつ症状でボーっとしている時期は、そんな簡単なことにさえ気づかなかったのです。

 

対処法1:鍵は無くすこと前提で鈴を付けておく

 うつ症状が出ている時は、頭の中がもやっとしていて整理整頓ができず、家の中もごみ屋敷になりがちで、散らかった部屋の下に鍵や財布が沈んでしまいがちですよね。バッグの中もぐちゃぐちゃになりやすく、バッグのポケットや底にまぎれこんでしまった鍵を探すのはとても大変。バッグの中の場合は、本当はバックに入っているのに見落として他の場所を探してしまったりします。

 急いでいるときほど、鍵が見つからなくて大騒動して、結局、大家さんから借りた鍵を全て紛失してしまったこともありました

 その対策として、私は100均で買った鈴付きの大きめのキーホルダーを、自分の鍵につけています。もしかしたらキーホルダーと鈴を別々に買って、取り付けたのかもしれませんが、いずれにしても100円ショップで買ったのに間違いはありません。

 鍵がどこに行ったか分からなくなっても鈴をつけておくと、バッグや服を振った時に、音が鳴るので見つけやすくなります。散らかった部屋の下のほうに沈んだ鍵も、かき分けていると音が鳴るので見つけやすいです。

 

対処法2:決まった場所に鍵フックを設置

 次に鍵は決まった場所に置く習慣をつけるようにしました。我が家では、冒頭の写真のように、玄関に手作りしたキーフックの板を置き、管理するようにしました。

 玄関に鍵を置くのは、泥棒が入った時に鍵がすぐ見つかるので防犯的に良くないという説もありますが、少なくとも、私がうつ状態の時は、ぼーっとしていて玄関ですぐに鍵を置かずに部屋まで持って入ってしまうこともしばしば。

 そして、どこかしらに(買い物した商品と一緒に冷蔵庫の中に入れるなどして)鍵をまぎれこませてしまって、見つからず大騒動になっていました。ですので、帰ったらすぐに手から鍵を離すという習慣を身に着けるために玄関にかけていました。

 小皿の中に入れたりするのもオシャレで良いと思うのですが、私の場合は小皿に入れると中身が見えないので入れ忘れにも気づかないので、オシャレさよりも合理性・正確性を重視しました。

 フックを設置し吊るすことで、通りすがりに見えるやすくなり、所定の場所に鍵がないということに早めに気づけるようになります。自分自身で気付けなくても、家族が気づいて教えてくれます。そうすると、鍵を無くしたのではないかと早めに探したり、スペアキーを用意しておくなりができるので、出かけざまに鍵を探すという作業が激減するのです。

 

f:id:koenjilala:20180430080016j:plain

 我が家はキーフックを買う余裕がなかったので、本棚の余った棚板を裏返して、100均で買ったシールフックを張り、手作りキーフックを作って玄関に置いていました。

 

対処法3:取り違えをなくすため色分けを

 もう一つ工夫したことは、私のカラーはピンク、夫のカラーは茶色などと、フックの色やキーホルダーの色を色分けすること。ADHD気質のある私は、とにかく不注意で、取りたいと思って手に取ったものが、自分が取りたかった物と全然違うなんてことはしばしば。家の鍵はどれを取っても間違えではないのですが、自転車の鍵は取り間違えてしまうと、交換しに帰らなければいけないのでとても大変。私達が住んでいたアパートは、エレベーター無しの3階だったので、自転車の鍵が違った時は結構がっかりしていました。

 うつ状態ですと、集中力が落ちていて思わぬミスをしやすくなっているので、わかりやすい目印をつけておくのが合理的だと思います。発達障害やうつ症状で認識力、集中力が弱くなっている方は、色で区別するのもよし、イニシャルキーで区別づするもよし、色・形・大きさの違いなど、その人が一番認識しやすい違いを強調するように工夫してあげると失敗が減り、本人もご家族も少しだけ楽になると思います。

 キーホルダーにこだわりたいなら、フックの色を家族によって色分けするというのも良いでしょう。我が家のような貧乏くさいキーフックは嫌だという方のために、以下にネットで見つけた、おしゃれな「キーフック」を紹介しておきますね。

 

■スタンドタイプのキーフック

山崎実業 キーフックスタンド  スマート  ホワイト 2777

山崎実業 キーフックスタンド スマート ホワイト 2777

 

f:id:koenjilala:20180430081713j:plain

 

■マグネットタイプのキーフック(冷蔵庫や玄関が鉄の扉の場合に使えます。

磁石式 キーフック ナチュラル

磁石式 キーフック ナチュラル

 

f:id:koenjilala:20180430081744j:plain

最近はナチュラルデザインの商品もあります。

 

■ディズニーデザインのキーフック(ミッキーマウス・アリス他)

f:id:koenjilala:20180430081838j:plain

 

■「キーフック 犬」で検索すると

f:id:koenjilala:20180430081853j:plain

しっぽに鍵をかけるタイプのキーフックが出てきます。

 

■「キーフック 猫」で検索すると

f:id:koenjilala:20180430081917j:plain

 

 

★楽天やアマゾンで「キーフック」を探してみよう。

■楽天で探す

■アマゾンで探す

 

都会と田舎の女子高生の性的環境の違い

 ちょっと、この記事に追記したい内容が出てきたので書いてみました。

 

厄介なのは女子高生同士の感覚の違い

部屋についていったJKも悪い論の正体

 この増田で、「JKならもう男の部屋に行く意味わかってんだろとJKが言ってた」ってブコメを見かけたんですけど、女子高生が女子高生を叩くっていうのが、一番困る話なんですよ。残念ながら、性的被害の自己責任論って女性が女性に言ったりするからタチが悪いと思います。

 ここで都会の女子高生、田舎の女子高生でくくるのは雑すぎるのは承知なんですけど、ちょっと前提として書いてみますね。

 

都会の女子高生の特徴

  • 公共施設(駅・道・電車など)で男性との距離が近い
  • 人口が多いので男性の性的な視線を受けやすい
  • 人口が多いので男性からの何らかのアプローチを受けやすい
  • 電車通学をしているので痴漢にあう確率が高まる

 最近思うのは、都会の女子は「自分が性的消費」をされる対象だって気づいている子も多いってこと。関東に住むようになって思ったんですけど、関東って田舎よりはるかに人口が多いじゃないですか、だから男性の目にさらされる機会も多いし、男性との距離が近いわけ。駅とか道で人と隣り合わせたりすれ違う距離でさえ近い。だから、盗撮とかが容易で被害に遭いやすい。ので、被害者が多いから危機意識が高いのではなかろうかと。

 しかも、高校?(もっと早くから?)電車通学をしてる子もいるから、自身が痴漢被害に遭った、あるいは親しい子が痴漢に遭ったとかの話が身近に沢山あるんだと思うんですよね。

 

私の時代の私の学区の話

  • そもそも人がそんなに歩いていないので、人と至近距離で近寄らない。
  • 人が少ないし、そんなに人とすれ違わないので男性からの視線も少ない。しかも交通網が薄くて、ほぼ自転車移動なので男性からの視線を浴びるほど低速で移動してない。
  • 人口が少ないので男性に声をかけられる確率も低い。
  • 田舎の男子はそもそも性的なことは大人になってから(交際or結婚してから)と思っている子もいる。女性に性的接触=不良という認識で、手が当たっただけでも「ごめん」て言ってた。
  • 自転車通学組が多数派なので、電車での痴漢被害に合わないし、周囲で痴漢の噂を聞くことすらなかった。電車通学組と学校が違うので痴漢に関する知識を共有できてない。

とかの環境の違いがすごく大きいと思うんですよね。

 私が住んでた地域は、そもそもほとんどの地域が高校まで徒歩か自転車通学で、その次がバス通学、ごく少数が遠方へ電車で通うという感じでした。だから自転車通学組の私の周囲には痴漢被害を受けた女子の話を聞かなかったんですよ。電車に乗る習慣がないから当たり前ですよね。もしかしたら、田舎すぎて痴漢被害にあったなんて言ったら差別されそうで周囲に言えなかったのかもしれませんが、私は耳にすることはありませんでしたね。

 だから、田舎では自分が「性的な価値(魅力)を持っている」って気づかないケースも多いんですよね。駅って言っても関東みたいに人が多くないんですよ。たぶん、関東の人が私の田舎の主要駅に行ったら、人が少なすぎて驚くと思います。

 実際に私自身が地方都市に住んでいた時に主要駅に行っても何の問題もありませんでしたが、関東の主要駅では人が多すぎて気分が悪くなってしまうくらい、人の多さには違いがあります。

 

 田舎の子って、ヤンキー系の男女以外は「性的なこと=不潔または不良」って思って育つ子もいますから、男女とも性的にピュアな場合もあるんですよね。

 

 この男性のように「性的な事=不良」とか「性的な話=こわい」って感覚の男性もいるの。興味深いので是非読んでください。とても良い記事です。(詳細は、追記をご覧ください。)

 

実際にはもっと種類は多い

 例えば、田舎の子でもお母さんが水商売をやっていて、お母さんのお店に出入りしているような子は性的な知識が進んでいます。私の働いていた飲食店に中卒の16~17歳くらいのバイトの女の子が3人ほどいたのですが、もともとヤンキーだった子達でした。

 お母さんが水商売で母子家庭で中学生の時に子供を産んだ子もいたし、お父さんがその筋の方という子もいました。その中の一人の知り合いの中年男性が、勤務先の飲食店にご飯を食べに来て、その10代の子に「おお!昨日お前のかーちゃんに会ったよ!(セックスは)ヤってないよ!ガハハハハ!」って言って去っていきました。そういう子達もいます。

 ですけど、わりとそういうタイプは田舎では不良扱いみたいな特別枠扱いの場合も多いですね。それに、女の子でも性的知識があるからといって、「実行に移すかのか。」とか、「自分が性的被害に遭うイメージを持てるか。」は、本当にその子しだいなんです。

 まあ、要するに「性的に進んでいる子」と「性的に遅れている子」の断絶なんですかね。

 

性的に進んでいる子と遅れている子の断絶

 ちょっと例として、無理くりに都会・田舎に分けてみましたが、要は子供の性に対する認識なんて環境、親の教育、個性によって違うので、一部の女子高生が「JKならもう男の部屋に行く意味わかってんだろ。」と言ったからと言って、全ての女子高生が分かっているとは言えないし、思わないで欲しい。

 それを証明するように、ブコメにも

「成人男性(友人)の家で、少人数でテスト勉強したりオタク談義をしたことがある私としては、「男の部屋に行くとはそういうことを覚悟するべき」という意見を見ると、生きている世界・文化の違いに頭がクラクラする… 」

という、女性からの真逆の意見も見られました。

 

 これくらい、性的に危険、安全に関する認識は人によって違うみたいなんですよね。

 

 少しうがった見方かもしれないけれども、私が「JKならもう男の部屋に行く意味わかってんだろ。」っていう女子高生側の気持ちを想像すると、「いい年してかわい子ぶってんじゃねーよ。(まるで意味を知ってる私達のほうがけがれてるみたいじゃん。)」みたいな自分の価値が下がってしまったような感覚を持ってしまったとか、「高校まで男性を恐れなくても済むような安全な環境いた子が無意識に妬ましい。」みたいな、自分も安全な環境で安心していたかったという、悲しみからくる感情に由来する何かがあるのではないかと思ってしまいました。

 でもさ、何のご縁かせっかく同じ性別に生まれてきたんだから、味方ををしてあげてもよさそうなものだけど、高校生くらいの年ごろじゃあ、そうもいかないなのかな…と思ったりしたのでした。

 

追記

id:hizakabuさん、私が言及したので消したのかと思って、少し気に病んでいたので、そうではないと聞いて安心しています。

 消された記事の内容は、趣旨は性教育についてだったと思うのですが、

自分は男性だけど性にうとくて、中学時代もエロ本の回し読みには参加しないようなタイプだった。性行為を行ったであろう同級生が先生に怒られていたりして、性行為は悪いことだと思っていた。

 いい年齢になってきて、彼女もできたが性に対して罪悪感があり、彼女と付き合い始めても、数年間は性行為に及ばなかった。

 結婚したあとに、「子供を作らないの?」と聞かれると「コンドームをつけずにセックスしてるの?」と聞かれているようで、気持ちが悪い。

と、いったような内容だったと思います。

 男性側にも、性に憶病だったり、性に潔癖だったり、性に対する恐れを感じている方がいるということ、さらに、その心情をすなおに正直に書いたよい文章だと思って、引用させていただきました。

 確かに、ご本人にとっては照れくさい内容だったかもしれませんね。でも、私はあの記事がけっこう好きでした。