読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんの皮肉とメロドラマに満ちた遺言。

「死にたい」=「生きたい」なのよ

日本は恥の文化が強すぎて 大人は黙ってやせ我慢という態度をとり、本音を言わない。 そして、賢くて真面目で優しい子どもたちは「子供も黙ってやせ我慢」と頑張ってしまう。それが、良い方向に向いた場合は良いのだけれど 優しくて真面目で、強い子ほど、親…

精神病になったから生き残った私

ここ2~3年、自分には向いていないから「絶対にやりたくない」と思っていたこと2つに手を出してしまいました。 「結婚」と「株」です。 病んでいなかったら絶対にやらなかったことであろうけど病んでいたからこそ、やってしまったという感じです。 もとも…

自分が生きている意味

**2009年に書かれたものです。** ここ10年は働いたり働かなかったりで、 最近は全く動けなくなって布団から出られない、 声が出せない、目が見えない、耳が聞こえないという無の世界にいました。 詳しく言うと、うつ状態とそれからくる自律神経失調…

精神病に対する偏見のないワタクシ

*精神病だと言われると納得できる 精神病者の自己診断は結構危険なのでやめたほうがいいと思うのですが、今の私の精神病の症状は「非定型うつ病」に似ていると下記の本を読んで、ちょっと感じてしまいました。前の主治医は私に対して「あなたは精神病とは言…

時代は精神病や障害に対する偏見を乗り越えようとする流れに

米の数学者ジョン・ナッシュ氏は統合失調症で苦しんだことを公にし、 男性モデルの栗原類氏はみずからの発達障害を公表しました。 黒柳徹子さんも、自身の発達障害(学習障害)を 窓際のトットちゃんのあとがきで公表しています。 最近はテレビでも、 自分が…

精神科治療と投薬と増薬

■薬を増やすかどうかの判断 私自身は一番悪かった時は、一回で10錠くらい? 一日三回飲むので30錠くらいの薬を処方されていた時期がありました。あの時は病みすぎていて、医師の出す薬に疑問を持つ持たないは関係なく、飲んでいましたし、いや、病みすぎ…