女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんです。キレキャラとおふざけキャラと真面目キャラを分離する才能がないので、丸ごとの自分を出してます。

精神病闘病記

元気の道具箱・WRAPの道具箱

元気の道具箱という考え方 私の精神科の担当医は精神薬を飲まずに症状が改善できるなら、あまり精神薬を飲んでほしくないという考え方の人です。ですから、精神服用以外の精神安定の方法として「元気の道具箱」という考え方を担当医に教えてもらいました。 …

精神科の定期診断の報告

季節性情動障害 私は毎年、冬は安定して体調が悪いです。今までの傾向でいくと、急に仕事を辞めてしまったり、精神病棟に入院させてもらうのもだいたい1~2月のことが多かったように思います。冬は、日照量の問題で誰でもうつ症状になりやすいというような…

私は発達障害なの?ストラテラを飲んでみることにしました【3】

さてさて、ADHDの私自身のエピソードを書いたところ、当事者の方や詳しい方から色々な情報をいただき、とてもありがたいです。実際、ストラテラを飲んでみて、どんな感じだったかと、ブコメのアドバイスに対するお返事を書いて、このシリーズは一旦終わりた…

私は発達障害なの?ストラテラを飲んでみることにしました【2】

このような記事を書いたら、親切な方が 「ADHDだったとしても社会に適応できる人は治療の必要は無いかもしれないと思った。手元の資料では「職場に馴染むよう手助けする」事がゴールの一つみたい。(今日の精神疾患治療指針第2版 25 成人の注意欠如・多動症」…

「怒り」は病気の症状でもあるので、病院で診てもらったほうが良いケースも

年末のごあいさつで、今年のブログは締めようと思っていたのですが、どーしても気になって、書いてしまいました。 この記事を見て思ったんだけど、「怒り」について、個人の性格や気質としてとらえる人も多いのか…と、ちょっと悲しかった。 というのも、例え…

しつこいようですが、福祉のチケット制について

上記の記事で、当時の状態を書いているのですが、私の精神病が一番重篤だった時に、すごく便利だった福祉のチケットのお話をしたいと思います。 身近に、そんな人がいないと信じれないかもしれませんが、私のように身寄りもなく一人暮らしだと、誰にも発見さ…

家事ヘルパーさんを2か月で断った理由

私自身は、過去も、今でもいくつかの条件がそろってしまえば、生活保護を受給する可能性がある人間です。だから、自分だったらどんな支援をしてほしいかと考えた結果が「炎上記事」となってしまったわけですが、弁当を支給してほしいと思った理由をもう一つ…

数週間から数日で気分や体調が変わる人はラピッドサイクラーかも

blog.lalamiamor.net 上記の記事で、少し触れましたが、ここ数か月間、出力ゼロの日と、出力200%みたいな日を、数週間、または数日おきに繰り返していました。 私にとって、出力ゼロというのは、起き上がりたいと思っても体を起こすことができない状態のこと…

セロクエル減薬による過食症(摂食障害)の再発

私の入眠の特効薬であるハルシオンの副作用に夢遊(病)症状夢あるため、夢遊病過食を誘発してしまうことをストップするために、ハルシオンをデパスに替え、副作用に「強い眠気」を持つセロクエルを飲むことで、何とか私の睡眠は確保されるようになりました…

ハルシオンの副作用である「夢遊症状」が夢遊病過食悪化させた

精神病の病名というのは、その時々で一番強く出ている症状で決まるので、状態によって病名が変わるという特徴があります。私の場合は1級の精神障害だった時は非定型精神病でしたが、その後、双極性障害になり、少しよくなってきた頃には適応障害というふう…

精神病(うつ病)が、なかなか治らない人は甲状腺機能を調べてみよう

■精神科で甲状腺の機能が低いことがわかった 今思えば、35歳くらいから急に髪の毛が大量に抜け始めましたことが、そのサインの始まりだったように思います。それまで剛毛で量も多かった髪の毛が急に老人のように薄くなり、さらには細くなってしまったので…

一級の精神障害から脱却した私の精神病治療の3本柱

私が思うに、精神病の治療は 1正しい投薬(その時、その時の患者さんの状態・病名に合った投薬。容量、時間を守った服薬。) 2休養(イヤなこと、余計なこと、今現在、神経をすり減らしていることを考えずに休養できる環境でしっかり休養すること) 3環境…

精神科闘病の自宅ケア*訪問看護と家事へルパー

私は、うつ病がひどいときに食事もとれず、血圧も上が50、下が30という時期がありました。立ち上がればすぐに倒れてしまうような状態で、通院自体ができない時期がありました。 当初住んでいた地方自治体では、精神病で外出が困難なな人のためにタクシー…

PMS(月経前症候群)の治療と、PMSに効く3大漢方薬

私は長い間、精神病闘病をしてきたのですが、30代から、女性特有のバイオリズムによっても、ずいぶん精神のバランスが崩れるように感じ、いろいろと調べていました。私に一番当てはまっていたのは月経前症候群という症状で、この症状を具体的に夫婦で知る…

エビリファイの無感動、無感情、感情障害を体験中

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp 私は統合失調症ではないのですが、現在、エビリファイを処方されています。エビリファイを処方され、飲み続けてしばらくすると、感情がとても希薄になってしまいました。よくいうと、感情に波がなくなり安定しているとも言え…

【精神病闘病記】睡眠障害克服のために寝る時間の調整

いま、また、少し寒くなってきたこともあり、すこし「うつ状態」ぽくなってきました。何もやる気が起きず、朝が起きれなくなってきています。 私の場合は、寒暖差、気圧、(もしかしたら月の引力なんかも?)などなど、自然現象にたいして体が敏感で、曇って…

ハルシオンの副作用としての摂食障害(過食症)

今回は精神病闘病者のための体験談です。主に投薬について体験談で長々と書いてしまいましたが、参考にしていただければ幸いです。 私の場合、季節の変わり目とうつ症状が連動していると思う - 女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還 blog.lala…

精神病に対する正しい知識(現場50年の看護師の話

私は10代後半から精神病についてすごくまじめに勉強しています。そして、日本の精神医療・心理学の進歩はものすごいスピードで進んでいます。精神科の看護師を50年以上やっているという70歳くらいの女性とお話できる機会があったのですが、「今は、精…

私の場合、季節の変わり目とうつ症状が連動していると思う

ここのところ、過食症と、体全体の虚脱感がヒドイです。精神疾患を患ったことの有る方、あるいはご家族が精神疾患を患ったことのおありのかたなら、お分かりかもしれませんが、目がトロ~ンと半開きの、あの精神疾患特有のうつっぽい顔つきになっています。…

うつ症状と摂食障害と「心細い時にうたう歌」

タテタカコ氏の「心細い時にうたう歌」をどなたかがカバーしたバージョンです。記事下にこの曲の入ったCDの広告を置いて起きますので、ご興味のある方はごらんになってください。ご本人が歌っているバージョンは迫力があって、すごいです。 さて、最近、私の…

【精神病】月に一度の精神科通院報告

先日、月に1回の精神病院の薬の処方に行ってきました。 私は心理面はこじれていないので、 大脳の治療のための投薬がメインの治療法です。 ですから、カウンセリングっぽいことは、ほぼなく、 薬の微調整だけのお話をして、 処方箋を書いてもらって終わりっ…

レディ・ガガで踊り狂う、今日の私

最近、うつがひどくて寝込んでました。 音楽を聞こうと努力したり、テレビを見ようと努力したり、 本を読もうと努力したりしたんだけど、 テレビは刺激が強すぎて見られませんでした。。 本はもっと集中力が必要なので、当然読めませんでした。 でも、寝込ん…

「死」を前に、お金など何の意味もない

過去に、一人暮らしで一人で勝手に死にかけていたと書いたが、 夫が、「死にかけるってどういうのー?」 と聞いてきたのでおしえてあげた。 具合が悪くて1週間、起きれないじゃん?一人暮らしで起きれないと、 ご飯を作れないし、買い物にも行けないじゃん…

私のブログの時系列について

私の、経歴や年齢についてご興味を持ってくださった方がいたようですが、 このブログは30代前半から現在まで、趣味でワードで書き散らかした文章や ブログにハマっていた頃の記事をはてなブログさんにお引っ越しさせているので 30代に書いた記事か40代…

私が、やや、大変だった頃の話

【健康と金のある人はだいたいこういうことを言う。】 貧困の問題じゃなく、原因は病気だと思うから病院いったほうがいいと思うよ。お金がなくても病院には行ける国だから。 病院は23年前から行ってます。 だから、ネットで活字を大量にかけるくらいまで回…