読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんの皮肉とメロドラマに満ちた遺言。

男にやしなってもらうなんて想像がつかなかった

恋話!絶賛切り売り中! 恋愛について考える

f:id:koenjilala:20150612171202j:plain

前回のお話は、男女は友達になれるのか?でどうぞ。


別れると決めて、最後の別れを告げる時、あるいは告げられた時、
私はいつもスッキリしていました。
「これで、よかったんだ。」と。

私が付き合った男性は心理的に大人でしたし、
別れる、別れないで、揉めさせるようなことはしない人でした。
今思えば、恋人としてはパーフェクトだったのだと思います。
男性側が心理的に適切な距離感で私に接してくれていたから
口げんかなんかも実際にはしていたのでしょうけど、
キレイに別れると、キレイな思い出しか残らないミラクル。

たぶん、汚い別れ方をすると、汚い思い出ばかりが残るんだと思う。
まあ、それは、納得です。
遠距離で、体が近くになかったので、くだらない話でケンカできるほど
電話代がなかったのが、現実でした。国際電話でしか話せない時代でしたから。

よくよく考えれば、どうしてこんなにうまくいっていたのかというと
私が男性に対して経済的に頼らない女だったからでしょう。
やはり、そこが一番大きかったのだと思います。

仕事でも妻でも、お金をもらう以上は全面降伏で絶対服従だと思っていたので
仕事では絶対服従できるけど、婚姻とかのあやふやな契約で
男に絶対服従するなんて、ゴメンだね!!と、思ってました。
ちなみに、これは、今でもそう思ってます。文句があるなら、別れましょう、と。

あとは、やきもちやきでなかったとか、あきらめがよかったとか。
男性不信だから、もともと男性に対して何の期待もしてないとか
そういうことが、男性たちを安心させていたのかもしれません。

あと、軽薄な恋は、お互いにフェイドアウトする別れ方だったから
男性と、ケンカをして別れたこともないんですよね。
軽薄な恋だから…

つづきは
かせげない女に結婚する資格はない、と思っていましたで、どうぞ。