女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんの皮肉とメロドラマに満ちた遺言。

化粧と髭剃りを一緒にしてくれるな!

前回、前前回の記事で、女性の電車での化粧について書いたら、女性の実情をしらない男性たちが結構釣れたのでおもしろかった。

 

「じゃあ、電車でひげそりをしていいのか?」

という意見が出るであろうことなど、想定できていた。絶対に出てくると思った。

その答えはすでに用意してある。

「あなたたちは、女性もひげそりをしていることすらご存知ないの?」

ということです。

 

男とは違って、女は鼻下やもみあげの下から、顔全体を剃って、

なおかつ、それからの化粧だということすら知らない男ってモテなさそー。

女は髭剃り、顔剃りまでしてなおかつ化粧までしなければいけないうえに、

職場が清潔感のために化粧ぐらいしろ!というくせに、

そのために使う時間や化粧品代は支給はしてくれない。

 

「清潔感」という制服を会社や社会が、男女を問わず「人間」に求めるのであれば、それに対してより多くのコストをかけなければならなくなるのは「女性側」だと思うが?どうなんだ?

 

男は女のストッキング代・化粧品代、美容院代の高価さを知っているか?その上で、職場で清潔感を保つために、時間と金を自腹で女性に負担させるか?という問題について提起しただけ。あと接客業や営業や、管理側の人間には清潔感は必要だが、内勤の下っ端の、ペラッペラの薄給の人間に、そこまでの清潔感を求めるのか?という謎もある。

 

文句があるなら、オメーら男が1年化粧してストッキング履いて、高いヒール履いて通勤してみろ!と思う。どれだけの時間的、金銭的、労力的コストがかかるか自分で実験してみろ!と思う。

 

「女なら化粧ぐらいしろよ。みっともない。」という圧力があり、

「女なら白髪ぐらい染めろよ。みっともない。」という圧力がある。

「太ってるのは自己管理が足りないからだ。」という圧力があったり、

「健康じゃないのは自己管理が足りないから。」という圧力もある。

 

天涯孤独で4畳半のアパートで10万円の給料+掛け持ちバイトで暮らしていた私が、朝早くから、夜遅くまで働いて、帰ったら洗濯(洗濯機追撃がしつこいのでコインランドリーに行っていたと書く。貧乏人が家に洗濯機を置けるわけ無いだろ?)・掃除(ほうき・ちりとり・雑巾)をして、深夜2時3時に、ちょっとだけ横になろうと思ったら寝てしまって、「ああああ、風呂に入れなかったから髪の毛がベタベタだけど会社にいかなきゃーーー。」と、出勤することが、そんなに見苦しいことですかね?そういう、薄汚い格好で家計の事務処理をするために銀行にいくのはダメですかね?そういう流れで、電車で化粧をしちゃだめですかね?

 

あまりの生活苦で「過食症」になれば「太っているのはだらしないからだ。」と言われ、「拒食症」になれば「痩せ過ぎは体によくないよ?」と言われる。これは、男女共にそうだ。男性で肥満体型の人も私からすれば、優しすぎてストレス解消方法を食に向けた結果で太っている人も多いと感じている。太りたくない人はタバコにストレスを逃がす。お酒、ギャンブルの場合もある。ストレス発散の方法が「食」に向かった人は「体型」という形で他者に見えてしまうので、偏見の目にさらされやすいという現実がある。

 

仕事も雑で、身なりも雑な人間のことをとやかく言うつもりはない。その人の性分なのか、多少の知的障害発達障害や、精神障害が入っているひとかもしれないし、そこらへんは推測の域に入るので言及するつもりはない。だが、私は仕事は一所懸命やっとったから、身なりくらいは多めに見てくれというくらいのことは言える立場だったと思う。目に余るようなら、上司から注意を受けたはずだが、目に余るほど不潔にしていなかったから、その点に関して怒られたことはなかった。さらに会社側に対して「10万円ぽっちでコイツが頑張ってくれてるから、優しくしてあげなきゃ。」という気持ちがあるのが感じられたから、私もガンバれたという事実もあった。

 

化粧を強いられたこともなく、ヒールを強制される職場に出会ったこともない男どもに、この悔しい気持ちは分かるまい。電車内で化粧をしようが、ひげそりをしようが好奇の目で見られたり、イヤな目で見られることなんぞ承知でやらざるを得ない時もあるかもね。やるかやらないかは自己責任ではあるが、だからといって、相手のやっていることが100%「悪」である、という主張がまかり通るとは思えない。「行儀」とか「マナー」ばかりを気にできる人は、時間的、金銭的に余裕のある人なので、自分が恵まれているということに感謝するべきだと思う。

 

そして私は化粧をしなくていい職場でしか働かなくなったし、白髪を染めなくても好きだという男としか関わらくなったというオチです。ムキになって反論してくる人は、自分に何か心当たりがあるんだろなー、と思っているのもオチの一つ。自己矛盾もさらけだしてブログを書いている私はバカです。とうの昔に気づいとる。

 

blog.lalamiamor.net