読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんの皮肉とメロドラマに満ちた遺言。

化粧観について書けと言われたので書いてみる

私は20代後半で化粧を一切しなくなったので、

化粧観というものがないのです。

 

派手なメイクをしている人もいれば、

可愛らしいメイクをしている人もいて、

正直、人のことなんて、なんでもいいし、どっちでもいい。

 

ただ、30代以上で派手なセクシー系の化粧をしたり、

かわいい媚びる系のメイク(某政治家女性)をしただけで

冷やかされて、面白がられるというのは、やはり女に対して

何かしらの偏見がそこに存在するからだと思っています。

 

特に、某政治家女性は「自分のメイクの変貌がマスコミの煽動にいい影響を及ぼす。」

と、ある時から、吹っ切ってメイクの微調整を始めたように見えました。

 

メイクが私にとって何なのか?と聞かれれば、女の「武器」であると思ってます。

私の場合は自分の志気を高めたい時は少し高級そうな洋服をきて、

かなり濃い化粧で出かけて、戦闘開始します。

 

逆に言えば、戦闘する必要がないときに化粧をするということはありません。

そして、電車の中で化粧をしたことはありません(笑)

あんな揺れ動くとこで化粧できるほど、器用じゃないのよ(笑)

 

私にとって化粧は、単純に社会の中で戦闘しなければならない時の

武装というか防具みたいなもので、戦闘の必要のないときには

まったく必要のないものなのです。

 

男性のネクタイに近い感覚なのかな?と思います。

 

高円寺ららぁ