読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんの皮肉とメロドラマに満ちた遺言。

私は、弱者、とくに児童福祉の応援がしたい。

つづきはこちら

 

私も大切な時期に賢くて優しい大人達に出会ったことで 道を踏み外さずにすみました。 親が力尽きてしまった家庭の子供は希望を見失います。 線香のような小さな光でいい。 もし、少しでもあなたに生きる力があまっていたら、 あなたが出来る範囲でかまわない。 「希望」という名の小さな明かりを灯してほしい。 その小さな光の数々が、きっと子供達の道しるべなるでしょう。(かつて私が、見知らぬ人たちが照らす明るい道を 不安と希望を抱きながら前に進んだように。 (と、今日はポエムチックに導入してみる・笑  いや、映像の音楽聴いてるとヒロイン気分になってくるんです。ほんとに。)

 

私の生まれ育った家庭はメチャクチャでした。 小学生のとき、冬でも靴下を履いて学校に行くことができませんでした。 そんな子は学年に1人もいないくらいの豊かな時代でした。 とある学芸会の日の朝、知らないおばさんが「よかったら、これ履いて^^」と 暖かそうな靴下をくれました。

 

おそらく同級生の子が「ウチのクラスに、靴下を履いてこない子がいる。」と 母親に話したのでしょう。 ずっとは無理だけど、せめて学芸会の日くらいは暖かい靴下を履かせてやりたい、 その女性はそう思ってくれたのでしょう。 私は、子供なので何も分からず、その靴下を受け取りました。 もしかしたら、お礼も言わず受け取ったかもしれません。

 

高校時代、昼ごはんを学校に持っていくことができず、 それを同級生に知られるのが恥ずかしくて、毎日、 昼時になると校舎の裏の非常階段に座っていました。 それを見つけた担任教師が(その時の担任は20代の独身男性で お母様の手作り弁当持参で学校に来ていました。)、それ以降、 週に何回か自分の分と私の分の2つの弁当をお母様に作ってもらって、 学校に持って来るようになりました。(もちろん他の生徒には内緒で)

 

私が不登校になっても、自宅に電話してきて 「今日もお袋が2つ弁当作ってくれたから、学校に食べに来い。」と 電話をしてきてくれました。それでも私は学校に行ったり行かなかったり。 心を病んでる思春期の子供なんて、そんなもんです。 でも、私の担任はそれくらいで心が折れるような弱い人ではありませんでした。 私を国立大学の推薦枠にねじ込み、国立に落ちた時のことも考えて 働きながら通える短大まで探しておいてくれました。

 

結果、私はその国立大学に合格しました。 私の家がメチャクチャなことは近所の人も、 同級生も、学校の先生も、みんな知っていたので、 係わり合いになりたくないと距離を置く人たちも多かった中、 「優しさ」や「希望」を分け与えてくれる人が何人かいました。 世の中には「優しい人」や「賢い人」もいるんだ… と、その後ろ姿で教えてくれる人たちがいました。 誰かからもらった小さな思いやりを、 誰かに返していけるような人生にしてゆきたい。

 

自分の死を意識するような歳になってくると、 そういうことを考え始めるものなんでしょうね。 そう思いはじめてから随分たつのですが、実際は、 「金策」や「老化のスピード」と戦うことで精一杯な毎日。 でも、私は生きる力があまっているほうだと信じて 少しでも、できることを…と思いながらも たいしたことができてない日々です。

 

私は母親は幼稚園のころ離婚していなくなったし、父親は私が18か19歳の頃に死にましたので、金もなければ実家もなければ、家族もいない。ボランティアにいく体力もなければ、永続的に児童福祉に寄付をすることもできない。

 

先日、興味がありすぎて、「埼玉県里親会」や「児童相談所」カルテットの方たちをお話できる場に出向いた。「里親会総会」というやつだ。

 

さいたま市児童相談所はものすごくいい仕事をしていて、「埼玉県里親会」は、里親委託率を全国でもダントツの勢いで伸ばしている。全国の里親会から見れば「快進撃」と言ってもよいくらいの委託率の伸びです。だけど、予算が異常に少ない。これっぽっちの金額で増え続ける里親さんたちのケアをまともにできるだけの人材や人員が確保できるのか?という謎があって、

 

「予算が足りなさすぎるでしょ!委託率が増えているのに寄付もつのらず、この予算でやり続けるのか?」

という当たり前の質問をした。

「寄付をつのれ!」

という当たり前の質問を。

「寄付をつのるなんて(申し訳なくて)できない。」

と言われたので

「金を出したい人もいると思うし、ネットのウィキペディアの上のほうにも、『ウィキペディアでは寄付を募集しています』と書いてあります。正当な金額の予算を得るために、ホームページや里親さんたちに寄付を求めるのはなにも、恥ずかしいことではないし、謙虚になる必要もない。」と、強い口調で言ってしまった。

 

彼らは、ひとしきり答弁を終えたあと、マイクを持ったまま「ありがとうございます。」と言ってくれた。あれだけ興奮して「寄付をつのれ!寄付をつのれ!」と詰め寄った私に対してです。彼らが自ら、寄付をつのるとは思えない。奴らはサムライだから、日本魂だから、私を責めもしなければ、寄付も募らないだろう。刀を振り回す日本魂たちは人様に、「福祉にちょっとだけでいいからお金を恵んでーー。」みたいな、場末のスナックのママみたいなことはできないし、言わない。

 

 みっともないと思っているんだろうし、役所は急に今までのやり方を変えられないことくらい、アホの私でも知っている。ケンカを周囲のオーディエンスに見せるとこで、オーディエンスに何かを感じて、考えてもらいたいという気持ちがあるので、私にとっては公衆の面前でケンカをすることは義務であるとさえ感じられている。

 

私のブログに、何の役にも立たない、冷やかしコメントを入れて

楽しんでいる人達に言おう。

児童養護施設一般社団法人 埼玉県里親会

浦和福祉会 カルテット

寄付をしてほしい。永続的に。1年に1000円でもいい、

体を動かして児童養護施設にボランティアに行ってもいいが、

4~5年毎週通える人以外はあまり関わらないで欲しい、

一緒に遊んでくれる楽しい大人たちが急に遊びに来てくれなくなった時の

子供の傷つき方は普通ではない。行ったり行かなかったりすると

子供を振り回した上に「振り回されたうえに、捨てられた。」と

感じさせるだけ。どうせ体を動かす気はない中流ボケの人達なんだろうから、

せめて1年に一回くらいは1~5万円程度の寄付を児童福祉にたいしてしてほしい。

物を寄付するのはやめてください。迷惑です。

置く場所もないし、重なったら困るし、必要のない物ほど迷惑なものははい。

ボランティアとは金と肉体と時間です。

 

自分の金、肉体、時間福祉のために使う気のない人に、私のブログを読む資格はない。

 

そして、ネットで物を調べるだけで、現場にいって、誰が、何をどんなふうにやっているのかを見ない人は絶対に真実を知ることはできない。ので、インターネットのコメント欄で重箱の隅をつつくようなアホなことを書いて、バカになること間違いないし。とりあえずお外にでて、世の中の(特に福祉)の人達がこれじゃあ飯がくえないよ?というような薄給で、正社員で働いている「現場」をみて、自分に何ができるか考えて欲しい。

 

ボランティアにいけばすぐに見れるよ?

行かないのは面倒だからでしょ?時間を作りもせず、時間がなーいとか

言い訳ができるからでしょ?

一生、頭の中で空回りしといてください。

さて、朝ごはん作ろっと。

 

■自分が裕福で申し訳ないと思ったら、

コチラに寄付でもして、罪悪感をまぎらわせてください。

  ↓   ↓   ↓

浦和福祉会 カルテット

一般社団法人 埼玉県里親会