女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんの皮肉とメロドラマに満ちた遺言。

学問も、研究も金にならないのが前提

この記事のブックマークのコメントが面白すぎて、読みいってしまいました。

 

私個人の見解からすると、最近は就職用専門学校的な大学が増えていて、

生き方、考え方、お金の稼ぎ方を教える大学が増えていると思う。

理系もまあ、中途半端な知識しか持っていない子が卒業してしまうのも

もう、現代日本の大卒あるある。

それは大学の本来のあるべき姿ではない、というのはまあ妥当。

もともと、学問なんてすぐすぐ生活の役に立つものではないんだろうし、

役に立つことがあったとしても20~30年先なんじゃないのかな。

結果が出るのはものすごい未来のことじゃないのかな。。。と思う。

日本人でノーベル賞をもらった小柴さんなんかも、物理だっけ?

あの人なんか人間の生活になんか、直接、関係ないことを研究しちゃった。

 

私と同等の生活レベルの庶民が、

「庶民には何にも関係ないから、あんな研究はお金の無駄遣いだから、やらなくて良かったんじゃネ?」

と、思うのは当然かもしれない。

 

LEDみたいな実生活にしか役に立たん研究しか、しちゃダメ!!!って

庶民に言われちゃったら、研究者はお亡くなりになってください!ってことか?とも思う。

 

青色LEDの裁判の時に、もう、利権の消耗戦をやってないで、研究すりゃいいのに、って思ってた。でも金がなくて出来なかったんだとも思えた。だからアメリカに行っちゃった。優秀な人材はアメリカに取られちゃうのも、日本の大卒(研究職)あるある。

 

大学生の頃の友人、知人のその後談を聞くときに、

各分野でムキになって勉強していた人は、やはり、経済活動、

もっと言えば、経済戦争に参加することもできず

もがき苦しんでいるという話を耳にすることもある。

 

あるいは、ファーストフードの店長として、

嫁と子供のために体を壊しながら、物理学同好会をつくって

それは、それで楽しむというやり方の人もいると聞いたこともある。

 

まれに、大学教授の席を獲得したらしいって人もいるは、いる。

話に聞くところによるとね。

 

サラリーマンになったり、フリーターになったり、色々。

ニート・ひきこもりになった人もいたっぽいけど、

だいたいそういう人は、消息不明になる。

 

仕事は不真面目に、趣味は本気でやれ!という人もいれば、

仕事に全ての情熱とエネルギーを注げ!という人もいる。

 

フェミニズム的に言えば、

専業主婦に全力を注げ!!!という人はたくさんいるが

専業主夫に全力を注げ!!!という人は、まだまだ足りないと思う。

 

また、話が脱線しているが

学問をするための大学」と「就職用専門学校としての大学」が

一緒くたにされている昨今の、大学の定義は難しい。

 

「大学」というものと「就職専門学校としての短大、大学」の呼称を

分かりやすい形で決めてしまって、それを普及させることが望ましいと思えました。

そして、それを庶民に対して啓蒙活動することが「急がばまわれ」的で一番の現実的な方法なのかな?と思えます。

 

人文科学が必要か必要でないか、とか、大学においてどのくらいの学生数や教員数をさくかは微妙すぎて、私にはちょっと、言及できない。庶民なので…( ̄▽+ ̄*)

 

文系卒業者の妥協点は、出版業界、学校(短大・私大教授含む)の先生、塾講師とか、あと何なんだろ?法律とか経営の実践的なことは、もう専門学校にまかせちゃえば?と、テキトーなことを考えてしまう私は庶民。せっかく夢をあきらめたなら、振りきって、ファーストフードの店長とかのほうが案外、気持ち的にはらくなのかもしれないと思ったりして。。。