女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんの皮肉とメロドラマに満ちた遺言。

飯島愛さんへのオマージュ

■無理でした…

 このブログ、もっとマイルドな「精神病やひきこもりを理解してね-☆」みたいな、 無難な「大人の女性」的なきどったブログにする予定だったんです。 「日常のきれいなとこだけ」を切り貼りした写真や文章でね。 無難すぎて、面白くなくて飽きるられちゃうのは分かってたけど メンタルが弱いんで、クレームのこないようなブログにしたかったんです。 でも、もう無理。隠しきれない心の闇と、毒と、戦闘能力の高さがもれちゃうんですね(笑) このブログ、完全に路線ブレブレじゃネ?的なこと思っている人への言い訳です。でも、無難な記事もたまには書くよ。的なブログになりそうなんですけどね。 何もかも中途半端な感じですみません。ほんとに。人間が中途半端なもんでね。


飯島愛さんがのりうつってきてる的な?

 「私的には~」という言葉ってね、飯島愛さんが生んだ言葉なんですけど 私、最近これを多用するんですね。なので、もう死ぬのかと… いや、それは冗談なんですが(まだ死なないと思ってるので大丈夫。) ご存命でいらしたら、50歳代? 生きていてくれたら 世の中がもっといい方向に向いたんじゃないか、と思えるくらいの人物でした。

 

飯島愛さんが死んだとき 「うわっ!これ他人事じゃないわ!」 私が死んだら、葬式代、遺品処分代、貯金がどこにいくのか?的なこと、どうするんだ? と思っちゃったわけです。 孤独死は役所でお葬式を出せるんですけど、友達の寄付がいるんですね。 やはり、人(葬儀屋)が動きますからね多少は。 数十万は必要になってくるんです。

 

いくら私が葬式はいらないと普段から 言っていても、なんか友達が有志でやってくれそうな感があったんでね。 遺品処分も、ワンルームでも最低ラインで10万円くらいは かかるんじゃないかな。大家さんか友達かが負担することになりますよね。 というか、実際一人暮らししてた隣の隣がの部屋で「孤独死」が出て 大家さんが掃除してたわ。そういえば…思い出した。


■お金は誰に残す?

 私の父親は親戚一同から縁を切られてた上に、もう死んでましたから、 父方の親戚の連絡先とか知りませんし 母方の親戚も、会ったことがあるっていう程度で連絡先なんか知りません。 あ、ちなみに母親ももう死んでます。 そういう親戚たちに、私が「馬車馬のように働いて、ギスギスした生活を 我慢して貯めたお金」が、ちょっとでもいくのがいやだったんですね。 お世話になった友人たちに残したいと思ってたんです。 だから、お世話になった友達にお金がいくように遺言を書かなければと 思ってたんですが、心身ともにやんでいたので弁護士さんのところに 「遺書を作ってください。」って、なかなか連絡できなかったんです。


■元気だと感謝の気持ちを忘れちゃうんだな的なこと

そんなこんなしてるうちに、少し元気になってきちゃってね。ええ。 大切なことって忘れがちなんですよね。ちょっとでも健康だと。 座っていられる自分に感動、立っていられる自分に感動、 歩ける自分に感動、外に出られる自分に感動。 こういう気持ちは忘れちゃいけませんね。ええ。