女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんの皮肉とメロドラマに満ちた遺言。

あの小さな木に登ってみよう。

f:id:koenjilala:20150715180511g:plain

 

物事には順序というものがあります。

あの高い山に登りたいのなら、

まずは、最初に、この小さな木のてっぺんまで登ってみよう!!

 

てっぺんまで登れないかもしれません。

 登れたとしても、思っていたのよりはるかに長い時間を要するかも知れません。

次の日には、ひどい筋肉痛になってしまい2,3日まともに歩けないかもしれません。

 

小さな挫折をし、そして、人は今現在の自分の実力を知り、

たった、これっぽっちのこともできない自分、

たったこれっぽっちのことにこんなに苦戦している自分

そんな自分を乗り越えようと努力します。

たった、それっぽっちのことでさえも

自分とっては大きなプレッシャーになってしましったり、

自分は才能がないんじゃないかと、がっかりしてしまったりします。

 

 高すぎる目標を持つことは、失敗する準備をしているんだという人もいます。

小さな目標を少しずつクリアして、ちょっとずつ自分に自信をつけていく、

それが成功への一番の近道なのではないでしょうか?

 

小さな木のてっぺんにさえも登れない人が、富士山に登れるはずもありません。

当然、大きな挫折感を味わうでしょう。無理をしたら高山病で死んでしまいます。

心の準備も体の準備も整わないうちに高い場所を見つめて、あせってしまうのは、

とっても苦しいことでしょう。

 


小さな木のてっぺんまで登ることができたら、それを素直に喜べる人、

そしたら、次はあの小さな丘に登ってみよう、

それができたら、あの小さな山に登ってみよう、

自信は、すこしずつ、ついていくもの。。。

そして、気づく。やっと、富士山に登れそうだなぁ。

もしかしたら、それまでに2年かかるかもしれない、

5年かかるかもしれない。。。



たまたま、大きく良い結果がでたことにしがみつく人は

落ちて行く人・・・



小さな成功を積み重ねる人が、大きな成功をつかむ人



趣味でピアノを習い始めても、

一流ピアニストの一流の演奏をイメージしながら習う人は

今の自分と一流ピアニストの演奏のイメージが違いすぎてがっかりして、

すぐ止めてしまう。

 

ドレミファソラシドもきれいに弾けない自分がいやだと

止めてしまう人も、きっといるでしょう。

生まれて始めて片手で、ドレミファソラシドと、

きれいに弾けるようになったことを

素直に喜べる人は、きっと、それなりのレベルになっていく。。


成功と実力を手にする人は努力もしているけれど、

今、自分のやっていることを楽しんでいるのではないかと思うの。

少しずつ良くなっていく自分を、

少しずつ好きになっていってるんだとおもうの。

 

だから、わざわざ取り組めないほど、乗り越えられないほど高い目標を立てず

ちょっと頑張ればできそうかも。。と思える目標を少しずつ超えてゆこう。