女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんの皮肉とメロドラマに満ちた遺言。

自分に限界を作らない

f:id:koenjilala:20150723110549j:plain

私は、デブでイカれたおばはんな上に変人ですが、

何歳になっても若者のような夢を持ち続けることができる

という特技があると信じています。


パトリス・ルコント監督の「髪結いの亭主」という映画を

ご覧になったことがおありでしょうか?

 

私は、その冒頭で流される

「願えば何でも叶う。叶わないのは、その願い方が小さいからだ。」

というセリフがあるのですが、私はそのせりふが大好きなんですね。

 

私自身は昭和のドド貧乏な家出身だった上に

中途半端な田舎出身なものだから、女が4年制大学に行くなんて

生意気な女になって、嫁のもらい手がいなくなるからダメ!みたいな常識が

まかり通っている血筋だったんですね。時代的にも、まだそういう時代背景でした。

何よりも「ウチは貧乏なんだから中卒で就職して、親を食わせろ!」的なことを

言われてましたから。私をATMに育てる気か?と思うのは当たり前だし、

家族を愛せないのも当たり前。もう両親とも死んだから愛す、も、愛さないもないけどね。

 

それでも、親に内緒で大学を受験して

引越し先の住所を親に教えずに引っ越して、連絡先も電話番号も教えず、

自分で働きながら大学に行ったくらい、やりたいことがあったら

完全ごり押しで、力任せに、やりきっちゃうタイプなんですね。

 

そりゃー、18、19じゃ社会常識なんか知るわけがないし、

親と縁を切っちゃったから親に教えてもらえるわけでもないし、

それどころか親に社会常識がなかったから教わりようもありませんでした。

 

私は働きながら大学に行っていて、そんな学生は少ない時代だったから

「勤労学生」ということで控除も受けていたし(今もあるはず)、

何よりも周囲の大人が私のことをかわいそうがって、色々教えてくれたんです。

そこらへんから、私の人生がものすごい角度で方向転換しはじめたんですね。

 

私が18,19の頃に、右も左も礼儀作法社会常識も何も知らなかった私に

それらを教えるなんて、サルに算数を教えるくらい大変だったと思う。

だけど、

自分自身を知りたい!とか

自分自身を変えたい!とか

自分自身を高めたい!とか

知的好奇心を満たしたい!なんていう、

そういう欲望が尋常ではなかった私は、周囲を巻き込みながら、

周囲に迷惑をかけながら、それを口先では申し訳ないといいながら

自分のわがままを通し、やりたいことをやってきたし、

やらせてもらってきた。

 

実は私は、6年前に「管理栄養士」を目指すべく

短大を受験して合格していました。(さすがに4年制の大学に行くお金はないので、

栄養士→実務経験→管理栄養士をめざしていました。)

 合格した直後に同居人が失業した&病んでしまって、

同居人を養わざるを得なくなり辞退したのですが。 

 

あれから6年が過ぎ、同居人が夫になり、

その夫が自分の食うぶんくらいは、かせげるようになり、

逆に、私が自分の食うぶんをかせげなくなったという

逆転状態になっちゃいました。精神病悪化とか更年期障害とか

とにかく、原因が特定できない体調不良によって、寝込むことが増えちゃったの。

 

でも、がっかりしている暇はありません。

 

何回も書いていますが、人生は

よくしても体をてきぱき動かせるのは80歳くらいまで

 

もうすぐ50歳のおばはんに「たいしたことができるものか!」と感じるか、

「まだまだ50歳にもなっていないのだから何でもできる!」と感じるかで、

 その人の人生が明るいものになるかどうかが決まるような気がします。


夢をみて死に物狂いで努力して、

どうにもこうにもならないくらいに挫折したら、

次の夢を見つけて邁進する、それが夢にあふれて幸せに暮らす方法だと

私は信じているのです。

 

そして、死に物狂いにやって、良い結果や、面白い結果が出たこと、

死に物狂いにやったけど自分の思っていたような結果が出せなくて

死にたいくらい悲しく、悔しい思いをしたこと、

その両方の体験を持っている人ほど、

心が強く、豊かに、優しくなるような気がするのです。



管理栄養士なんて

別に40歳過ぎても50歳になってからでも

勉強さえすれば取れる資格ですし

 とりあえずは、お金を作りつつ、色んな勉強をしているところです。



もう、おばさんだから、私勉強嫌いだし…なんて、

できない理由を考える人は、

ほんとうにそのことをやりたいと思っていない人だと思います。



そういう私も、いつまでも未練がましく

入学許可証を手元に持っていた時期がありました。

そして、同居人が精神的に落ち着くまでは、

同居人の飯くらい「私が食わせる!」と、割り切って、

覚悟を決めて、受け入れを許可してくださった短大に

丁重に入学辞退を申しいれました。

 

私はもともと、女性の摂食障害にかかわる何かしらの施設を

NPOで立ち上げたいという夢を持っていたんです。

だから、箔をつけるために管理栄養士の資格がほしかったのです。

 

だけど摂食障害になるような女性たちは、

そもそも幼少期の養育環境が大きな要因がある、

というふうににしか思えなくなったので、

児童福祉に興味を持つようになったんですよね。

 

それで、児童福祉にに関わってみると、

摂食障害になった人を治すより、摂食障害にさせない教育のほうが

てっとりばやい気がしてきちゃったんですよねー。

 

また、話が脱線して来ましたが、児童福祉に関わって社会に貢献するか

摂食障害の自助団体を作って社会に貢献するか、っていう夢を

捨てられないっていうお話でしたーー☆あーん、また迷走したーー!

 

夢なんて、50歳でも60歳でもかなえようと思ったらかなえられるはず!

そういう50代60代を知ってるし、自分にできない気がしない、

っていう私は、そーとーな楽観主義者だと思う。

これまでの地獄は下積みで修行だっただけ、って思えるの。

 

正直、年を取れば取るほど、社会貢献をしたい!っていう夢に限っては

どんどん叶えやすくなるような気がするんですけど、どうなんでしょうね?

かくして、行き当たりばったりな人生は続くのでしたー。

人生は自分の妄想どおりには進まないというお話になっちゃったなー。

ま、いいか (・∀・)