読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんの皮肉とメロドラマに満ちた遺言。

【5】寛容な老人が圧倒的に足りない

聞いて!聞いてっ!今ね、気づいちゃったから書くね。

ネットの社会ってね、老人の寛容さがないんです。

若者のいらだちや、頑固な中年~更年期の怒りばかりが目立って。

 

そりゃそうですよね、


本物の老人はブログなんか書けないし、

ブログの存在すら知りませんから。


インターネットとかネットという言葉すら知らなくて、

「私はパソコンは分からないんですよ~。」みたいな人が多いんです。

これじゃあ、許す立場がわの人が、圧倒的に少ないんですよ。

いらだっている若者を許したり、育てたりするがわの大人や老人が

圧倒的に足りてないんですよ!ネットの社会は。


子供や若者って、(優しくて賢い)大人や老人に

「ダメなことはダメ!」って怒られて、

なんで、それをやっちゃだめなのかを

教えてもらって、その時は分からなくても、いつかは分かって、

心を入れ替える、というい経験を

何度も何度もしないと成長できないんですね。


ネット社会は、その機会が、

結構少ないのではないかと思えてきたんです。

「なぞは解けた!」的な。

「金田一少年の事件簿」的な爽快感です。はい。

 

ただ、これもね~。怒られる→反省する→考えを変える

を繰り返さないといけないから、

やっぱりネットの社会では無理なのかしら。。

と、思えて来たりしてね。

(遮断・ログアウト・サイト作り変え・ができちゃうから。)


■みんな自分自身をみつめなおそうよ

子供や若い人は、

「心」の20~30%は大人(老人)を責めていいよ。

だって、悪い大人も、ずるい大人も、

ひきょうな大人もいるからね。


だけど、全部を、大人ののせいにはしないでほしいのね。

 

だって、大人(老人)は大人(老人)なりに、

ちゃんと自分を見つめなおして反省して苦しんでいるんだから…

そういう大人もいるからね。100%は責めないでほしいのね。

大人(老人)側から意見を言わせてもらえるならね…

 

■強引にまとめ

私が思うに、ネットで怒る人は現実(リアル)社会で、

本当に「怒りを感じている相手」に対して、

怒れていないんじゃないかと思うんです。


気が弱いとか、しがらみとか、力関係が違いすぎるとか、いろいろでね。

「でも、それが社会だから。」と言い切るのは

ちょっと若い人には残酷なんじゃないかとは思いますね。ええ。

この人さえいなければ、うまくいくのに…的な権力者っていますからね。

どうなんだろ?本当のところは?

 

【まあ一曲どうぞ】The Rose 歌:ペッド・ミドラー