読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんの皮肉とメロドラマに満ちた遺言。

ネットゲームの女友達は今でも好きだ

ネット社会について考える

 この記事は、とあるブロガーさんがネットゲームで知り合った友達との別れがつらいと嘆いていらっしゃる時に、その方を奮起させるために書いた記事です。ネット社会で励まし合い、支え合うことも大切ですが、リアル社会での生活とのバランを保つことも大切ですね。

 

f:id:koenjilala:20150619090033j:plain

 

 5年間か8間年か、もうろくしてしまって忘れてしまったが、何年間か、ネットゲームに夢中になった。 ネットゲームは、深夜2時3時のバーに似ている。みんな素性を明かさず、酔っぱらった勢いで、自分が悩み苦しんでいることをしゃべるのが深夜のバー。 みんな素性を明かさず、ゲームで一緒に戦った勢いで 自分が悩み苦しんでいることをしゃべるのがネットゲーム。ほぼ同じ。

 

 でも、深夜のバーのほうが、よりえげつない話を聞けるのは確か。 ネットゲームでとても仲の良かった女性がいた。いろんな悩み事をしゃべった。先方も私にしか言えない秘密をしゃべった。 楽しかった。とても。

 

 彼女がいたから そのゲームに夢中になったのかもしれない。そして、お互いにそのゲームをやめて、10年近くが過ぎた。どこの誰だかわからないけど、今でも彼女がすきだ。でも、彼女も私もお互いに身元は明かさなかった。彼女は私には連絡先を教えなかったが、ある男性キャラと恋におち、連絡先を交換した。そして、その男性キャラとリアル社会で結婚した。

 

 その男性は収入が多くなかったので、彼女も働き始めて、 二人で家も建てた。その男性のお母さんと3人で住む家を。その男性のお母さんを看取る覚悟で建てた家らしかった。 彼女はその男性を上回る金額を稼げるくらいの技能を持っていた。

 

 私は信用されなくて、連絡先を交換してもらえなくて、リアルでの友達にはなってもらえなかった。でも、その男性キャラは信用されて、連絡先を交換してもらえて、 結婚までしてもらった。正直、その男性に嫉妬している(笑) ちなみに私は、その男性キャラには信用されたので 彼の本名と電話番号とメールアドレスは知っている。住んでる町も知ってる。

 

 だから、彼女にどうしても連絡を取りたければ、旦那にメールか電話をすればいい。 だけど、しない。彼らはゲームを卒業して、ゲームの世界ではなく リアルの社会で助け合えるようになったのだから これほどめでたいことはない。

 

 だし、彼らがリアルで結婚したことを知っているは ゲーム内で、今でも私一人だ。彼らは私以外の誰にも リアルで結婚したことも、家を建てたこともしゃべっていない。私もネットゲームで知り合ったうっかりした男と結婚した。

 

 そして、もうゲームをやらなくなった。そのことも、ゲーム内では 彼ら夫婦しか知らない。秘密をにぎりあったまま、黙って去るのも面白い。ネットの世界や、深夜のバーに一時的に通いつめたおかげで 苦しんでるのは私だけじゃないんだと納得できた。だから、 友人や医師や福祉の人たちが、どれだけ私のために動いてくれていたかに 気づくことができるくらい元気になった。

 

 ゲームとバーに救われたのは確かだ。でも、救われたら、自然とゲームもしなくなって、バーにも行かなくなった。

 

 表の顔と、裏の顔をきれいに使い分けられる器用でかしこい人ほど ネットの世界にずっといて、リアル社会で助けを求めない。もしかしたら、そういう人たちを不器用というのかもしれない。もしかしたら、そういう人たちを優しくて謙虚な人だというのかもしれない。きっとリアル社会で「裏切られた」と感じたことが多かったのだろう。

 

 でも、切羽詰まる前に、どんなにみっともなくても、 お願いだから助けてくださいと言ったほうがいい。そういう人こそが、助けられるべき人たちだから。

 

 娯楽としてゲームをたしなむぶんは、非常に良いと思う。そんな人はリア充で、そもそもゲームにたいした感情移入はしてないから、ゲーム内で人と親密な人間関係を作ったりしない。

 

 大好きだった女キャラも、私も 「私のことを本当に好きなら、私とリアルで関わって。」と、一番信用できる男に助けを求めた。そしたら、その男たちは リアル社会で「結婚」という形で、実は、か弱い(?)私と その女キャラを今でも献身的に助け、守り続けてくれている。

 

 もしかしたら、かせげない、うっかりした優しい男を手に入れた、 私たち二人はものすごく器用だったのかもしれない。もう一度言う。私は今でも彼女が好きだ。大好きだ。 でも、お互いに身元を明かさなかった時点で本当の友達ではない。

 

 お互いに生身の体でぶつかり合おうと思わなかった時点で 本当の友達とは言えないと、彼女も私も、そう思っている。 人生のほんの5年10年の間をすれ違った軽い女友達。 でも、一生の思い出のひとつとなっている。それでいいのだ。 これ、本当の話です。