読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんの皮肉とメロドラマに満ちた遺言。

私の場合、季節の変わり目とうつ症状が連動していると思う

精神病闘病記

 ここのところ、過食症と、体全体の虚脱感がヒドイです。精神疾患を患ったことの有る方、あるいはご家族が精神疾患を患ったことのおありのかたなら、お分かりかもしれませんが、目がトロ~ンと半開きの、あの精神疾患特有のうつっぽい顔つきになっています。私自信の場合は、秋口、真冬、春先に調子を崩しやすと感じています。ここ5~6年ほど、真面目に自分の調子データを思い返した時に、そんな気がします。

 

 逆に、躁状態だと、目がギラギラして興奮して眠れなくなってしまうんですけどね。少し前まで、千切りにしたキャベツをまな板ごと落っことしてしまったり、作ったチャーハンをフライパンごと落っことしてしまったりと、注意力が足らなさすぎて、色んな失敗を連発してしまって、ちょっと、落ち込んでいました。

 

 食べ物を捨てるのって、「もったいない」が主流だった昭和の私にとっては、結構なダメージである上に、経済的な意味の損失も考えると、「ああ。。。」って、がっかりしてしまう気持ちって、分かってもらえるかな。。

 

 このブログは、比較的に心身が健全な状態(だと思いたい)の時に、私と同じように、精神病と共存してゆこうとしている方たちのために、自分の症状や、状態を発信していくつもりだったのですが、実際には、本当に精神病の具合が悪い時って、パソコンを開くことすらできないんですよね。

 

 文章を練ることも、書くこともできないし、起き上がれない、食べられないって言う状態だから、ホントにうつのどん底の時って、その状態を発信できないんですよね。一番悪い状態だったときのことを書いて、それと比較して、今はここまで持ち直しましたよーって書きたいと思っているのに、比較的よい状態の時に書いてしまうから「この人、本当にうつなのかな?」とか「うつなのに、この人は頑張って書いてるのに、自分ときたら…」とか、思わないでほしいなーって、思います。

 

元気なときって、最悪だった時のことを覚えてないんですよね。気持ちが少し、前向きな状態になるから、終わってしまったことを思い出そうとしないのかもしれない。

 

だけど、いま、どん底だと感じていて、それに罪悪感を感じている精神疾患の方がいらっしゃったら、精神病は、良い精神病院に数年間かかれば、目に見える早さではないかもしれないけれど、きっと良くなるって伝えたいです。

 

私が、精神病の泥沼から片足を引き抜けたように。