読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんの皮肉とメロドラマに満ちた遺言。

なぜ、女の話にはオチや結論がないのか?

■おしゃべりは解毒行為

自分の苦しんでいること、悲しんでいること えげつないところ、社会では受け入れてもらえないであろう趣味趣向、こういったことを、人は誰かに話したいものです。 自分を正当化する勇ましい話しを、だれかに聞いてもらって 「すごいねー。」と言われて、調子に乗りたいときもあれば、もー、自分の弱くて情けない話を、ぐだぐだと排水溝に流すように 吐き出して、すっきりしたいときだってあるでしょう。

 

■おしゃべりは麻薬と同じくらいの快楽が得られる

それを、心理学的に「自動浄化システム」と呼ぶ人もいるそうです。 人は口から言葉を発することで、心の中にたまった「毒=ストレス」を 全部吐き出して、解毒をするのですが、それを自然自然に、オートマティックに やっている、ということなのだと思います。 女性の脳科学者の話だと、女性の脳の構造として、 女性の「おしゃべり」の「浄化作用」は、 男性よりもはるかに高いのでは?と推測がたつと言われているそうです。 女性の「おしゃべり」は、ドラッグと同じくらいの快楽を得られるらしく、 女性たちに、「おしゃべり」をはじめさせると、麻薬を楽しんでいるかのように 止められなくなるそうなのです。ですから、女性のおしゃべりは 5~6時間なんて、わりと当たり前だったりするのです。(う、私も親友となら、それくらいイケる。。)

 

■女性の話にオチや結論がない理由

そして、女性たちの話に、なぜ、オチや結論がないかというと、話に「オチ」や「結論」をつけてしまうと、そこで話が終わってしまうから。 先に書いたように、「おしゃべり=ドラッグ」ですから、ものすごい快楽とエネルギーをもたらせてくれるので、無意識に「話を終わらせたくない!!」という、 中毒症状が出てしまうんですって。

 

■社会が複雑すぎて、ストレスはなくならない

そして、生きていれば大なり小なりストレスはかかるわけですから、 その、ストレスを発散させるために、女性たちはしゃべりつづけます。 いたって、シンプルなおはなしなのですよ。 AV女優の小向美奈子さんが、今現在、覚せい剤を断てないでいるように ストレスの多い人ほど、何かに依存しやすいのは確かでしょうね。 まあ、覚せい剤に手を出すくらいなら、5~6時間のおしゃべりで 人のうわさ話や悪口をずーーっと言い続けているほうが 周囲への害がすくないので、それくらいのほうが、よろしいかと。 オチも結論もない、女性たちのおしゃべりへの対処法は また、後日、どこかで書こうと思います。