女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんの皮肉とメロドラマに満ちた遺言。

速い車と自撮り写真(Fast carの解説っぽいこと)

 

■まだ、途中だけど、こちらでなんちゃって翻訳してるのでどうぞ。

music.lalamiamor.net

私は、生まれも育ちも貧乏だから、貧乏人の歌でもある、トレイシー・チャップマンの「ファスト・カー」が、大好き。早口で、音楽にいっぱい歌詞を詰め込んだ感じが、もう、伝えたい事がぎっしりつまっているかんじがするし、情景が目に浮かんできて、すごく好きなの。

 

昨日、ファスト・カーをきいていたら、無性に、みんなにもこの歌詞を伝えたいって、訳してみたくなりました。かなりの意訳になってしまいましたが、挑戦中。私は直訳よりも詩的に訳すほうが好き。

 

だから、文法的にどうとか、本来の意味と違うって言われちゃうと困っちゃう。映画翻訳の戸田奈津子さんなんかも、翻訳で有名どころだから色々言われやすいけれども、アメリカンジョークなんかを直訳しても日本人じゃ笑えないし、外国の映画館で映画を見たことがある私としては、欧米人は笑いのツボなんかが日本人と全く違ったりするから、特にコメディなんかは訳すのが大変だっただろうと、翻訳のご苦労をねぎらいたい気分になっちゃう。

 

また、話がそれましたが、ファスト・カーは、アメリカの低所得者層の生活を歌ったものなのでしょうね。女の子が車を持っているボーイフレンドにドライブに連れていってもらって、恋心を抱いているのですが、母は家を出てゆき父親はアル中という、なかなかスゴイご家庭の女の子。

 

アメリカは車社会ですから、車を持っていないなんて、かなり貧乏なご家庭の女の子でしょうね。アメリカは貧富の差が激しいことで有名ですし、おそらく、この歌は黒人の女の子のお話なのでしょうね。車で国境を超えられる地域だから南部かな。北の方もカナダに超えられるけど、ドラマチックに聞こうと思ったら、南部のほうがしっくりくるんですよね。南部といえば、黒人の奴隷解放を嫌がった地域で、未だに黒人差別が色濃く残っている地域のはず。だから、その南部で黒人の地位があがらないうえに、親に問題があって、生活に疲れきった十代の女の子が、好きな人と国境を超えたいって、国さえ変われば生活だって変わるわよ!って、夢見がちな思いにふけっている歌なところが、とっても切ない。

 

もし、本当にこの女の子が存在していたとしたら、恋人と国境を超えて、二人が仕事を見つけても、違う苦しみを抱えることになるって気が付かないでいる10代の女の子の初々しくも、残酷な夢に、なんていうか中年の私は、しみじみとした気持ちになるのです。

 

私も若い頃は、

「これさえ変えれば、きっと、人生は変わる。」

「ここさえ変えれば、きっと、人生は変わる。」

って、色んなことに取り組んで、自分のなかで考え方や行動を変えられる点は変えてみたけど、生活水準がビックリするほど上がったわけでもないし、満足してる部分と、満足できない部分の割合って、そんなには変わってはいないのね。

 

10代くらいだとパーフェクトな自分や、パーフェクトな人生が待っているって思える、その傲慢さが、今となっては残酷だけど美しい。

 

自分自信も、人生も、パーフェクトなんてことはあり得ないと知ってから聞く、ファスト・カーは、また若いころとは違った曲に聞こえたりするのです。

 

f:id:koenjilala:20150830095300g:plain

関係ないけど、3月か4月かに、

増田に絡み始めたときに自撮り写真の記事があって、

その時に、そういえば、私、自撮りってしたことがないなって思って、

やってみました。

 

一瞬だけその写真を貼っておきます。

私、実は自費出版をしたときに新聞2社とテレビ1社の取材を受けていて

丸々と太った時の写真がバーンって新聞に乗っちゃってるのよね。

でーか、でーかと。

 

だから、顔は探されるとバレちゃうのよ。だからファンサービスで

一瞬顔出し。キーボードを打ってるときの私の姿ってどうなんだろって

撮ったら、こんな感じにとれました。目の下のクマがすごい。

 

自撮りって、やってみると、なんとなく自分のなかのナルシズムが引き出される気がしました。ああ、私って、写真でとるとこんなふうなんだ。ってなんていうかむずがゆいというか、はずかしいというか。こういうところから、みんな自撮り棒とかを持つようになるのかな?って、思いました。でも、私は自撮りはこれで最後だな。やっぱり、自分の姿を写真に収めたいとは思わないタイプみたいです。

■写真公開終了■