読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんの皮肉とメロドラマに満ちた遺言。

恋愛がうまくいかないと悩んでいる人へ

これは、心理学の女性学者が言ってたことなんですけど、
人間の恋がうまくいかないのって、こういうことなんですって。

恋をしたら、当然、相手に期待をするわけですが、
どんな期待をするかというと3種類の期待をするそうです。

------------------------------

1、理想の人であってほしい

2、自分を映す鏡(ライバル)であってほしい

3、友達(寄り添ってくれる人)であってほしい

------------------------------


なるほどー、と思う人も多いのではないかと思います。

で、恋がうまくいかないのは、この3種類の願望を
一人の人で満たそうとするからなのだそう。

もう、私は、この話を聞いた時には、それくらいのことは
知っていましたから、とっても良く分かる話。
もう、独身時代から恋愛(不倫)は耳年増すぎて、
予防しよう派だったので、
まぁ、気づくことができたら、防いでましたから、
大きい事故をしたことは、ないような気がします。

--------------------------------------

女性側の立場から言わせてもらうと

1の「理想の人」は、「ひとつだけ」の歌詞のように
黒い扉を持っている人で、孤独に戦っている人なので
まあ、恋人や伴侶に寄り添うようになるのは、
男(特に性の部分)を強制的に引退せざるをえなくなった人くらいかと。

 

2の「鏡=ライバル」になる人っていうのは、だいたいが女性に対して
心理戦をしかけて、ケンカしてケンカして女性を心理的に負かして、
恋人とか妻にしちゃって手に入ったと感じちゃったら、飽きて、
次のライバルを探しちゃうパターン。

 

3の「友達」は、そもそも、寄り添ってくれる家族のような存在なので
恋におちない、というパターン。

------------------------------------------

というわけで、男女とも恋をする相手や、結婚をする相手に
期待なんかしないほうがよろしいかと。

 

自分を満たすのは自分であって、他人は満たしてはくれません。
配偶者でも親族でも、恋人でも、友人でも、
あなた自身を救うことはできないのです。

 

自分を救うことができるのは、自分自身しかいないのですから、
配偶者や、親族や、恋人、友人は、それを支えてくれる
ありがたい人たちであるという
感謝の気持ちを忘れてはいけませんが、

それ以上でも、それ以下でもないのです。

 

恋人ができれば全ての問題が解決する、

結婚をすれば全ての不幸が消え去って幸せになれる、

なんて、他人に依存することばかりを考えていると、

他人が、期待に答えられなくなった場合に

色んなことがうまくいかなくなるので、

やはり、どんな時も人生の主軸は自分であるという自覚を

持っておいたほうがよいでしょう。

 

それくらいの自立心と、芯の強さを持った時、

本当に素敵な相手と出会えるかもしれませんよ。