読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんの皮肉とメロドラマに満ちた遺言。

いつまでも恋をしたいおじさんたち

不倫をしている女性たちへ

 

私自信が20代前半の頃、50代の男性たちが集まってお酒を飲む場でお手伝いすることがあって、彼らの本音を聞く機会が多かったんですね。

 

私は、婚外恋愛とか、借金とか、倒産とか、各種依存症とか虚言癖とか、そういう話を聞いてもあまりおどろかないたちだったので、まー色んな話が入ってきました。

 

私の中で一番、思い出に残っている話は、いつまでも恋をしたいおじさんたちの話。

 

「例えば、俺が癌になって命があと半年と余命宣告されたら、最後に、燃えるような恋をして死にたい。最後の恋だから、そりゃー、その女の子をかわいがってかわいがって、もう目に入れてもいたくないくらいかわいがるよ。自分が、こんなおじさんだから、お金だって、出せるだけ出すよ。そして、恋に燃えて死にたい。」

 

って、いうようなお話なのですが。

 

なんていうんだろ、「不謹慎な!」とか、「だから男は。。」とかいうふうには、私には感じられなかったんですよね。白髪交じりで頭も薄くなり始め、容姿にも体力にも自信を無くし始めたおじさんたちが、絞りだすように、唸るように、口からこぼした「最期の望み」に、切なくなったのを覚えています。

 

人間の生きるチカラって、最後の最後まで突き詰めると、そんなに高尚なものではなくて、意外と不純なものなのかなと思ってみたり、案外、不純なものをつきつめていくと高尚なものになったりするのかなって。

 

私は、ふと、気になって、言い出しっぺのおじさんに聞いてみました。

「奥さんは?最後に奥さんを精一杯かわいがってあげようとは思わないの?」

と。

 

そうすると、

「嫁は家族だし、大切な人だから、金を残せるだけ残して死んであげようと思う。結局家族には金を残してやるのが一番いいんだから、自分に保険金をかけられるだけかけて、嫁には残せるだけの金、すべてを残して死んでやるのが一番なんだよ。」

というのです。

 

よく、結婚と恋愛は別物というけれども、それは結婚前だけの話ではなく、結婚後でもそうなんだと、おじさんたちの話をきいて思ってしまったのでした。

 

お金と時間に余裕のできたおじさんたちは、退屈で寂しくてせつなくてたまらないんだろうなって、また逆もしかり、お金と時間に余裕ができたおばさんたちもまた、孤独で寂しくて切なくてたまらないんだろうなって、私は、いつも切ない気持ちで、彼らを傍観者として、かたわらから見ていました。

 

みなさん、大人ですから、愛人との恋に溺れたりはせず、恋はたしなむものというスタンスで恋愛を楽しんでいらっしゃいました。その、恋愛が嫁にバレることにも、慣れていらっしゃました(笑)

 

バイアグラやらなんやらを駆使して、最後に限りのある男性の「性」部分を燃やしたいという、その熱量みたいなものは、けっしていやらしいものではなく、むしろ、純粋な少年の望みのように聞こえました。

 

性的に生涯現役であることができる女性の「性」とは違い、リミットのある男性の「性」は、なんていうか、心の持ちようが違うようなんですよね。ある看護師の知人が勤務先の病院の入院患者である、70代の男性が「俺のモノは、小便をするしか役に立たなくなった…」と、本気で嘆く姿を見て、男の人って大変なんだなって思ったと言っていました。

 

あのお話の輪にいた方々も、随分な人数、病気でお亡くなりになってしまいました。お葬式に、「最後の恋」のお相手がおいでになった方もいたそうで、きっと本望だったでしょうね。

 

私自身は、自分の孤独は自分でしか癒せないって思うタチだから、若い子と恋をするのなんて、一時しのぎのドラッグみたいなものだというふうにしか思えないけど、最後に「恋」という麻薬中毒になって、そのまま消えてしまえたら、どんなに幸せだろうって夢見ちゃう、死期を意識したおじさんたちの、はかなくも、ささやかな夢に、ちょっと、やるせない気持ちになった20歳前半の頃の私なのでした。

 

このおじさんのその後は下記の記事でごらんください。

blog.lalamiamor.net