読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんの皮肉とメロドラマに満ちた遺言。

楽しそうなおじいちゃん二人&分かち合う音楽

楽しそうなサイモン&ガーファンクルおじちゃんと、

それを見ながら、にやにやしているおばさんの私。

アレサ・フランクリンも、キャロル・キングも

おばさんになって、すこし、声が低く、しゃがれた声になってからのほうが好き。

 

サイモン&ガーファンクルは、やっぱり若い頃の透きとおった声がすきかな?

私としては

 

全然関係ないけど、キャロル・キングが「君の友達」を作ったあとに

ジェームズ・テイラーがすぐに「君の友達」カバーしたんですね。

キャロル・キングと、ジェームズ・テイラーがとっても仲が良いってことは

とても有名なんですってね.。

 

私は、ちょっと世代が違うので

この二人の間で何が起こったのかは知らないんですけど

おじいちゃんとおばあちゃんになっても、

一つの曲をシェアできるってステキですね。

 

 

どんなに落ちないよう周りを見回していても、道を歩いていたら

マンホールのフタが開いていて、うっかりおちてしまった。

 

そんな恋をしてしまったら、この歌でも歌って、激情から来る恋の熱量を

温かいい友愛にまで、強引に引き下げていくしかないんでしょうね。

 

若いころの私には、「君の友達」という歌を聞いても、

「マディソン郡の橋」なんていう映画を見たりしても、

観客たちが、どうして、あんなにも切なそうに

涙ぐんているのか、どうも、しっくりきませんでした。

 

だけど、40歳も過ぎるといろんなことがわかってくるし

何歳になっても、今までにしたことのないような

新しい体験はすることになっちゃうんですよね。

 

そんな、甘じょっぱい大人になってしまった私なのです。