女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんの皮肉とメロドラマに満ちた遺言。

恋愛の力関係と心理的富裕層*貧困の精神病理から読み解こう

2015年3月後半くらいかな?非モテ論客増田と、フェミニスト増田に対して書いた記事だと思う。たぶん。。あれから、だれかが元増田になったりしたっぽいけど、私には関係ないこと。。ということで。。うふふ( ´艸`)

 

女と男のあいだで、縦の力関係しか築けない人たちがいます。

 

俺が女をまもってやる! あたしが男をまもってあげる! という恩着せがましい「愛」に見せかけた執着を持った人たちです。(これを共依存とも呼びます。)自分を守れるのは自分だけですから、 そもそも、相手を守ろうなんてずうずうしいのです。

 

人が人にできることは、本当に困っているときに できる範囲で手を差し伸べることくらい。 落ちていく人を両手でキャッチしようと、下の方で待ちかまえていても 落ちるスピードが速すぎると、手と手の間をすり抜けて 落ちて行ってしまうのです。ですから、人が人を救うことはできない。自分で自分を救える人たちを、脇で支えることしかできないのです。

 

こういう男女は、だいたいが愛しているといっている相手が 他の男や、他の女に恋をしたときに 烈火のごとく怒り、肉体的な暴力を振るわないまでも(振るう人もいます。) 精神的な暴力でネチネチと、 あらゆる手段で抗議し、復讐し、最終的に相手をボロボロに 負かして、去っていくのです。 責められた経験のある人、責めた経験のある人。 後悔をしても仕方がありません。反省をしてください。

 

そして、学習し、同じ間違いを犯さないでください。 そのためには、この本を読んでください。 女は心理的に自立して、親や男にお金をタカろうとしなくなったとき、 男はマザコンを克服して、 女に家政婦、保育士、介護士、看護師を求めなくなった時に 初めて、自立した大人の一個人になれるのです。 そして、本当の意味で愛し合えるようになるのです。 物質的、経済的には貧しくても、最近は 知的富裕層という言葉もあります。 私は、心理的富裕層という言葉もあっていいと思っています。