読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんの皮肉とメロドラマに満ちた遺言。

病院の過剰請求に怒りの投書をした時の話

過去に、掛かりつけの病院の過剰請求を 追求して、あばいた時の話を書いてみよと思います。

 

事の発端は、診断書の二重請求でした。諸事情により持病の医療費に関する手続きを お役所で2件ほど済ませなければいけなかった私。2枚目の診断書料を払う際に、「1枚の診断書で2件とも手続きできたんですよ^^;」 とのこと…

 

ですが1件目の手続きは、すでにお役所が処理中のため 「この案件もついでにお願いします。」 なんていうわけにはいきません。 役所とはそういうものです。 1枚目の診断書が5250円、2枚目の診断書が6300円。 本来、不必要な6300円もの出費を強いられたのでした。

 

まぁ、その件は、窓口の若い女の子が 包み隠さず話してくれた上で 「次からは気をつけます。申し訳ありませんでした。」 と、頭を下げてくれたので、謝ってくれている若い女の子に、だいの大人がガミガミいうのもどうかと思って 「分かりました。」と、怒らず終わらせました。

 

ですが、確定申告の時期に 過去1年分の医療費の領収書を見直していたところ 掛かりつけの病院の領収書等に不審な点が…

 

具体的なやり取りを書くとかなり長い文章になってしまうので、随分、割愛して書きますのでご了承ください。

 

不審な点を「ここ、おかしくありませんか?」と会計窓口の方に聞いたところ、

「そこには書いてありませんが(記入漏れですが)合ってます。」

と、調べるわけでも、手元の資料と照合するわけでもなく即答されてしまいました。でたらめな対応に腹立たしく思いましたが、ここで、この人に怒りをぶつけたところでまともな対応をしてはくれないだろうと割り切り、私が「合ってません。」と言ったから、会計が「合ってます。」という返事をしたわけで。

質問の仕方を変えて
私 「じゃぁ、ここは○○ですか?」
会計「○○ですよ。」
私 「じゃぁ、ここは?」
と、1ヶ所ずつ、読み合わせる形に強引にもっていきました。

 

すると、
「あ、ここ多くもらってますね。」
「あ、ここもですね。」
と、治療費を多く支払っていたことが発覚。

やっぱりね…と、特に驚くこともなかったワタクシ…

650円ほど返金していただきましたが、

毎回、会計と、こんな押し問答をしなければ、過剰請求されてしまうのかと面倒な気持ちになってしまいました。そんな時、私の担当医が「副院長」の立場であることを思い出し、担当医にその話をしたのでした。

 

担当医は真面目で誠実で責任感の強い方だと信じていたので、

「それは申し訳ありませんでした。すぐに対応します。」

と言ってくれるとばかり思っていたのですが、

「この病院の会計は最近コンピューターを導入したばかりで、それまで、手計算で治療費を計算していた。ウチの会計はまだ、患者さんの細かい質問に答えられるだけのレベルにはない。」

とのこと。


「ほっほぅ? 事務方がコンピューターに慣れていなかったら、患者さんに損をさせてもいいってことですか?」(ワタクシの心の声)

と思いましたが、確かに何百人の患者さんの医療費計算を、手計算となると、ものすごく大変だろうということも想像はできます。2人分の家計簿でさえ大変だと思うような私ですから…( ̄ー ̄;

 

私「確かに、どんな事柄においても、ヒューマンエラーは起こり得ますから仕方のないこともあると思います。だから、診断書の二重請求の時も全く怒らず、許しました。ですが、私が合っていないと言っているのに調べもせず、何の根拠もなく、合っていますと言い切ってしまう会計窓口の、その姿勢がいやなんです。それに、計算ミスを許していたら、わずかな金額からでも、大きな横領につながることだってありますよ。」

と、担当医にお伝えしましたが、どことなく煮え切らない態度で、お茶をにごされた感じに終わってしまいました。

 

この人なら対処してくれると思ったのに…(熱く担当医を信頼していた私)

 

担当医を医師として信頼しているから、この病院をかかりつけとしておきたい、だけど、会計がズサンな病院はいやだ…怒りと情けない気持ちでいっぱいになって、とぼとぼを病院を出ようとすると、病院に対するご希望をお書きくださいと「投書箱」が!!

 

うおぉおおお!!

 

とばかりに、思いのたけを書きつらねました。ヒステリックに書いて、クレーマーやモンスターペイシェントだと思われ、相手にされなかったいやなので、丁寧で冷静で簡潔な文章を心がけ、最後に「ご事情はおありでしょうが、改善できるよう努力していただけると嬉しいです。」と締めくくりました。

 

これならクレーマーっぽくないだろっ( ̄∇ ̄+

 

と、思いつつもスーパーなどの投書箱では、自分達に都合の悪い投書は社員やパートが勝手に丸めて捨ててしまうこともあると聞いたこともあったのでこの投書も院長に届くかどうかは分からないと思っていました。

 

投書後、初めて病院に行った際、担当医(副院長)に

「投書されたそうですね。」

と言われました。匿名はイヤだったので、実名で投書したからです。

 

うわっ。
会計がでたらめなことの言い訳を、また聞かされるのかな?でも、これでもまだ会計をかばいだてして、患者をないがしろにするのであれば私も、お怒り解禁でお話させていただきますわよ( ̄∩ ̄#
と、臨戦態勢で担当医の出方をうかがっていたところ…

 

担当医「ありがとうございましたっ!!」

私「???」

担当医「いやぁ~。実は私も事務方には思うところがあったんですが、私が事務方にとやかく言ったところで、いっかいの医者に医療事務の何が分かるの?と言われてしまうと、それ以上踏み込めなかったんですよ。ですが、高円寺さんが投書してくれたおかげで、院長にまで事務方の不備が伝わり、院長と私と事務方で事務処理システムを根本から見直す話し合いができました。船の帆に風が吹かないと船は動きませんが、高円寺さんがウチの会計システムの不備に風を吹かせてくれました。おかげさまで、ウチの会計システムがやっと正しい方向に動きだしそうです。本当にありがとうございました。」

 

と、何度も何度もお礼を言われてしまいました(●´ω`●)ゞ

以降、会計の方も質問には手元のデータを参照してから答えるという適切な対応をしてくれています。思いを伝える、分かり合うということの難しさに「秋菊の物語 」という映画を思い出しました。

 

自分の知らないところで何をされているか分からないということ、大きな組織で今までつちかってきた体質や習慣を変えようとすることは生半可なことではできないということを思い知りました。

 

今考えれば、副院長である私の担当医も、医師の仕事だけでなく、事務方の不備にまで真面目に取り組んでくれて、すごくレアなケースだったのかなとも思います。医師ですからね。事務方のことは知りませんっていうのは、当然だったかも。

 

かくして、私のかかりつけ病院はコンピューターでの事務処理を強化していく流れになったのでした。自分の身は自分で守らなければいけない時代なのですね。。。