女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんの皮肉とメロドラマに満ちた遺言。

いつまでも恋をしたいおじさんたちのその後

blog.lalamiamor.net

 

 上記の記事を書いたときブコメを見て、はてなーのおじさん達は真面目な人がおおいなーと、思ってしまいました。逆に無言ブクマの方たちは、ちょっとは心当たりがある人たちかなーと思ってみたり。

 

 例えば普段から「不倫なんて絶対良くない、許せない。」と公言している人に、「実は私は不倫しているの。」とは告白しませんよね。「中絶は絶対に良くない。」と言っている人に「私、中絶経験があるの。」とは告白しません。「お前、オカマかよー。気持ち悪いー(爆笑)」みたいな人に「実は僕はゲイなんだよ。」と告白はしませんよね。

 

 私は若い頃から、こういった事柄にたいしてかなりニュートラルで、これが許せないとか、あれは気持ち悪いとか、そういった感覚を持ち合わせていませんでした。「所詮、人間なんて何をしでかすか分からない生き物。」という程度にしか思っていなかったからでしょうか、それとも秘密を抱えている人たちには、この人ならこの話をしても拒絶されなさそうと嗅ぎ分ける嗅覚をもっているのでしょうか。とにかく、知り合う人たちに、よく色んなカミングアウトをされていました。「浮気している。」「婚外恋愛している。(されている。)」「実は中絶したことがある。」「実は大麻を吸っている。」「実は援助交際(売る側)をしている。」「僕はウイークデイはゲイで、週末はストレートなんだよ。」「実は整形してる。」など、多種多様なカミングアウトを受けました。

 

 最近、夫が勤め先の会社の社長に、

「高円寺君、恋はしてるかね?人間、真面目なだけじゃダメだよ。恋の1つや2つはしないと。」

 と、言われたそうです。もちろん、社長は夫が既婚者だと知っています。つまり、「男は結婚しても愛人の1人や2人作らないと。」という意味なのでしょう。また、夫は別の上司に「俺には愛人が2人いる。」と、自慢されたそうです。

 

 夫は性潔癖で生真面目なほうなので、「あいつら、結婚してるのに恋しろとか、頭おかしいんじゃないの。イカれてる!」と怒っていましたが、私は若い頃にそういったおじさんたちを沢山見てきたので、「まあ、そういうタイプの人たちもいるよー。」と、夫をなだめました。

 

 最近、昔、一緒に飲んでいたおじさんたちが、バタバタと死んでいきました。みんな、まだ60代。世の中では平均寿命は80代と言われているけど、みんながみんな80代まで生きられるわけじゃないんだなーと、当たり前のことなのに、少し、ショックでした。

 

 上記の記事のおじさんたちは、皆、中小の社長で、社長でない人たちは公務員、大手企業の部長クラス人たちでした。あまり、詳しくは書きませんが、ある社長の同級生たちが毎晩、集まって飲んでいたのです。もちろん、皆さん忙しい方たちですから、毎日同じメンツというわけではなく、その日、その日でメンバーは違っていました。

 

「男はある一定の年齢になって、金と時間に余裕が出てきたら彼女ができるもんなんだよ。」

とか、

「結局(女)は、金(目当てで自分と付き合うん)だよ。」

とか、小金もちで遊び好きのおじさんたちの名言は今でも覚えています。

 

 上記記事で、「熱烈に恋をして死にたい。」と言っていたおじさんが、ずいぶん前にお亡くなりになりました。そのおじさんは、本当に恋愛体質で、彼女を作っては奥さんにバレるということを繰り返していたため、奥さんにパイプカット(避妊手術)をするように言われ、パイプカットをしたそう。それくらい、恋愛好きのおじさんでした。

 

 あるとき、そのA社長がガンで亡くなったことを、別のB社長から聞きました。亡くなったA社長は、あの飲み会で言っていたように家族のために数十口の保険に入っており、B社長が病院にお見舞いに行った際も、「保険をしこたまかけてあったから、ベッドに寝てるだけで毎日すごい金額の金が入ってくるんだよ。」と笑ったいたそう。(よくよく聞くと、その社長は副業で保険屋もやっていたそうで、その関係(ノルマ的なこと?ちょっと私には分からないのですが…)で桁外れの保険に加入していたのと噂でした。)

 

 結局、A社長は生前、飲み会で酒をあおりながら話していた話のとおりに家族に莫大な保険金を残して、お亡くなりになり、家族は残ったお金で、会社の残務整理をして会社をたたんだそう。

 

 さらには、熱烈な恋をして死にたいという願望も、A社長の葬式に一番最後に付き合っていた彼女が訪れるという形で実現されました。

 

 私はこのおじさんたちの飲み会に数年通っていたので、ほかにも、色んなネタを持っていますが、今回は前回の記事の補足として書いてみました。今後も気が向けば、おじさんたちの悲喜交々について書いてみようと思います。