読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんの皮肉とメロドラマに満ちた遺言。

何でも盗まれる世の中*日本

エッセイ

しばらくまえ、地方に住むブログ友達の男性のお宅から

エアコンの室外機まれたそうです。

 

数ヶ月前、私の夫も自転車まれました。

 

実は私も病院の検診センターで、待っている人間が私しかいなかったので

誰もとったりはしないだろうと

うっかり傘を待合室において診察室に入って

出てきたら、そのまれてなくなっていました。

 

私の自転車のサドルが破けてしまっているのですが

サドル交換に行く体力がないので

100均のシャワーキャップをかぶせてしのいでいたら

駐輪場にちょっと置いたすきにシャワーキャップまれていました。

 

人目の少ない地域では、電線や、鉄の扉などもまれるようです。

後進国の発展により各種鉄鋼石の値段が高騰しているため 高値で売れるようです。

 

ニュースでは人目のない田舎のほうでは、

電線が切断されて大量にまれているそうです。

これもやはり、後進国で銅が不足しているため、高値で売れるからだそうです。

 

仕事で市役所に行く機会が多かった時期があって、

そこのトイレには

「このトイレでトイレットペーパー盗難が多発しています。

トイレットペーパーを持ち帰ることは犯罪です!」

といったようなことが書いてありました。

 

近所のスーパーでは、商品を持ち歩くための手さげかごがまれるらしく、

かごを持ち帰ることは犯罪です!」 と張り紙がしてあります。

 

私の友達はマンションの中二階に住んでいますが

ベランダにおいてあったかわぃぃ植木まれました。

そこそこ人通りの多い道に面しているのにです。

 

私は貧乏人の多い国立大学出身ですから、

友人知人も大学を卒業して仕事が安定する30歳くらいまでは

風呂なし、トイレ共同の4.5~6畳の部屋で下積みするのが当たり前でした。

当然、部屋が狭すぎて洗濯機を置くスペースもなく

洗濯機をつなぐ蛇口もなく、コインランドリーに行くわけですが、

コインランドリーに洗濯物を放り込んで、洗濯が終わったころに取りに行くと、

洗濯ものが全てまれていたことが2回ほどありました。

パンツもブラもジャージも会社の制服も全て盗まれていたのです。

 

男子高校生たちが部活のジャージ(大人数分)を洗濯機から盗まれて、

「あれ、ない!」と、大騒ぎしているのを見かけたこともあります。

 

 未曾有の不景気といわれている世の中です。

こんなにせちがらいのは悲しいことですが、

自分の身と財産は自分で守るしかないのですよね。

 

室外機を道路から見えない所に置いていたら・・

傘を診察室に持って入っていたら・・

植木を室内で観賞していたら・・

買い物かごにスーパーの名前を印字していたら・・・

盗難を防げていたかもしれません。

 

「人を見たら泥棒と思え。」という言葉があります。

嫌な言葉ですが、 自分の防犯意識を高めることで

防げる犯罪被害を防ぐしかできない世の中なのだと

しみじみとしてしまいました。