読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんの皮肉とメロドラマに満ちた遺言。

地球へ…(テラへ):竹宮惠子の傑作の1話目Gyao!で無料配信中

gyao.yahoo.co.jp

 

中年の私がまだ子供だった頃は、女の子向けの漫画雑誌では
手近な男の子とか、逆に王子様のような手の届かないような相手と
ただただぐだぐだと恋愛をするというような漫画が非常に多い時代でした。

 

ガンダムの原作者の富野由悠季氏がガンダムを企画した理由は
「大人は子供をなめている。」とずっと感じてきたからだ
と、言っていたのを聞いたことあります。

 

私も、小さい頃は子供だましの漫画でも
子供ですから楽しんで読んでいましたが
ある頃から少女漫画雑誌は子供をなめている
しいては女をなめていると感じるようになっていました。

 

「女の子は色恋を読ませときゃ喜ぶだろう。」とか
「女の子に難しいことを描いても分からないだろう。」みたいな
作品が多いことに辟易していたのです。

 

今考えれば、当時は少女雑誌を発行している会社も

男性が多かったののかもしれませんし、

時代柄、女性漫画家たちも恋愛くらいしか

夢を持ちにくい時代だったかもしれません。

だから、女の子をなめた作品がばんばん発行されてしまっても

仕方のない時代だったのかもしれません。

 

そんな男目線の漫画が多かった中で、異彩を放っていたのが

池田理代子氏と竹宮惠子氏の漫画でした。

 

私が「地球へ…」を見た20年前は、

マザーコンピューターが地球環境や人間の生産を管理し、

地球の秩序を守っているなんて、

遠い遠い未来の話のように感じられましたが、

AI(人工知能)が発達してきている今、

コンピューターが地球を管理するというのも

ありえない話ではなくなってきているので、

余計に複雑な気持ちで視聴してしまいました。

 

そんな竹宮惠子の「地球へ…」が2007年にテレビドラマ化された際の

シリーズの第1話目が現在Gyao!で無料配信されています。

 

原作を読んだり、30年以上前のアニメ映画版を見たりしている私としては

脚本や設定が変わっている部分に多少の違和感を感じたりもしますが

時代の流れに合わせて見せ方を変えるのも

必要なことだと理解して、楽しんでいます。

 

原作漫画もアニメ映画版も、テレビシリーズも全て見たのですが、

やはり、歳をとってしまって一番思い出深いせいか、

私は原作漫画が一番好きです。

 

竹宮惠子氏の漫画は雰囲気があって、面白いものばかりなので、

是非、色んな作品を読んでいただきたいものです。

 

追記

「地球へ…」は当時、少年誌掲載で少女漫画という扱いではありませんでした。しいて言うならSF作品という扱いでした。コメントしてくださった方ありがとうございます。