女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんの皮肉とメロドラマに満ちた遺言。

隣のおじさんに嫌がらせを受けた話

 

(何で燃えたのか考えたら、タイトルが悪かったのかなと思って変えました。私にとっては、あのおじさんは強烈に「生活保護のおじさん」として頭に残っていたので、そのままタイトルにしたのがまずかったですね。反省。)

 

この増田を見て、思い出したことと考えたことがあるので書いてみます。

 

 

 ある時、隣のおじさんが玄関の前で子猫と戯れていたので、「可愛いですね。」と、一声かけたのが始まりでした。しばらくすると隣のおじさんがウチに来て、生活保護受給者の証明書?(「生活保護」と書いてあって、金額が書いてある公的書類っぽい紙)を見せ、

「次の受給まであと10日あるのに、もうお金がなくて、食べ物が買えないんです。1万円かしてくれませんか?」

と、言ってきました。

 

 その時は、おじいちゃんだし食べ物がないのは純粋に可哀そうだと思って、1万円を貸してしまいました。(もう、戻ってこなくてもいいやくらいの気持ちで。)そして、お腹がすいているというので、余ったカレーをお裾分けしました。(追記:その1万円は返してくれました。)

  私は、その月にたまたま困っただけで、借金の申し込みは一回きりだろうと思い込んでいました。ですが、お金も貸してくれて、カレーまでくれる「お人よし」と見られた私に、隣人は猛攻勢をかけてきました。

 

 その後、何回も借金を申し込んできて、

「死んだ母ちゃんにもよく怒られたんだけど、競艇がやめられなくて、競艇でお金を全部すっちゃうんだよー。」

と、悪びれる様子もなく、平然と言ってのけるのです。

  

 こりゃ、ダメだ。話が通じない。と、思って、断固として借金の申し込みを断り続けると、ある日、その隣人から電話がかかってきました。

 

隣人「お金をかしてくださいよー。」

私「てか、どうしてウチの電話番号を知っているんですか?」

隣人「え、あ、ちょっと、郵便を見て…」

私「貸しません。」

 

 隣人は、お金貸してほしさに私のNTTの請求書などの郵便物を盗んで、電話番号を調べていたのです。その後、なんとなく、隣の家の敷地を見ると、私宛の郵便物が捨ててありました。そのようなことが何回も続きました。朝、自転車に乗ろうとすると自転車のタイヤがパンクしていたことも。要するに、逆恨みをされて、嫌がらせを受け続けたのです。

  結局、私は警察に相談に行きましたが、一回はお金を貸してしまったり、カレーをあげてしまったことで、相手が調子にのってしまったのだろうと言われました。何も事が起こらなければ警察は動けないので、相手が泥棒に入ってきたとかの事件を起こさないと何ともできないと言われました。とにかく、関わらないようにしろと。(今思えば、ここ、怒ってもいいところですね。完全にあしらわれてる。)

  私が、午前2~3時に自転車で家に帰っているときに、必ず近所のレストランのゴミ箱をあさっている人がいました。あるとき、車のライトか何かで、その人の顔が見えて、隣のおじさんだということが分かりました。

 「あー。結局、競艇やめられなくて食費がたりなくて、ゴミをあさってるんだー。競艇をやめるという選択にはならないんだろうな。きっと、ギャンブル依存症なんだろうから。」と思いました。

  はてなーのブコメを見て、あまりにも性善説に立ちすぎているし、人間には、自分と同程度には理解力があると考えすぎていると思いました。生活保護受給者にかかわらず世の中には、物の良くわかる人、あまり分からない人、全く分からない人がいます。また、買い物や調理自体が体力的・能力的に難しい人たちもいます。問題は、(生活保護の人も含めて、物の分かる人達の話は一旦置いておいて)上記のおじさんのようなあまり物の分からない人や、全く物の分からない人たちをどうフォローしていくかだと感じることがあります。

 私自身も生活保護を受けている隣人がいたり、生活保護課に勤めている友人が何人かいたりして、彼らの生態をけっこう知っているつもりです。ここでは書けないことばかりですが、生活保護業務に携わる友人が受給者に対して一番困っているのは一部の人たちが、支給したお金を生活費に使ってくれないということでした。ギャンブル・新興宗教・ぜいたく品にお金をつぎ込むなどですが、猫を何十匹も餌付けしていて、その餌代で自分の食費を圧迫しているという生活保護者の話もありました。ここには書けない職業の人たちの不正受給も含めて、本当に色々です。保護課の人も定期的に訪問して「生活費に使ってください。」と指導するのですが、言うことをきいてくれるはずもなく…生活保護業務に携わる友人も「もう少し自分の生活のために、お金を使ってくれたら、もう少し楽な生活ができるのにと思うと、もどかしい。」悲しんでいました。

  お金の管理がむつかしい人たちに、現金のみを渡すというのは、どうも得策ではないように思えます。精神病棟などに入院していると、今後退院させられた時に、自分でお金を管理して、食事をとることができるのかな?と心配になる方々もいます。

 また、母子家庭などではお母さんがうつ状態のことも多く、買い物に行って、料理をするということ自体が難しく、その場しのぎで高額なピザの宅配を頼んだりして、食費が足りなくなっていくケースもありました。

 そう考えると、(食費相当分は)現物支給で確実に食べ物が手に入るほうが、物の分からない層の「空腹という意味での飢え」が減りそうな気がしたので、一考の余地があると思いました。(現金を全く支給しないという意味ではありません。)

 個人的な要望で申し訳ないのですが、私の精神病が悪化して生活保護になったら、現金をもらって買い物に行って調理するとか無理だから、ワタミの宅食みたいな弁当を支給してほしいです。たぶん、病気が悪化した場合、私は物の分からない人間になっている可能性が高いので、余計にそう思う。弁当なら転売の心配もないし、(高齢・精神病などの)介護ヘルパーはスーパーに買い物に行って料理を作るという面倒な作業もやってくれる(私自身が利用しました)んだから、それに比べれば大量生産の弁当を宅配するほうがコストは安いと思うんだけど、どうなんだろ?

 

追記2

 私は、頭が悪いのでその程度のことしか思いつきませんでしたが、実際に起こった事実を書いて、そういう現金支給ではどうにもならない人たちの層には何が一番良い対策なのか(批判や非難ではなく)建設的な解決策を知りたかったのです。

 元増田を読んで素直に、食料配給いいじゃん、私だったら欲しい!これだったらご飯買わない人も食べるかも!って思ったからそう書いただけで、制度設計とか難しいことは分からないので教えてほしかったです。

  自分が貧乏人なので、お金の計算もできて、真面目にやってる貧乏人(生活保護含む)がいるのは知ってますし、友人にも生活保護や貧乏人はいます。生活保護を受給してる友達にこのおじさんの話を愚痴っても、「一緒にするな!」なんて怒られませんでしたよ。何で自分や自分の周囲の貧乏話をすると、嘘とか創作とか同情をかおうとしているとか、言いたがる人が出てくるのか不思議。自分が貧乏で、その値段の家にしか住めなくて、そういう人たちが隣人になる可能性が高かったから、どうするのがよかったんだろうという話でもあるんだけど全然分かってもらえない感。そして、あああああああああああああもぅううううう分かってくれないいいーとキレて記事を書くと、誇張表現と言われるんだもん。貧乏人は口を開くなってことですね。はい、すみません、鉄の扉の丈夫なマンションに住めない貧乏な私が悪うございました。このように、すねたり、キレたりしてたら炎上したのが2年前の炎上です。


 この記事が参考になるので、貼っときます。

 

こういう具体的なお話が聞きたかったので、助かりました。私の勘違いと文章力の問題かなという結論です。

 

私が、弁当支給を希望した理由です。

 

思い出したので書きましたー。

 

読まなくてもいいけど:追記1

 2年前、ブログを始めた時に炎上芸(この本音を書いたら話題になると思って書いたの)を1回やったのは事実です。ごめんなさい。当時は、そういうのは増田で匿名でやるもんだって知らなかったので。(炎上はさせたけど、内容は事実よ。あと、当時は怒りにまかせて、心の叫びをそのまま文字にしてしまったのもまずかった。)でも、反省して真面目に書きはじめたら、逆に「炎上芸をやるんだったら、キャラを固定しろ。途中から方向転換するんじゃない!」と、お叱りをいただきました。でも、炎上芸を続けられるような才能はありませんでしたし、もうコリゴリです。正直、炎上しても、何にもいいことはないので、目立たないように細々と書いていたつもりですが、今回は燃えてしまいました…あと、虚偽はないです、事実です。どう思うかは読者の自由ですし、何年も続けて私のブログを読んでくださっている方は、(炎上した記事も含めて)私が本当のことを書いていて、つじつまが合っているとお分かりだと思います。私の話が真実だという証拠もありませんが、虚偽だという証拠もありませんので、虚偽だと断定するのはやめていただきたい。虚偽だと断定されると、問題提起にならないので。