女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんです。キレキャラとおふざけキャラと真面目キャラを分離する才能がないので、丸ごとの自分を出してます。

しつこいようですが、福祉のチケット制について

 

上記の記事で、当時の状態を書いているのですが、私の精神病が一番重篤だった時に、すごく便利だった福祉のチケットのお話をしたいと思います。

 身近に、そんな人がいないと信じれないかもしれませんが、私のように身寄りもなく一人暮らしだと、誰にも発見されることなく、精神病をこじらせていきます。上記の記事のように、うつ状態から寝込んでしまい、そこから食事をとる機会を失い、衰弱して、立ったり、歩いたりすることさえ、困難になっていくのです。

 私の場合は、よい友人がいて、定期的に(といっても1か月に1回くらいですが)、生存確認の電話や訪問をしてくれて、食べ物を買ってきてくれたので、死にはしませんでしたが、かなり衰弱はしていました。

 立っていることも、歩くことも難しいわけですから、近所のスーパーに食べ物を買いに行けません。そんな状態で、バスに乗って行かなければいけない病院に定期的に通えるはずもありません。通院さえもできず、治療がほどこされず、より悪化するという悪循環でした。

 そこで非常に助かったのが、行政から「外出困難者」へ発行される交通チケット(名称は知らない)です。今も、そのサービスが実施されているかどうかは分かりませんし、うろ覚えなのですが、1年に一回、バスの回数券・電車の回数券・タクシーワンメーター分の回数券などの、いずれかを選んで郵送してもらえるというサービスです。

 私は、立つことも、歩くことも難しいくらいですから、当然バス停までいくのもしんどい。だから、タクシーチケットを選んでいました。もちろん、ワンメーターでは到着できませんが、少しお金を足せば、病院まで行けたので、すごく助かりました。

 私個人としては、当時は、交通チケットのほうがよかったですね。というのも、それがなければ、そもそも(高すぎて)タクシーに乗ろうと思わず、何とか自力でいくことを目指して、いつまでも、いつまでも病院に行けなかったような気がするからです。当時は、お金の心配をしすぎて、1円でも使わないようにと思い詰めていたので、所持金があったとしてもタクシーで病院に行くという選択はしなかったと思います。

 で、今は、もらっていないので、どうかしりませんが、当時は、このサービス、実施している自治体と、していない自治体があったみたいです。じゃあ、実施していない自治体はどうしていたのかというと、特に交通費とかの指定はなく、丸っと手当として「現金支給(一年に一回、数千円)」されてました。引越ししたときに、交通チケットがもらえなくなって残念だなーと思っていたら、新しい自治体では、以前の自治体より少しだけ障害者手当が多くもらえました。つまり、交通費コミコミってことね。自分で使い道を決めていいよっていうことなんだと思う。

 引っ越し後は、現在の夫と暮らし始めていて、無理くりタクシーで病院に連れて行かれるようになったので、チケットでも現金でも、どちらでもうれしかったです。状況が変わると、どっちがいいかは変わりますね。

 と、まあ、こんな具合だったんですけど、イートスタンプで議論されている方たちは、この「交通チケット」と「現金」どちらを推奨するのかなー、と素朴な疑問を持ったので書いてみました。

 豆知識としても、どうぞ-☆

 

 この記事に対する分析をいただきました。すごく納得しました。

 うつを拗らせて希に関節拘縮をおこす方も…身動きすらしなかったんでしょうね。貧困妄想を伴ううつでは現金があっても使おうとは思わないかも。

 

◆交通チケットをもらえる前の状態はこちらの記事にありました。