女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんです。キレキャラとおふざけキャラと真面目キャラを分離する才能がないので、丸ごとの自分を出してます。

私は発達障害なの?ストラテラを飲んでみることにしました【3】

 さてさて、ADHDの私自身のエピソードを書いたところ、当事者の方や詳しい方から色々な情報をいただき、とてもありがたいです。実際、ストラテラを飲んでみて、どんな感じだったかと、ブコメのアドバイスに対するお返事を書いて、このシリーズは一旦終わりたいと思います。

 

ストラテラを飲んでみた感想

 ストラテラを飲んでみて一番効果が感じられたのは、思考の暴走でした。前回の記事の「ケース5」は全くなくなりましたね。「ケース4」の気が散りやすい、最後までやり遂げられないも、収まった気がします。ただ、作業が終わったあとの散らかり方とか、食器洗浄機への食器の詰め方が雑とかは治りません。これは単純に、私がガサツなんでしょうね(笑)

 前々回の生地で書いた「ブログに集中しすぎて他の事ができなくなる」というのも、落ち着きました。実は、しばらく前まで、脳内に浮かぶ全てのことを「はてなブログ」の下書き機能でメモしていたから、そんなことになってたみたいです。要するに「思考の暴走」が原因でした。ですから、今、それらの下書きを読んでみると「なんだ、こりゃ?」というくらい、思ったことをただひたすら書き留めている文章で、「マジ、公開しなくてよかったー。」と思います。別に読まれて困ることではないんですけど、本当に思ったことの垂れ流しなので見てもらっても、つまんないだろーなーと思います。

 まあ、結果としては全体的に行動が落ち着いたので、しばらく続けてみようかなと思っています。

 

ブコメへのお返事

 色々なご意見、アドバイスをありがとうございました。ご心配いただいているようなので、少しお返事を書きますね。

検査について

まずは

「検査してないんですかね?」

についてです。私は冬がダメで冬季うつっぽくなってて、実は今、体がしんどくて通院ができていないんですよね。一時的に訪問診療に来てもらっているのですが、長時間になると診療費が高くなるので、まだテストは受けてないんです。通院ができるようになったら、受けることになるかもしれません。

 

夫との情報共有について

「case4はパートナーにも読んでもらって、ららぁさんの為にではなく彼のために。プリントアウト案件ですよね」

 ケース4の内容はすでに夫と話合っていて、夫も気を使ってくれています。最初は何のことか分からなかったみたいですが、ADHDのチェックシートの内容を見てもらって、私の歯がゆい気持ちも伝えてあります。それで、夫もADHDの人への接し方を勉強してくれいて、普段は「もー、ららちゃんは2歳だから仕方ないよねー」と笑って許してくれます。

 でも、夫はもともと短気できれい好きなので、仕事でひどく疲れていたりすると、イライラしたり、「だらしない!」って、とりあえず私を責めないと気が済まない時があるみたいです。そこらへんは、お互いさまということで、たまに怒られるくらいなら許容してます。

 あと、料理でパニックになっているときも、「何やってるの!」って怒るんじゃなくて、「まずは包丁を置いて、火を止めて、こっちにおいでー。」とか優しくひとつづつ声掛けをしてくれれば、素直に料理を止めると思うから、そうしてほしいとお願いしてあります。実際、そのようにしてもらえると、ガッカリするけど料理をあきらめることができていました。

 夫は非常に理解があり、協力的なほうだと思います。すでにプリントアウト済みなので、ご安心くださいヾ(⌒▽⌒)また、ご心配いだだき、ありがとうございます。

 

 ブログを書いていると、色々なアドバイスや参考になる意見をいただけるので、本当にブログで発信していて良かったと思います。また、当事者同士で共感できることも楽しいです。

 色々なご意見、本当にありがとうございます。