女だから言えること | 引きこもり、精神病からの生還

太ったおじさんみたいなおばあさんです。キレキャラとおふざけキャラと真面目キャラを分離する才能がないので、丸ごとの自分を出してます。

私自身を芸能人に例えると

 元々このブログは愚痴とポエムと思い出話を書きなぐる自己満足、ナルシズムブログで面倒になったら消すつもりだったんです。でも、ずいぶん昔に別ブログに書いた思い出記事とかも引越しさせてきちゃったんで、消すのが勿体なくなってきました。

 それに、当初の予定としては読者とかはせいぜいいても(今まで通り)20人くらいを想定していたので、こんなに読者が増えちゃったら、消しにくいじゃん、とか、まあ変な人の変な日記として残しておこうかなという気分になってます。今はね。メンタル落ちた時はなーんにも気にせずサクッと消してしまうかもしれないので、その時はご容赦を。

 残すのが恥ずかしい記事も沢山あるのですが、「私は情緒不安定な時はこんなふうになるんだー」と、のちのち自分の状態を客観視できるのと、読者の皆様にも「情緒不安定な人ってこんな感じだよ」と見える化しておこうというつもりで残してます。あ、あと、最近は精神科の担当医と夫に「最近はこんな感じでした」みたいのを残して見せるためにも書いてます。

 で、せっかくなのでナルシズムブログ的な原点に戻って(笑)、自分を有名人に例えるとどんな感じか書いてみたいと思います。

 

行動パターンが似てると思う人

ホンマでっか!?TV の澤口俊之先生

 言いたいことが言いたくてしょうがない。人の話の途中でも割って入る。言いたい時に言いたいことを言いたいし、その衝動を抑えられない。ナチュラルに無意識にマウントしてしまう。あたりのことが、すっごい似てるなーと良く思います。

 

爆笑問題の太田光

 この人も言いたいことが言いたくてしょうがない人でしたね。特に私の若い頃の行動パターンは、太田光氏に似ていたと思います。場の空気を読めず周囲がドン引きしてしまうような発言をする。思い込んだら、それが正しいと思い込む。みたいな行動が私と似てるなーって思います。あと、暗算が苦手なのも似てるかなー。

 

雰囲気が似てると思う人

和田アキ子

 何度かブコメで「私は和田アキ子的なので~」みたいな事を書いたのですが、私は慎重は高くないのですが骨格が大きい?らしくて、特に肩幅が大きくて日本人サイズの女性服はことごとく肩幅と袖丈が合わないんです。だから、若い頃からトップスは男性服を買ってました。そんなこともあってか、冬に夜の繁華街を歩いていると男性に間違えられて風俗の客引き声をかけられたことがあります。途中で客引きが気づいて「あ、女か。」て、言われました(笑)ちなみに当時は、和田アキ子そっくりのベリーショートにしてました。

 あと、気が強くて気性が荒いところ、根は妙に素直なところ、変な正義感を持っているところも似てる気がします。あと、姉御肌なとこも似てるかな。でも和田さんって、考え方がすっごい女らしいっていうか、かわいらしい人で好きな人の前では少女のようになってそうで、その辺のかわいらしさは私にはないような気がします。

 

中瀬ゆかり

 顔は中瀬さんが近いかなーと思います。中瀬さんが東京MXの5時に夢中とかで話してる内容は、割と普段私が友達と話している内容に近いので、考え方が似てるなーと、よく思ってます。ただ、あの人、脳内が古風なオッサン寄りっていうか、縦社会寄りっていうか、組織寄りっていうか、若い男の子のことを「お前」とか呼んだりして、意外と考え方や行動パターンがマッチョなところがあるので、その辺はちょっと違うかなと思います。あと中瀬さんは論理的な話ができるけど、私はできないので、頭の良さが全然違うなーと思います。

 

森公美子

 現在の私と、外見や大きさが似てるかなーと思ったんですけど、私はあんなに美人ではない気がします。あと、はっちゃけに明るいところも私と似てます。あと、すごく豪快に「ガハハハハ!」って笑うとこも似てますね。ただ、森さんて良家出身なのか、あふれ出る気品があって、あれは私が持たないものだわーってよく思います。

 

西原理恵子

 私自身はそうは思わないんですけど、今の精神科の担当医に「西原理恵子みたい。」って言われました。私が精神科にかかるまでのいきさつを今の精神科医に話した時、彼が(私がかわいそうで?)泣いてしまって、「へ、精神科医ってこのくらいの過酷な家庭環境くらい慣れてんじゃないの?」って思ってたのでびっくりしました。

 で、私が常に「お金が…(ない)、お金が…(ない)、お金が…(ない)」って、お金のことばかりを気にするので、そこらへんが「自分の子供の頃の境遇」「お金は大切」みたいな本を書いた西原氏とかぶったのではないかと思います。

 ちなみに私の「お金がない」発言は「貧困妄想」ではなかろうかと、親切がブクマカさんが指摘してくれました。それもあったと思います。

精神疾患における妄想とは?症状、治療法と普通の妄想との違い

北斗晶

 北斗さんは本当に芯が強くて、賢くて、たくましくて尊敬の念しかないのですが、笑った時に顔がくしゃくしゃになるところ、安心している相手に対してはふざけて乱暴なことばを使ってしまうところが私と似てると思います。あと、健介さんが「チャコちゃん、チャコちゃん」「チャコちゃんがかわぃい」みたいによくテレビで言っていて、晶さんが大好きじゃないですか?ウチの夫の行動パターンが健介さんそっくりなんです。ほんと、あんな感じです。あと、関東だけど、都会ではない郊外に住んでいるってとこも似てますね。

 

最近、めっちゃ似てる人を見つけた

馬場ももこアナウンサー

 この方、アナウンサーなのに言葉遣いや行動パターンがギャルっぽいっていうことで賛否両論を受けてる方です。思ったことを思ったまま言ってしまう上に、がさつ、テキトー、自宅公開では部屋がかなり荒れている、彼氏がいると公言しちゃうとか、かなり自由です。林マオアナウンサーが彼女のことを苦手としているらしく、対面させられてました。林マオアナウンサーが、「女子アナは情報発信する側なので、信用第一。あなたのような(がさつな)人が(テキトーな)仕事をして、他の女子アナウンサーの信用を落としたくない。」といったような趣旨のこと馬場ももこアナに言っていたと思います。(違ってたらごめんなさい。)

 その番組で、馬場ももこアナウンサーは「天真爛漫」と言われていて、ああ私自身も若い頃には「天真爛漫」「自由奔放」と色んな人に言われて、面白がられて(笑われて)いたなーと思い出しました。私はこれらの言葉をいい意味でとらえていましたが、今となっては「マナーができていない」「空気が読めない」「様式美・形式美を無視する」「既存の概念を無視する」という意味も含まれていたと思います。

 馬場ももこさんの存在そのものに対して賛否両論あったってことは、私自身も個性が強すぎて、面白がって近づいてきてくれる人と、うっとうしてくて嫌厭して黙って去っていった人の両方がいたんだろうなと、しみじみします。

 

 以上、私を芸能人に例えてみましたー。