女だから言えること

中高年のおばちゃんの脳内を日記がてら綴っております。

なんか生きていけそうな気がしてる今日この頃Part2

こちらの記事で山奥で山菜やハーブを摘んで楽しんだお話を書きましたが、私がこの地を去る時に、地元の方々がいろんなお土産を持たせてくれたので、それらをご紹介。 私が山奥から帰る日、地元の60代前半のおじさん(仮称)原田さんが、「高円寺さんはふきが…

希望が持てる今日このごろ

私は18歳で親と絶縁しましたから、その頃から「財産」を築かなければ将来ものすごーく困るという恐怖心とともに生きてきました。実際、父と祖母はお金がなくて非常に悲しい人生の最後でした。お金がないだけでなく、人望もなく友達もいませんでしたから、親…

性的なことについても話し合いの機会があるべきだと考えます

この記事を見て気になったのだが、父親が自分の家で自慰をしていることの何が悪いんだ?というのが、まず最初に受けた印象。リビングでAVを鑑賞していたり、自室での自慰行為について音漏れしていることについても、なぜか悪意に取る人たちがいて、虐待では…

発達障害の症状を正直に教えてくれる、ありがたい人々

最近非常に親しく遊んでいる30代独身の男友達がいるんだけど、彼は非常に正直に色んなことを話してくれるので、楽しくてしょうがない。 以前、どこかで書いたようにお互いにタイプではないので同性の友達のように遠慮なく色恋やシモネタ、人生観まで話せるの…

昭和の広島大学の写真をUPし始めました。

プロファイル好きの人らの多いネットのことですから、私が広島大学出身であることは、わりとダダ漏れだと思ってます。 持ち物が多くなるのが嫌いで卒業アルバムも全て捨てて、賞状や表彰の盾でさえ捨ててしまう私です。ついでに写真に写るのも苦手で、集団写…

あなたのamazonアカウントはセキュリティー上の理由で中断されました

今日、メールチェックをしていると、 「あなたのamazonアカウントはセキュリティー上の理由で中断されました」 というタイトルのメールが届きました。 私はリスクを非常に嫌うタイプで、少しでもおかしなタイトルのメールは開かないようにしていますし、元々…

庶民だからドレスの種類が分からなさすぎるお話

先日、外国人の主催するパーティーに行かないかと声をかけていただいのですが、やはりドレスコードとまでは言わなくても、若干ドレスっぽいものを来ていかなければならず、今の体型のドレスは持ち合わせていないし、新しいものを買う気にはならなかったので…

生きることに前向きになれない時期

全くのつぶやきで、非常に暗い内容なので心理状態の良くない人は読まないでね。 最近はあまりおっしゃらなくなったが以前、日本での安楽死の合法化を強く主張していらっしゃるはてなーさんがいた。私はその気持が分からなくもない。私はどんなに精神疾患がひ…

食べる時に音が出るクチャラー問題について

食べ物を食べる時に「くちゃくちゃ」と音を立てて食べる人のことを、ネットでは「クチャラー」と呼び、マナーの学習が足りない人として批判する傾向があるようですね。私はこれが苦手です。その理由を2つほど挙げてみたいと思います。 口内が狭すぎて噛み方…

ハイヒール問題に心底腹が立つのでガチの改定版

心身ともに体調が悪化中なのだが、若い頃に受けた化粧とハイヒールへの恨みが再燃したので、メンタルの状態が悪く興奮した状態でも書きます。メンタルの状態が悪い時に何か書くとロクなことにならないと体験的に知っているのだけど、恨みでイライラするので…

子供に何歳から料理をさせるか問題

私の家は育児放棄の虐待家庭だったので、自分のことは自分でやらないと生きていけない環境でした。物心ついた頃にはすでに自分の食べる食材は自分で買いに行かなければ、食べ物が無いことも多かったですし、自分で調理をしないと誰も食事など作ってくれない…

バーベキューって何かと物議をかもしてるけど…

はてな、特に増田では、ちょいちょいバーベキュー問題が物議をかもしています。これらはおそらく、コミュ障さん達とコミュ強さん達の争い、あるいはリア充さん達と非リア充さん達との争いであるのだと思います。 私自身は心身ともに健康な時は、とにかく動き…

とにかく、ゆこう

たとえば、 就職先が決まっている学生や、 サラリーマンの人たちは、 先が見えるのが怖いって このまま行けば、 こうなって、こうなって、 こうなるだろうって わかるから、怖いって言うのね。 もっと、冒険をしてみたかった、 みたいなことなのかな? だけ…

amazonプライム・ビデオで文化人類学的な勉強をしよう!

www.amazon.co.jp 私が子供の頃のTV番組は、まだ、戦争の残り香を残しており、庶民の苦労話の物語も非常に多かった時代でした。おしんのように子供が丁稚奉公で働き、ひどい差別を受けながらもたくましく生きるような物語、農村の貧しい娘が遊郭に売られ逃…

フロムの「愛するということ」の概要を知ろう

フロムの「愛するということ」動画を見つけたのでご紹介しておきます。 増田などで、恋愛や結婚などの話題が振られると 婚姻と愛を一括りして考えようとする人の多さに 驚くことがあります。 なぜなら、私の家系は母方も父方も 兄弟全員が親の決めた相手と結…

考えが統合できない人、人との境界線が分からない人

私はこの記事に対して 「何か統合失調の傾向がありそう。統合失調症/認知症の診断名がつかなくても物事の繋がりの把握が苦手な人はいる。多分妻の中では当初「レシピ/夫の気持ち/夫が病床」等の事象が一つの事として繋がってなかったのでは? こういった特性…

思い込みからくる誤解について思うこと

「思い込みからくる誤解」について、今でも覚えていることとして、小学校高学年の時の出来事があります。 ある日、小学校で「今日は分担で学校の裏庭と体育館を掃除することになりました。A班は裏庭、B班は体育館の掃除に行ってください。」との指示がありま…

性格診断テストをやってみた743

こんなのを見つけたのでやってみた。 結果は「主人公」だったんだけど、こんなものは自主申告で簡単なカテゴライズをしてるだけだから、おしゃべりのネタくらいにはちょうどいいけど、真に受けるものではないと思ってる。 私は自分が「主人公」になれるよう…

音読しないと理解できない脳743

togetter.com 私のブコメ 「私だぁああ。脳内で音読するだけでは理解できないので、何なら本当に声に出して読む。そうでもしないと脳が理解しない。小中高大の試験でも問題読むときにブツブツ言いながら読んでた。そうしないと理解できないのー」 最近、ブロ…

この記事へのコメントのひどさに腹が立つ話743

b.hatena.ne.jp 私はこの記事に対して、 「所詮みんな他人事。誰かの失敗を叩いて楽しむだけ。周囲にこ のような子がいても絶対に教育を授けないであろう人達の軽率で 無責任なブコメ群。 諸事情でしつけや教育を受ける機会がなかった又は理解力が低く苦労し…

天皇制についてネットで盛り上がっているので743

元号が、平成から令和に変わったということで、世の中は大騒ぎみたいですけど、テレビも見なければ、新聞も読んでないほど、個人的なことに忙しくしている現在の私は、あんまり実感がないんですよね。 商売をなさっている方々には、よいチャンスのようで、セ…

今日の気になる記事743

twitter.com ツイッターのアカウントは持ってないし、使い方も分からないのですが、この風刺画に以下のように国名を入れた人がいたみたいで、興味深いのでお知らせ。私は以下の絵をみて「うふふ」と笑ってしまいました。 ある人には国際関係がこのように見え…

我が家のホームパーティーのお料理743

最近は、がんの手術も控えているということで、栄養管理や運動を強化しています。すると、自宅でホームパーティーを開ける程度の体力が戻ってきたので、5~6人の来客に対応したホームパーティくらいなら開催できるようになってきました。 なんといっても、…

甲状腺を半分切除することになりました。

しばらく前に、甲状腺に悪性腫瘍が見つかったと書きました。甲状腺の腫瘍は、悪性であっても比較的に安全な場合もあると、別分野の医者である友人から聞いていたので、あまり深刻に考えていませんでした。ですが、現在通っている甲状腺専門病院の専門医の話…

見てね!

親しい友人が関係しているドキュメンタリーで、なかなか好評のようです。私は路面電車の車掌をしていたこともあり、何か面白いエピソードを知らないか?と企画段階で聞かれたのですが、良いエピソードは思いつかず力にはなれませんでした。 一回目のシリーズ…

孤独について思うこと

先日、50代の男性の友人と「孤独」について話した。私が彼に孤独を感じないかと聞くと、彼は仕事人間でわりと仕事の仲間に恵まれているので、あまり孤独を感じないと答えてくれた。 だけど、私の孤独はそのたぐいの孤独ではないと、彼の返答を聞いて思った。…

プライム・ビデオで「硝子の葦」を見始めました。

www.amazon.co.jp 私はリアリティのある映画やドラマが好きです。ですが、何にリアリティを感じるかというのは、その人の生い立ちや体験に大きく依存すると、ずいぶん大人になって気がつきました。 例えば、昭和の同じ時代を描いた作品で「三丁目の夕日」に…

年上の女性が私にプレゼントしてくれた曲

はてなの女性陣の文章を見ると、ああ、やっぱり女の私にとっては女性の書く記事やコメントのほうが心に響くなぁとしみじみしてしまうことがあります。 物理的に距離が離れてしまって、なかなかお話ができていない10歳だか20歳だか年上の、割と尊敬している女…

精神科に頼る坊主と、東滴壺の君と、君の友達

人間、生きていれば多少、精神を病んだり、何かに救いを求めたりするものなのでしょうね。瀬戸内寂聴さんも毎年出版なさる「暦(こよみ)」に、積極的に精神科に頼るよう、何回も書いていらっしゃいます。 寂聴さんくらい長生きしてしまうと、心も体も元気一…

モテるおじさんのお話

ある時期に60代も半ばに差し掛かった洒落たおじさんが仲良くしてくれて、時々二人で終電まで飲んでいた時期がありました。ちなみに私はお酒が飲めないので烏龍茶を飲むのですが、おじさんといると楽しいので1杯くらいなら…とカクテルくらいはいただいたりし…