女だから言えること

中高年のおばさんが趣味で書いている個人の体験メモ&日記です。

パンツを脱がなかった米兵

とあるバーで一人飲みしていた時、一人の米兵と目が合った。普段、夜遊びをしていても、米兵の体育会系の飲み方と女の子にガツガツした感じには閉口していたので、私自身は米兵の若い男の子たちと話すことすらなかった。だけれども、その米兵は、何か、雰囲…

ギリシャ人男性に口説かれて、食事に行ったお話(20年前)

さてさて、現在ギリシャの財政破綻云々でユーロは大騒動ですが、実は、ワタクシ、外国に住んでおりました時に、ギリシャ人の方々と御縁が多くて、ダンスや音楽を楽しませていただいてたんですよね。ちょっと、その思い出について書いてみようかな。 素朴なギ…

【謎の告白】実は、あの時、結婚していませんでした

燃えた記事を蒸し返すと、またコメントが増えそうなのでリンクは張りませんが、借金癖、浪費癖家族への対処法的なものを書いた時に、現在の夫のことを、夫と書いたのですが、実はあの頃、私は夫と結婚していませんでした。 つまり、私は結婚もしていない、た…

安定した収入を重視して結婚したけど、夫が仕事を辞めたい話

私はこの記事に対して 「私は逆に(失業・病気をした)夫を養える経済力がないと結婚しちゃいけないと思ってた。同居を始めて2か月で夫が仕事を辞めちゃって、私が養ったけど、1馬力でも2馬力でも2人の方が楽だな。帰ったら家事やってあるし」 と、あんまり…

私が結婚を断固拒否していた本当の理由

上記の記事で書いた通り、私は「結婚」というものを心から嫌っており、「独身主義」を公言していた。私がそこまで結婚を嫌がるようになったのには理由がある。今回は、その理由を書いてみようと思う。 私が好きな男性と結婚しなかった理由 結論からいうと ・…

結婚・同居しなくてもパートナーシップは持てるよ

なんか、この増田の追い詰められている感じが気になったので、書いてみた。 ■別に結婚する必要はない 私も自分は一生結婚しないと思っていた。今は一応、「婚姻届」を役所に提出していて、夫と結婚の形態をとった生活をしているが、それは本当にうっかり「婚…

40歳を過ぎたからこそ、結婚できた男性の話

この増田を見て、すんごい思い出したことがあるので書いてみる。 私には優子という幼馴染がいるとしよう、そして優子の兄が武だとしよう。 武は子供の頃から、風呂が嫌いで、いつも髪の毛は油でべたべたで、学生服の襟は真っ黒、襟周りの黒ずみ汚れのことを…

恋愛がうまくいかないと悩んでいる人へ

これは、心理学の女性学者が言ってたことなんですけど、人間の恋がうまくいかないのって、こういうことなんですって。 恋をしたら、当然、相手に期待をするわけですが、どんな期待をするかというと3種類の期待をするそうです。 ---------------------------…

自由な蟻と、糸のキレた凧と、モラハラ女

135(いちさんご)の自由な蟻でも聞きながらどうぞ。 私はひどい女だ。 10歳以上年下の男と、軽い気持ちで付き合うことができるほどに。 そして、彼は私のモラハラに耐え、今となっては私の夫となった。 私は彼に出会って、まだ、あいまいな関係の時に、…

捨てられる覚悟*銀河鉄道999*ゴダイゴ

ゴダイゴの「銀河鉄道999」でも聞きつつ、 テレビ版の「銀河鉄道999」の最終回でも見つつ、どうぞ。 私はいつもこう思うのです。 社会を支えているのは、いつでも母性だと。女は強く賢くなければならないと考えるのです。挑む勇気や、退く勇気は男女と…

矢野顕子*「ひとつだけ」*愛と恋の違い

矢野顕子さんの「ひとつだけ」でも聞きながら、どうぞ。 女は生物学的に男に対して知らず知らずのうちに色恋をしかけてしまい、独占したくなってしまうものなのでしょう。 生物学的に見ても、種の保存という観点から見ても、女というのは色気(フェロモン)…

かせげない女に結婚する資格はない、と思っていました

前回の記事は 男にやしなってもらうなんて想像がつかなかったでどうぞ。 軽薄な恋だから、「あなた!他に何人の女がいるの!!」とか そんなふうに感情移入をしていなかったのです。 もちろん、ちょっとだけ 悲しかったり、イラッとしたりもしましたが、 そ…

男にやしなってもらうなんて想像がつかなかった

前回のお話は、男女は友達になれるのか?でどうぞ。 別れると決めて、最後の別れを告げる時、あるいは告げられた時、私はいつもスッキリしていました。「これで、よかったんだ。」と。 私が付き合った男性は心理的に大人でしたし、別れる、別れないで、揉め…

男女は友達になれるのか?

15/04/17に公開した記事です。 歳を重ねて自分の人生を省みると、私はいつも男性より 自分探しの道を選んでしまった。 そのために、男性たちを振り回した事実は否めません。 それが間違っていたのか、正しかったのかは 未だに分からないんです。本当に。 で…