女だから言えること

中高年のおばさんが趣味で書いている個人の体験メモ&日記です。個人の体験(=人生)や考えを否定したい方は陰口サイトでやってね。

生きるのだりぃー

夫が仕事を辞めるみたいです。おかしいと思ってたのよ。うちは夫が居酒屋で飲むほどのお金がないので、夜は私の作った料理と激安スーパで買ったお酒で、私がホステス代わりになって晩酌をするのですが、まー仕事の愚痴が攻撃的で怖いくらいでしたからね。 で…

生きていてごめんなさいの感覚

「私なんかが、生きていてごめんなさい。」 どれだけの人がこの感覚を持って生きているのだろうか?思い出してみると、私はおそらく25歳をすぎたあたりから、この感覚を強く感じるようになった気がする。ここのところ、その理由をずっと考えている。 思い当…

生理について思うこと

目次 目次 今回の生理が重い 生理は不浄らしい 生理があると怒られるらしい 今回の生理が重い 今回、生理前症候群もひどいし、生理もひどい。生理前症候群は過食がひどく、自分で焼いたパウンドケーキを1本まるっと食べた上に、またパンケーキなどを焼いてた…

常識がないコンプレクスについての愚痴

前回の記事で「失礼だ」「そんなことも分からないのか」がきたので、これについて説明しておこう。もう、これは言われすぎて涙も枯れたやつだが、未だに泣けてくるくらいのコンプレクスだ。私を責める人の常套句は「失礼だ。」「常識がない。」だからだ。 ま…

学校の先生に救われたお話

この話を読んだ時、私は3人の先生、いや、その他複数の学校の先生を思い出した。が、まず、先に念を押しておきたい事がある。 医療・福祉従事者が給料以上に働く必要は感じない この記事でボランティアについて書いたのと同様に、教員、医師、看護師、介護…

前回の記事への補足。

増田にアドバイスしたかっただけの前回の記事が反響を呼んでいてびっくりしました。いくつか気になったコメントがあったので、回答してみたいと思います。 サイコパス、人格障害だったら 私の真似はしないように プロに任せたほうが良かったのか? 父親のケ…

借金癖、浪費癖のある家族への対応

私は、この増田に対して 「もう夫が更生してるので詳しいことは書かないが、似たようなことを似たように処理した。人と人を結びつける一番強い感情は「償い」だと心理系の人が言ってて、夫も一生をかけて私に償うと言って、超真人間になった」 とコメントし…

普通の人になりたいコンプレックス

私ね、子どもの頃から自分が変人だと思っていて、今考えれば育児放棄だったから極端に社会常識がないとか、固定観念を知らないとか、ADHDの気質があるとか、そういうことが原因だったと思うんですけどね。 大学くらいになって、やっと大学や職場で常識的な人…

精神病・発達障害だけではない体の不調・体のだるさ

この増田を見て思ったんだけど、私も若い頃は体力だけはあったから、自分が少し情緒不安定なタイプなんだろうなーとか、うっかり屋さんだとか、物忘れが多いとか、自分と他人との違いをその程度に捉えていました。 ですけど、このブログを書き始めてから、色…

私自身を芸能人に例えると

元々このブログは愚痴とポエムと思い出話を書きなぐる自己満足、ナルシズムブログで面倒になったら消すつもりだったんです。でも、ずいぶん昔に別ブログに書いた思い出記事とかも引越しさせてきちゃったんで、消すのが勿体なくなってきました。 それに、当初…

今回の夫婦喧嘩の原因究明

基本的に問題は話し合いで解決するという我が家なので、けんかにまでなるということは大問題です。外交交渉が決裂して戦争が起こったと同じくらいに大問題なのです。ですから、なぜ戦争にまで発展したのかの原因の究明し、再び戦争が起こるのを防ぐ必要があ…

夫婦喧嘩の事後報告

精神状態が悪いと何でも打撃になる 体調とメンタルが悪いので、色んなことがあまり上手くいっていません。誤解のないようにに書いておくと、ネットに関わっているから体調やメンタルを崩したのではなく、体調やメンタルが崩れていたところに、「元増田の否定…

言葉のニュアンス、重みと言語認識IQ、そして夫婦喧嘩

私の不注意がそんなに嫌なら、別居しようとケンカになった。 私は冬は非常にメンタルも体調も悪い。3~4月で寒暖の差や気圧の差が激しい時はもっと調子がわるい。さらにADHDの症状も強くなるような気がする。 夫は暴言が多い。言葉遣いも悪い。ようするにガラ…

自由な蟻と、糸のキレた凧と、モラハラ女

135(いちさんご)の自由な蟻でも聞きながらどうぞ。 私はひどい女だ。 10歳以上年下の男と、軽い気持ちで付き合うことができるほどに。 そして、彼は私のモラハラに耐え、今となっては私の夫となった。 私は彼に出会って、まだ、あいまいな関係の時に、…

【書籍】冒険者たち&【アニメ】ガンバの冒険&私の冒険

「冒険者たちのバラード」 私は、生きるということは戦うということだと学びながら育ちました。 まずは父親を踏み越えて、母親を無視し続け、 友達の死を見送り、それが10代、20代の私でした。 父親は、私は18歳かくらいの頃、人生に絶望して 包丁でのどを突…

男性不信だから、一人が良かったのよ(笑)

私は、父親に逃げなければ殺されるというくらいの暴力を 日常的に受けていたし、 子供のころから男がたよりになるものだと思ったことがなくて、 むしろ、男ほど弱くて信用のならないものはないと思っていました。 それはもう、小学生の頃からそうだった。だ…

執念や執着が、どんどんなくなっていく

【前回の記事】捨てた本を何回も買い直してしまう性格 そもそも、アパートの部屋に鍵をかけていませんでしたから。 みんな勝手に家に上がってきました。 今はさすがに鍵はかけますが(笑) ただひとつ言えるのは、私にはお金も物も男も、 捨てるものも、失う…

捨てた本を何回も買い直してしまう性格

私は変わった本の買い方をします。書店で、まずパラパラっとめくって、気になったら読み込んでしまう。そして、全ての文章を好きになってから買うという、不思議な買い方をしてしまうのです。 だから、衝動買いというのがあんまりないんです。今まで最小だと…

(主に児童)虐待を主題にした「詩集」を書いたことがあります。

昔、自費出版をしたのですが、つい最近出版権が切れました。 んでもって、ネットで中古で売ってるし、ほしいい人は中古で買うだろうって 思ってました。(中古品売買は私に一円も入りませんけどね。) たまに買って読んでくださってるいる方がいらっしゃるよ…

ありのままに生きすぎた私

アナ雪で「レリゴー」がずいぶん流行ったようですが、全曲を真面目に聞いたことのない私。あれだけ「ありのままの~♪」が流行るってことは、よっぽど、ありのままに生きられないと苦しんでいる人が多いんだろうと全く他人事ののように感じてしまった思った私…

私のブログの時系列について

私の、経歴や年齢についてご興味を持ってくださった方がいたようですが、 このブログは30代前半から現在まで、趣味でワードで書き散らかした文章や ブログにハマっていた頃の記事をはてなブログさんにお引っ越しさせているので 30代に書いた記事か40代…