女だから言えること

中高年のおばさんが趣味で書いている個人の体験メモ&日記です。個人の体験(=人生)や考えを否定したい方は陰口サイトでやってね。

素朴な疑問:化学反応式ってどうやって解いてたの?

 私は文字で色々なことを認識するのか非常に苦手で、脳の中で二次元の映像として物事を処理することが多いんですね。

 そして、これまたややこしいことに、私は3次元があんまり理解できないのです。 映画の3Dくらいならわかるのですが、夫の3Dのゲームは横で見ているだけでも画面酔いしてしまいます。

 さらに3Dは自分でキャラクターを動かさなきゃいけないでしょう ? その時に奥行きの感覚が分からず、どの方向にマウスを持っていったら奥に進むのかが全くわからないの。だって、3Dゲームは二次元の画面に3Dの絵を書いてるわけじゃないですか? だから私の脳だと解釈できないの。

 だから、夫が3Dゲームをやっている時に、「ちょっとトイレに行ってくるから、前の人について行っておいて。」と頼まれて、「はーい」と言ったはいいものの、どこをクリックしたらどの方向に向かうのかがさっぱり分からず、ついて行けずに置いていかれて、夫にめちゃ怒られました。

 

 また関係ない前置をしてしまったのですが、 私、化学反応式を文字と数字で解くことができなくて 絵で解いてたんですよね。 例えば H には手が一本でOには手が2本で、 それらが余らないように手をつなぐと H 2 O になるという解き方です。それを脳内で絵でイメージして アルファベットと数字の記号に置き換えてたのです。

 で、複雑になってくると脳内だけでは絵が描けないので、答案用紙や問題用紙に絵を書いて解いていました。不思議なんですけど、この模型は脳内で組み立てることができていたんですよね。今はもうその時、具体的にどうやって解いていたのか、すっかり忘れてしまったので、同じ問題は解けないんですけどね。

 で、大人になって思ったのは、みんなこんなめんどくさい解き方してたのかなということです。難しい式だとこんなんじゃ間に合わないよなぁと思ってしまって、みんなどうやって解いていたのか気になってしまって、こんな記事を書いてしまいました。

 化学反応式の解き方なんて、100文字のブコメで答えられることではないだろうから聞いても仕方ないのは分かってはいるのですが、まぁ一応、映像処理脳の私はこんな解き方をしていましたみたいなお話です。

 

おわり

PR2a1