女だから言えること

中高年のおばさんが趣味で書いている個人の体験メモ&日記です。

友達に身バレしておりました。

 さて、さきほど、はてなの有名人「くたびれはてこ」さんのブログを熟読してまいりました。カンドーさんやはてこさんのように、きちんと自己主張ができて、アクティブに動ける女性たちが大好きなので、彼女たちのブログのファンです。

 そして、はてこさんの最近の記事を、多くの人が読んでいてい、「あのブログを書いていたのはあなただったの?」というご指摘をいただいたそう。

 

 実はワタクシも、先日、とうとう「ブログ見てるよ!」と大好きな女友達から知らせが来てしまいました。このブログを書いていることは、夫、担当医、親友と呼んでいいほど親しい女友達にしか話しておりませんでした。つまり3人にしか教えていませんでした。

 ネットの人達は、断片的にしか「らら」というペンネームの私の人格を掴むことができないでしょうから、私が目立ちたがり屋だと推測した人たちもいたかもしれません。ですが、私はリアル社会では照れ屋さんなので、このような内心を吐露するブログの存在なんて恥ずかしくて、友人知人になんて知られたくないタイプなのよ。あは。

 明るく元気で、なーんにも考えてないおばちゃんとして、楽に生きたいわけよ。

 

 だけども、リアル社会で信頼できる相手には生い立ちや心情を吐露しているので、そういった友人に見つかってしまっていたみたいです。「いつから読んでたの?」と聞いてみると、「半年くらい前からだよー。」と返事が返ってきました。

 半年間も、このブログを読んでいることを知らせずにおいてくれたのは、照れ屋の私への気遣いかなぁと思えました。となると、もしや、他にもこのブログを読んでいて、私だと気づいているけど、言わないでおいてくれている友人たちもいるかな…と思うと、顔から火が出そうなくらい恥ずかしいのですが、まあ、やっちゃったことは消せないので、仕方ないですね。

 

 私の大好きな50代後半の貧困女性ブロガーの方も、パートの勤め先スーパーでの様子を時々書いていらっしゃいました。すると、そのスーパーのお客さんから、「ブログ読んでますよ!頑張ってくださいね!」と励ましてもらえたそう…スーパーの情報を漏らした程度で人物が特定されてしまうくらいだから、ブログでヒントを出しまくっている私なんて、プロファイルされちゃったら、すぐに名前くらいは特定できそうだな…とは思っています。

 

 ですが、特定されたところで、主婦時々パートのおばちゃんなので、何かの被害を受けるとも思えず、ま、いっか、という甘い気持ちでいる面もあります。

 ですが血のつながった親族や、祖母や父親が何かしらの損害を与えたであろう出生地近隣の方々に見つかって、大金を請求、要求されたりするのも怖いなという意識もあるので、過去の話は小出しにしています。

 ブログとは関係ありませんが、実際に祖母の負債について代理人(弁護士)から裁判前提の内容証明がきましたから、問題の多かった祖母や父が何をしでかしているかが、誰かが代理人を通して告発してくるまで、全く予測がつかない状態なのです。

 だから、私が特定されるというより、父や祖母が特定されて、「あの人の血族が生きているのか!賠償金請求してやる!」ってなることの方を、私は恐れているわけです。そういうわけで、弁護士や行政書士とすぐに連絡が取れる状態にしておかなければならないという悲しい状況なんですよね。死んで数十年経ってさえもなお、親族に迷惑をかけ続けるスゴイ人達だわ。と呆れているところです。

 

 私がブログで身バレしたお話と、私は身バレしても、どこにでもいる普通のキモくて金のないおばさんなので問題ありませんが、家柄がバレてしまうとまずいというお話でした。

 

おわり

 

◆以下の広告を踏んで、何か買っていただけるとありがたいです。