女だから言えること

中高年のおばさんが趣味で書いている個人の体験メモ&日記です。個人の体験(=人生)や考えを否定したい方は陰口サイトでやってね。

私が踊るダンスが一種類増えそう

以前、私はラティーノ(南米人)とダンスをするのが好きだと、プローフィールに書いていたのですが、私が踊ることができるのは、サルサ、メレンゲ、サンバの三種類なのです。

 

 ですが、最近、大人のダンスコミュニティに知り合いができて、別の種類のダンスに挑戦することになりました。

 まずは、私が好きなダンスの種類についてご紹介。

 

サルサ

音楽自体はキューバ発祥だと思うのですが、ダンスは南米の踊り好きなら、踊れることも少なくありません。だからといって、南米の人がみんな踊れるわけではありません。競技サルサと違い、一般人の踊るサルサは非常にラフです。

 逆に、日本人のサルサ好きの人達が集まるホールに行くと、競技サルサ好きの人達が集まっていることも少なくなくて、「君の踊り方はペルー式だね(ふふっ)」って鼻で笑われたりしてました。まあ、競技ダンスの世界は自分に自信がある人も少なくないのでしょう。私はラティーノの集まる安酒場で、ネイティブとラフなダンスを踊るほうが好きでしたね。

 

 

 

 私も安酒場で、「バイラモス!(踊りましょう!)」と言って、男性を誘っては踊っていました。もちろん、男性から誘ってくれる時もあります。いやなら、断ればいいだけだから簡単よ。

 

一人でステップを踏んでも、それなりに見栄えはするでしょ?

 

 

  この曲が私がサルサで一番好きな曲です。

メレンゲ

 たぶんドミニカ発祥?サルサと何が違うの?と聞かれれば、ステップが違うということくらいしか説明できなのよね。私では…

 

サルサもメレンゲも広いホールがあれば、のびのびと踊ることができるのですが、狭い空間で踊る場合は、こんなふうにこじんまりと踊ることもできます。

 

サンバ

 サンバも競技系と、浅草サンバカーニバル系のサンバが有名ですが、私が踊るのは、ごくごく一般的な、一般人が踏むサンバのステップです。

 

 これが、一般人がおどるカジュアルなサンバステップです。

 

 これくらいの体型の人でも、踊るのは不可能ではありませんが、なにせ他のダンスよりも動きが早いので体への負荷が強すぎて、私の場合は3分くらいでバテてしまいます。

 サルサ、メレンゲが長距離走だとすると、サンバは短距離走という感じです。サルサやメレンゲは相手を変えたり、一人でも何時間も踊れるので、本当に良い運動になります。腕を上げて回ったりする動作が多いので肩こりにも良いです。

 

 今、顔を出しているダンス教室も南米のダンスです。その教室で面白いのが日本人男性のシャイなこと…とにかく女性と体を近づける事ができず、先生にもっとくっつけと言われてばっかりなんです。それでも腰が引けてて、最終的には相手の女性の胸と日本人男性の胸の間に、薄いティッシュの箱を挟まれて、落とさないよに!と指導されてました。本当に日本人男性はシャイでかわいいですね。うふふ。

 そこにはラテン系の外国人女性もいたのですが、スイスイ踊ってましたね。おそらく60代くらいではないかと思ったのですが、足がとてもきれいで、ヒールを履いて踊っていると足も美しいままなのかしら?と関心してしまいました。

 

 さてさて、今は体調が悪いのに勉強を初めてしまったもので、結構、地獄味があるのですが、勉強に慣れてきて、腫瘍の手術が終わったら、踊りたいなーと思っているところです。