この記事へのコメントのひどさに腹が立つ話743

b.hatena.ne.jp


 

 私はこの記事に対して、

 

「所詮みんな他人事。誰かの失敗を叩いて楽しむだけ。周囲にこ のような子がいても絶対に教育を授けないであろう人達の軽率で 無責任なブコメ群。

 

諸事情でしつけや教育を受ける機会がなかった又は理解力が低く苦労している人を袋叩きにするネット文化が本当に怖いし腹立たしい。この子が愚かなのは何故か?自分はこのような子に何ができるか?と何故考えないのか」

 

このような怒りのコメントを書いた。

 

 このブコメ群が、まさに、自分は恵まれた能力、家庭環境、教育環境を与えられた人間だという自覚のない人たち傲慢さだ。ネットを見ていると、このような方々には一度、精神病棟や、児童養護施設に修行に行ってほしいと思うことがある。そういった施設には、病名がつく程の人から、病名はつかないけど社会生活に支障をきたしている人まで、いろんな人たちがいる。知的、発達、精神、人格に問題があり上手く物事を理解/処理できない人たちがたくさんいるのだ。

 字を読むのが困難な人、物事を関連付けてとらえるのが不得意な人、(成人していても)親がいないと一人で外出できない人、自分の思い込みや(幻覚・幻聴なども由来する)妄想などで話を進めるため虚言の癖があると思われてしまう人などなど、難しい人たちがたくさんいる。彼らは身体障碍者のように見るからに障害者ではないし、症状が軽い人たちは障害者ですらない。一見すれば普通の人たちだ。だが日常生活に支障をきたして困っているのは事実だ。だから、その現実をみて、ああこの人たちには、この人たちに理解できる言いまわしでの説明と説得が必要だと思い知ってほしいと思う時がある。

 だけど、実際には、このブコメ群のような人たちがボランティアに来ても、独善的な正義感で事態を悪化させることも少なくない。要するに、それでなくても理解度が低かったり、常識がなかったりで、社会に恐怖心を持っていたり、反発心を持ってしまっている人たちに向かって、(無自覚な見下しから)頓珍漢な説教やアドバイスを始めたりして、相手の心をかたくなに閉じさせてしまったり、気に入った人のみかわいがって依存心を育てたりするのだ。

 挙げ句の果てには目の前で起こっている現実に耐えられず、自分の説明能力、コミュニケーション能力、ヒアリング能力の低さを顧みず、それらを高めようという努力すら放棄し、(施設にいるような人は)ろくなもんじゃないから自業自得だ、と自己責任論で逃げ切ろうとし始める。

 施設内を見たからこそ、施設にいるような人(子供含)は、虚言癖だ、人格破綻だ、頭が悪い、言い訳ばかりする、などと偏見を持ってしまう人たちすらいる。なので、そのような方たちの独善的な正義感でひっかきまわされたら迷惑なので、ボランティアを拒否して受け付けない施設もあるほどだ。

 

 だけど、精神医療や児童福祉、障害者福祉の分野ではそういう対処の難しい人たちに対してでも、我慢強く、粘り強く、適切な距離感で対処している職員たちがいる。

 病院や福祉施設は、色んな背景や心理、精神、発達に問題がある人が入所して来るわけだから、一般的な生活ができる人ほど色んなことが器用にできないし、もし虚言癖や人格破綻があるなら、そのケアの意味も含めて病院や施設に入っているわけだから、そこのスタッフやボランティアが「あの人は虚言癖だよね、サイテー。」「あの人は人格破綻だから関わりたくないんだよね。」なんて言ってたら、仕事にならないし、そんな考えの人が働いていたら大問題なわけです。だって、そういう人達のケアや治療をする施設なわけですから、少なくとも建前上はね。

 虚言癖や人格破綻や無知は自己責任だから攻撃しても良いという理屈がまかり通るなら、最悪、相模原障害者施設殺傷事件のように、精神疾患の患者は殺されても仕方ないというところまで過激化する可能性だってあるわけです。

 虚言癖や人格破綻や無知は、治療や教育でケアするべきだ、馬鹿にするべきではない、攻撃するべきではない、という考え方が広まらない限りは、そういった人達が生きにくさを感じ、苦しみ、社会を恨んで犯罪を起こす確率は高まるわけです。要するに、こういった症状の出ている人達になら攻撃を加えてもいい、何を言ってもいいと思っている人達は社会を恨む手助けをした共犯者ということです。

 

 各分野の福祉施設で高い志や強い信念を持って、悩みながらも忍耐強く現実(=入所者)に向き合っている職員さん達を見ているからこそ、なおさら、自分たちは社会的弱者のために何もしないくせに、そのような状況に陥っている人たちを見つけたら嬉々としてののしる人たちは、私は「人としての誇りがない人」だと評価します。こういう方々は物の分からない人達を「お前はバカだなー」とののしって楽しんでいるようにしか見えません。自分より下の人間がいて、そんなにうれしいですか?という風にしか見えません。

 自分の理解できないこと、手におえないことは、全て相手が悪いと思い込んだほうが自分が楽ですからね。人間は弱い生き物ですから楽な道に逃げたいものです。

 

 たまたま、自分が物を知らなくて悲しい思いをしたこと、自分が愚かであったことをさらけだして、次の犠牲者を出さないように人身御供になっている子に対してよくもまあ、バカ女だのアホだのくるくるパーだの言えますね?子供の頃に、人に向かってバカだといった人がバカだと教わりませんでしたか?しかも、丁寧な言葉を使って人を馬鹿にするズルい人たちもいて「売春婦」という言葉をののしる言葉として使っている人は、性を売る商売をしている人たちのこともさげすんでいるとにご自分でお気づきですか?そのご自分の差別と偏見にお気づきなのでしょうか?

 

 そもそも社会を構成する一員なら、物を知らなくて困っている人がいたら、助けなければ、教えてあげなければ、と思わないのですか?きっとこの子は、このままでは苦労するから、色々教えてあげなければ…と憐憫の気持ちになりませんか?

 

 少なくとも、私自身は若い頃にそのような考えを持つ大人たちに見つけてもらい、根気強く育ててもらいました。そして、今ではそういった大人達だけでなく、社会全体に感謝し、何かお返しをしたいと思う人間になりました。

(お返しできているかどうかは別の話よ。)

 

 たまたま、さげすまれずに済む能力(判断力・思考力)を持って生まれてきて、たまたまさげすまれずに済む教育を受けられる環境に生れ落ちて幸運でしたね。だからといって、能力の低い人/教育の低いをさげすんでいいということにはなりませんよ。

 一歩譲って、心の中で差別しさげすむ内心の自由には目をつむるにしても、その「侮辱」を言葉にして表明し、しかも相手にぶつける理由はなんですか?相手が傷つくということに少しも配慮しないのですか?

 それだったら、私も私の内心の自由で、こうった人たちは「良心のない人」「人としての誇りのない人」と評価し、表明します。侮辱も見下げることもしませんが、怖いので関わり合いになりたくないと思いますし、態度を改めてほしいと表明します。

 

 北風と太陽の物語をご存知でしょう?愚かな人間を馬鹿にすれば世を恨んで反社会的な行動を起こさせるだけですが、愚かな人間を忍耐強く育てれば、少なくとも世を恨んで犯罪を起こす人は減る可能性が高まります。あなたは、大人として、どちらの行動を選びますか?

 批判や非難しかしない人、人様の無知/勘違い/失敗を指摘しバカにして回るタイプの人達は、ご自身も何かしら生い立ちや人間関係に問題があって、そのような習性を身に着けたのかもしれないし、病院に行ってないだけで、何かしらの障害の傾向がある人かもしれない。

 だから、強くは言いたくない。けど、その振る舞いは周囲からの己の評価を低くするだけでなく、周囲に「人の事をとやかく言って喜ぶ人種」を引き寄せます。そして、自ら、自分の立場や環境を悪い方向に向かわせるだけです。

 人を批判したり、非難したり、さげすむのは、およしなさい。だれのためにもなりません。自分の気が済むからやりたいというのであれば、密室で気心の知れた人と話してください。それでもどうしても負の感情を表明せずにいられないのなら、せめて、個人(の記事やサイトを)攻撃するのでなく、こういう行動をとる種族が苦手だという程度にし、個人を特定せず、お茶を濁してください。私自身が心身の状態の悪い時に内心の怒りを、怒りに任せて書いて、何も伝わらなかった上に、その一面を見て、私を嫌いなり、何かにつけて攻撃を加えてきた人たちがいたので余計に忠告です。

 リアル社会は感情的になってやりあっても、誤解を解く機会が別にあったりして、のちに握手ということもありえますが、ネット社会は匿名ですからそれができない。だから、できるだけ感情的にならず、冷静に物事を判断できるに越したことはないというのが、私の感覚です。でも、嫌なことを書いてる人を見ると感情的になるんだけどね。

 

 H氏の件を思い出してほしい。「個人攻撃は人を追い詰める」ということを皆が忘れてしまったなら、H氏も報われないでしょう。

 

 ネットの一部には、互いに足を引っ張り合って、みんなで地獄に落ちたいの?と思えるくらい人の足を引っ張るコメントばかりする人たちがいる。下からは押し上げ、上からは引っ張り上げて、みんなで協力して助け合えば、社会全体の底上げができるだろうに…と思う時がある。

 

ちなみに

あるブコメでウィキペディアのこのページが紹介されていた。

ja.wikipedia.org

 

このページには

肉体関係は必須ではない

と書かれてしまっている。「ウィキペディアはネットの百科事典なので、正しい情報」と思っている人たちもいるので、このような言葉をうっかりした若者が信じてしまっても、おかしくはない。

 

はぁ(*´ο`*)=3

 

今日は腹が立っても、怒りを抑えて、

怒った口調で書かなかったよー

よくがんばった!あたし!

(*′∇`*)

 

あせて読んでほしい記事