女だから言えること

日記&遺言

窓の外を眺めながら考えること

 

パソコンを窓際に置いて以来、

窓のそとを眺めるのが好きになりました。

と言っても、

アパートの別棟が目の前に建っていて、

部屋の中が見えないように

しっかりと

カーテンの閉められた部屋の窓が

幾つか見えるだけなのですが、

私はいつも、窓枠にひじをついて

別棟のカーテンの閉まった窓のほう

そして

真下の道を見下ろしてしまう。

 

道路で作業をしている人、

道を歩いて行く人、

車で通って行く人、

別棟の窓の中の人、

それぞれが、それぞれに

色んな人生を生きていて、

色んな物語を持っている。

って、

思うだけで、

うまく言えないけど、

くすぐったい気持ちになるのです。

 

何のイベントもミラクルもない、

平凡な毎日。

 

それが、うれしくてたまらない。

 

でも、それが、

時々は、退屈でたまらない。

 

私は低収入なので、

経済的なことを言えば

ヒヤヒヤしていなければいけない

立場なのに、

時々、そんなような

のんきな気持ちで

全てを他人ごとのように

とらえてしまう。

 

 

これから歳を重ねれば重ねるほど、

辛いことが増えて行くんだろうなって

しみじみとしながら、

でも、私は20代30代に、本当に

好き勝手にやったっていう

満足感があるから、

それだけで、もう、

生きる力になるというか、

うまく伝えられないけど、

そんな気分。

 

映画「ニュー・シネマ・パラダイス」で

「話すのも、黙っているのも同じ。」

て、セリフを誰かがいうのですが、

20歳くらいの時に響いた言葉を、

今は

実践するようになってしまいまいました。

 

誰にも、

余計な口をきかない人間です。

私。

 

ネットは書かないと、

表現しないと、

何も始まらないし、

ネットには

発達障害っぽい捉え方の人が

多いように感じたので

発達障害の人にも伝わるように

注意深く、詳細まで説明する文章を

書いていた時期もあったので

おしゃべりさんだと

思われたかもしれませんね。

 

まあ、私はリアル社会では

親しい人以外には、

特に職場では

寡黙な人、

何を考えてるか分からない人、

とみなされています。

 

地域の方々には、

明るく元気のよいおばちゃんと

思われていることでしょう。

 

何をどう言ったところで、

なるようにしかならないし、

「今」を見て生きるしかないんだもの。

 

そう、思うと、

言葉なんて出てこなくなるの。

言葉そのものには大した意味はなくて

その言葉で表現されたものの

全体像をつかむことにこそ

意味があると思うから。

 

ただ、

人の話を沢山引き出して、

うんと聞くのが好き。

 

ああ、

こういう考え方の人もいるんだ、

ああ、

こういう考え方もあるんだ、

って、

古い考え方から、

新しい考え方まで、

自由な考え方から、

偏屈な考え方まで、

生の声で聞くのが好き。

 

なぜだかね、

あいづちと質問を繰り返していると、

必ず、その人は

私のことを気に入ってくれるの。

 

考え方が全く違う相手であっても

最後には

「本当に聞き上手だね。」って

言ってくれる。

 

私は本当に人の話を聞くのが好きなの。

 

もしかしたら、

関わる相手を選んでるから

っていうのもあるんだろうけど、

もっと聞きたい、

もっと聞きたいって、

質問攻めにすると

その人の人生の

本当のところを知ることができて、

誰の人生も、

一筋縄にはいかない

っていうことを教わって、

納得して、

の繰り返し。

 

満足や不満足や、

退屈や興奮や、

鬱屈とした感情や、

舞い上がるような感情、

そういったものを

内側に抱えながら、

生きている、

人間という生き物が

面白くてたまらなくなるし、

「共に生きよう、戦友よ。」

みたいな、妙な共感みたいなものを

感じてしまうのです。