女だから言えること

日記&遺言

経験したこと勉強したこと訓練したことは誰にも盗めない

私は人生は修行だと思っている。
この動画で話されているように、
人生を最後まで生き抜く修行だと。

もう何人もの戦友が死んだ。

自殺、事故、病気、
どんな死因であっても、
結局、寿命だったのだと
最近は思えるようになった。

誰かが何かをがんばったからといって
自殺をとめることができたとは思わないし

誰かが何かを頑張ったからといって
事故を止められたとは思わないし

誰かが何かを頑張ったからといって
病死を逃れられたとも思わない。

 

ただただ、なるべくしてなったのだ。

 

人間には、
お金を稼ぎ、生活管理をし、
自分自身の身を守るという役割がある。
だから、
他人のためにできることなど
しれている。

たとえそれが
血のつながった家族であってもだ。

家族や友人が死んだ後に、
ああしておけばよかった
こうしておけばかったと
思ったところで、
その当時は、
能力的にも、状況的にも、心情的にも
そんなことはできなかったと
思える。

その時々で、少々無理をしてでも
相手のため最善を尽くした
と思えるので、
私自身は
あまり、後悔がない。

 

むしろ、後悔しないため
つねに、最善を尽くすようになったのかも。

 

私は常に葬式に動ける準備はしておく。
事故や自殺での死も急だが、
死ぬ直前まで自分が病気だと
親族/親友、わが子にすら
伝えたがらない人もいるからだ。

私が
「死ぬ前に一目だけでも会いたい」
と思ったところで、
本人が弱ったところを見せたくないと
頑張るのなら
知らないことにしておくのが
友情というものだ。

 

そんなことを考えながら
喪服や香典の準備を整えるお年頃なのです。

私の順番も近いな。