女だから言えること

「差別意識」は発達障害/機能不全家族/虐待/ジェンダーと密接につながっている

【食育】食べ物の好き嫌いは発達障害の症状だったりする

 すでに消されてしまった増田に書いた内容ですが、食事作りに苦労している方に参考にしていただければと思い、再UPいたします。

 元夫は肉と野菜を分けて調理すると食べない人でした、ですがマーボー茄子、回鍋肉、チンジャオロースなど、肉と野菜が混ざった中華料理なら喜んで食べるので、中華料理を頻繁に作り、油分や、肉を少しずつ抜いていく方法で食べるようになりました。

 配偶者も子供も自分とは違う人格や特性を持った人間ですから、100%満足させるものを三食作るというのは不可能です。私だって、元夫を100%満足させていたわけではないと思いますが、私が食事に関して考えたことをつらつらと書いてみたいと思います。

目次

育った環境の違い

 私は家に食べるもの自体がなくて、コメ一粒でも惜しい環境だったんですね。だし、世代的に茶碗や弁当のふたに米粒を残すのは品がない、弁当のふたを開けて、まず、弁当のふたのご飯を食べる人のほうが品格があるっていう時代だったんです。

 ですけど、たぶん夫は私と世代や環境が違いすぎていて、弁当のふたや茶碗に残ったご飯粒にいつまでも時間をかけるのは、みみっちいと感じていたのかもしれません。お弁当箱のふたについたご飯をそのままにしたり、お茶碗にいく粒かご飯を残したまま食事を終えることがしばしばあったのです。

 それに関しては、「あのね、私は昭和の人間でね、食べ物を大切にしなさいっていう時代に生きてきたの。お百姓さんが大変な汗を流して作ったものだから最後の一粒まで食べるのが礼儀という時代だったの。だから、ご飯粒はお百姓さんへの感謝の気持ちを持って、最後まで食べてほしい。」と伝えました。

 ですが、夫がお茶碗にご飯つぶを残すのをやめることはありませんでした。私もこだわりが強いのでしょうか?お茶碗に残った米つぶをみるたびに、すこしさみしい気持ちになってしまうのです。

肘をつきながらご飯を食べていた私

 あと、自分では気が付いていなかったんですけど、ある期間は私はひじをついてご飯を食べていたようです。夫に言われて気づきました。

 その頃は、体力がなさ過ぎて座っているだけでしんどくて、肘をつかないと座っている姿勢を保てなかったんだと思います。夫に注意させれても、「肘をつかないとしんどくて座っていられない。」といって、肘をついてました。

 たぶん、寝込んでいた時期で腹筋や背筋が衰えすぎて肘をつかないと座ってられなかったんだと思います。今は、できる範囲でストレッチや筋トレをやっているので、肘をつかなくても座っていられる程度の筋力はついたようで、肘をつかずに食事できてます。私が肘をつかなくても座っていられるような筋力が付くまで、夫にはずいぶんと不愉快な思いをさせたと思います。

 このように食事というのは具体的なメニュー以外にも、食事マナーや食事に対する意識など、すり合わせないといけないことがたくさんあるのです。

好き嫌いはASD(旧名:アスペルガー)の症状だったりする

 食事については、うちの夫は「生理的に無理」ということがとても多い、みやぞんさんに似ているタイプで、豚汁のネギは絶対に玉ねぎでないと嫌で、安いからといって白ネギに変えたら絶対にダメなんです。そんなことをしようものなら、とてつもなく不機嫌になるんです。みそ汁の具も、夫の独自のルールがあって、豆腐+白ネギはOKだけど、豆腐+玉ねぎは食べられないなど、事細かなルールがありました。

 最初は、「食事にケチをつけるなんて、さすが中流育ちのボンボン。安い物を組み合わせて作るのが庶民の食事じゃ!好き嫌いしてんじゃねーよ!」と、内心で思ってました。ですから、「食費節約のために安い物を組み合わせて作ってるから我慢して。」って言って我慢してもらってたんですけど、すごく嫌そうにしていて、食事が楽しくなさそうだったので、やめました。私も夫の不機嫌な顔を見るのがしんどくなったというのも一つの理由でした。そして、夫の好きな組み合わせを聞いて、少々割高になっても、夫の気に入る組み合わせで作るようになりました。

白い食べ物しか食べられない子供

 というのも、あるテレビ番組でアスペルガーの子供が白い物しか食べられないというのを見たから、夫ももしかしてこの傾向があるのでは?と思ったからでした。アスペルガーはこだわりが強いので有名ですが、食べるものにもこだわりが強くて、食べられるものと食べられないものにはっきりと別れるようです。

 そのアスペルガーの子はまだ自分で上手く意思表示できない年齢のちびっこなので、どんな食べ物が食べたいかの意思表示もできません。ですが、食べたくないものを拒絶する態度をとることは出来ます。そのような状態ですから、お母さんはさまざまな種類のものを食べさせ、拒絶するかしないかを確認するのですが、その子はほとんどの食べ物を拒絶してしまうのです。

 まだ発語もできないお子さんでしたから、本人が「白い物しか食べられない。」と言ったわけではなく、お母さんが色んなものを食べさせてみた結果、統計的に食べられるものは白い色だというデータが出たっていう意味なんですよね。

 じゃあ、白い物なら何でも食べられるかというとそういうわけでもなく、大根は食べられないし、モヤシは食べられない、だけど白ご飯とスパゲティは食べられるっていう感じなんです。

 そんなの無理にでも食べさせればいいと思う人もいるかもしれませんが、ちびっこ、しかもアスペルガー特性の子に嫌なものを無理やり食べさせたりしたら、「食べること自体」が嫌いになり、食事を食べなくなって栄養失調になる恐れがあると推測されるのです。アスペルガーのこだわりというのはそれほどまでに強く、よく言えば意志の強さがあり、食べない!と思ったら絶対に食べないといった特性なのです。それを、無理やり食べさせたりすると、トラウマになって食べることが恐怖や不快な感覚と結びついてしまう危険性があるんですよね。だから、無理やりたべさせるのはかなり危険なわけです。

 そういった事情で、お母さんが(それしか食べられないから)白ご飯とスパゲティを詰めたお弁当を子供に持たせて保育園に行かせると、「いくらなんでもあの弁当は手を抜きすぎ」「あんな弁当じゃ栄養が足りない、子供がかわいそう」とか言われてたらしいんですよね。お母さんは白ご飯とスパゲティを食べられることを見つけるだけでも、相当苦労してるのにね。

食べられないことを責めるより、食べられるものを増やす

 で、この番組を見て以降、この子の感じ、ウチの夫に似てるなーって思って、食事の内容を変えたんです。夫はハンバーグ、カレー、チャーハンみたいなお子様メニューが好きで、それにサラダなんかを添えると、ハンバーグやカレーだけ食べて、野菜サラダを残すっていう感じだったんですね。

 ですから、好きな肉の味を味わいつつ、野菜もとれるように、チンジャオロースーのような野菜と肉がまざった、野菜だけを残せないような料理を沢山考案して、野菜に対する抵抗感をなくしてもらうようにしました。例えば、野菜を細かく刻んで、野菜感があんまりでないようにしつつ、1食に100gの野菜を盛り込むチャーハンとかね。

 実際のレシピは以下のとおりです。

recipes.happylalastyle.net

普通の食事を続けていると夫の味覚が変わった

 このように野菜が多めの普通の食事をとり続けていたところ、夫は野菜を食べられるようになっていきました。未だに鍋ひとつとっても、白菜とねぎしか入れてくれるな、といったような要望はあり、私の好きな具材を入れられないので私の不満はたまりますが、あきらめました。どうして自分の好きな具材で食べたいときは夫用と私用で別々の料理を作ったりもしています。

 そんな感じで夫は薄味で野菜が多めの料理を好きになり、野菜が少なく塩分と脂分の多い外食を嫌いになりました。そして、会社の健康診断では必ずA(優良)をもらってきています。

 ただ、夫は外食よりも家のご飯を食べたほうがおいしいし、体の調子が良くなるからと、私が調子が悪くて料理を作りたくない時でも私の手料理を食べたがるという贅沢な悩みができてしまいました。それに関しては、調子のよい時に「大量に作り置き」をしておくという方法を取っているのですが、それ料理ブログのほうでUPしているので、ご興味のある方はご覧ください。

 

同じものを食べ続けても平気な夫

 アスペルガーっぽい「こだわり」とか「生理的に無理」という事柄の多い夫は、逆に「これさえ、あればいい。」「これだけが、あればいい。」っていう気質でもあるんですよね。「これしか食べたくない」とも言い換えることができるんですけどね(^^;)

 だから、気に入ったメニューを考案すれば、週に4回そのメニューでもOKなんです。だから、大量作り置きで対処できてるって気づきました。ハンバーグとかだと、ソースを変えるとかの工夫はしますが、週5とかでも多分食べてくれると思います。

 毎日、同じものは食べられないという相手だとしんどいかもしれませんね。

追記

「 自分と感覚が合わないからってアスペ呼ばわりかよ」というコメントをいただきました。「アスペ呼ばわり」という言葉にこの方自身のASDの方々に対する偏見や侮蔑の意識があらわれていて、ASDを家族に持つ身としては非常に不快です。

  「好き嫌いがある人はASDだ」と言い切っている文章なんてどこにも書いてないのに、言い切ったと感情的になっているブコメが散見される。ご自身が文脈を読めていないことを自覚して、内容をゆがめたコメントをするやめていただきたい。

 問題を解決するためには、あらゆる可能性を想定して、一つの可能性を代入して結果がかんばしくなかったら、他の可能性を代入して問題解決にすすんでいくのが実行力というものです。その代入する可能性の一つとして「ASDの可能性」を提案しただけです。もし好き嫌いの原因がASDであった場合は、ASDの方々との接し方の書籍や家族会で知恵を貸してもらうことで救われる人も多かろうという話をしてるのです。

 問題を解決する気がなく、人の書いたことにけちをつけたいだけの人は非表示にしてるので最近は快適だけと、ほんとうにうとましい。

 

 この動画でも見てASDの人の食に対するこだわりを知ってほしい。食だけでなく様々なことに独自ルールがあり、思い通りにならないと外側に向かう人は不機嫌になったり、怒鳴ったり暴れたり、内側に向かう人は自傷行為をしたりするのがASD。本人もつらいし、周囲も翻弄されてつらいのがASDなのよね。

 私もASDの夫に振り回されて泣いて泣いて苦しんで苦しんで、別離を嫌がる夫を振り切って家を出たので、ASDに振り回されたことのない人が勝手なことを言わないでね。