女だから言えること

老いとともに。

いつまでも恋をしたいおじさんたち、おばさん達Part1

  私自身がが20代前半の頃、50代の中小の会社の社長さん達や、医師やら地位の高い勤め人やら、まあまあ中流以上のおじさんたちが集まってお酒を飲む場でお手伝いしたり、同席することがあったんですね。だから、彼らの本音を聞く機会が多かったんですね。

 私は、婚外恋愛とか、借金とか、倒産とか、各種依存症とか虚言癖とか、そういう話を聞いても、あまりおどろかないタチでしたし、おじさん達もお酒が入っているので言えるところまでは喋りたおしてましたね。

 私の中で一番、思い出に残っている話は、いつまでも恋をしたいおじさんたちの話。 

「例えば、俺が癌になって命があと半年と余命宣告されたら、最後に、燃えるような恋をして死にたい。最後の恋だから、そりゃー、その女の子をかわいがってかわいがって、もう目に入れてもいたくないくらいかわいがるよ。自分が、こんなおじさんだから、お金だって、出せるだけ出すよ。そして、恋に燃えて死にたい。」

って、いうようなことを、とある会社の社長のおじさんんが言い始めて、周りにいたおじさん達が、しみじみとうなずいていたんですよね。

 なんていうんだろ、「不謹慎な!」とか、「だから男は。。」とかいうふうには、私には感じられなかったんですよね。白髪交じりで頭も薄くなり始め、容姿にも体力にも自信を無くし始めたおじさんたちが、絞りだすように、唸るように、口からこぼした「最期の望み」に、切なくなったのを覚えています。

  人間の生きるチカラって、最後の最後まで突き詰めると、そんなに高尚なものではなくて、意外と不純なものなのかなと思ってみたり、案外、不純なものをつきつめていくと高尚なものになったりするのかなって。

 

私は、少し、気になって、言い出しっぺのおじさんに聞いてみました。

「奥さんは?最後に奥さんを精一杯かわいがってあげようとは思わないの?」

と。

 

そうすると、

「嫁は家族だし、大切な人だから、金を残せるだけ残して死のうと思う。本当に嫁には口では言えないような苦労をかけたし、心から感謝してる。だけどね、死んだ後はね、結局家族には金を残してやるのが一番なんだよ。自分に保険金をかけられるだけかけて、嫁には残せるだけの金、すべてを残して死んでやるのが一番なんだよ。」

という答えが返ってきました。

 

 よく、結婚と恋愛は別物というけれども、それは結婚前だけの話ではなく、結婚後でもそうなんだと、若かった私はおじさんたちの話をきいて思ってしまったのでした。

 お金と時間に余裕のできたおじさんたちは、退屈で寂しくてせつなくてたまらないんだろうなって、また逆もしかり、お金と時間に余裕ができたおばさんたちもまた、孤独で寂しくて切なくてたまらないんだろうなって、私は、いつも切ない気持ちで、彼らを傍観者として、かたわらから見ていました。

 時間とお金に余裕のあるおじさんたちが愛人を囲うなんて事は当たり前すぎて、なんとも思わなくなっていましたし、そういったおじさんたちを積極的に口説く人妻たちも何人も見てしまったので、私自身は結婚というものに夢も希望も抱かない若者になってしまっていました。

 みなさん、大人ですから、配偶者は配偶者、愛人は愛人と割り切って恋に溺れたりはせず、恋はたしなむものというスタンスで恋愛を楽しんでいらっしゃいました。婚外恋愛が妻にバレすぎてパイプカットをさせられたおじさんもいました。

 おじさんのお相手の女性たちも、そのおじさん達のことを好きは好きみたいでしたけど、やはり所詮は不倫よねと割り切っているフシがありありましたね。「好きなのに、結婚できなくて悲しい」という感じよりも「きっとこの人と結婚できたとしても幸せではないだろう。」という諦観を持っているようにも見えました。おじさんたちも、愛人には本気になってほしいような、ほしくないような複雑な気持ちがあったでしょうね。なにせ本妻は本妻として君臨していて、本妻は失いたくないわけですから。

 バイアグラやらなんやらを駆使して、最後に限りのある男性の「性」部分を燃やしたいというその熱量みたいなものは、けっしていやらしいものではなく、むしろ、純粋な少年の望みのようにも見えました。

 性的に生涯現役であることができる女性の「性」とは違い、リミットのある男性の「性」は、なんていうか、心の持ちようが違うのでしょうね。

 ある看護師の知人が勤務先の病院の入院患者である、70代の男性が「俺のモノは、小便をするしか役に立たなくなった…」と、本気で嘆く姿を見て「男の人って大変なんだな」って思ったと言っていました。

 あのお話の輪にいた方々も、随分な人数、病気でお亡くなりになってしまいました。お葬式に、「最後の恋」のお相手がおいでになった方もいたそうで、きっと本望だったでしょうね。

 私自身は、自分の孤独は自分でしか癒せないって思うタチだから、若い子と恋をするのなんて、一時しのぎのドラッグみたいなものだというふうにしか思えないけど、最後に「恋」という麻薬中毒になって、そのまま消えてしまえたら、どんなに幸せだろうって夢見ちゃう、死期を意識したおじさんたちのはかなくも、ささやかな夢に、口を挟む気にはなれませんでした。

 

 逆に、お金と時間に余裕のあるおばさま方も、じつは似たようなものでした。私は「人妻の不倫は絶対にバレない、なぜなら(夫から得られる資金も子供も)全てを失うから」と冗談半分、本気半分でよく口にしています。

 とある男性の妻がそれはそれは美人で、高校時代はかすみ草のようにはかなげな女性だったそう。だけど、その人妻は40~50代の間で夫側の同級生のおじさんたちのほとんどと肉体関係を持ってしまいました。彼女の夫の同級生のおじさんたちの間では「ほとんどみんな、あいつの嫁と寝たことがある」というのは周知の事実でしたが、当の夫には妻の派手な不倫関係がばれていないという不思議な現象が起こっていました。対外的には非常に仲の良い、いい夫婦に見えていましたし、その夫の中では、妻はいつまでも「かすみ草」に見えていたのかもしれません。

 実際にその人妻と寝たおじさん達の話だと、その人妻は「女性性」を評価されることでしか自分を保てないメンタルになっていたようです。

 あるおじさんとその人妻がデートをして、「ラブホテルに行こう」と誘うと、「私はラブホテルに行くような安い女じゃないわよ!高級ホテルのスイートしか行かないわよ。」と言われたそう。だけど値切ってシティホテルで済ませることは済ませたとのこと。

 自分の「女性性」に対して、男がいくらの金額を出してくれるかで自分をはかるあたりが、自己肯定感や自尊心の低い女性あるあるだなぁと思いつつ、おばさん側もおじさん側も、どっちもどっちだなと呆れてしまいました。おじさんというのは残酷なもので、そのような話を酒の肴にしてしまうものなんですよね。

 とはいえ、その時代の女性達は「女が外で働くもんじゃない!」という親を持つ世代の人たちで、正確に言えば「女性が外で働くことを選択できはじめたぎりぎりの世代」の女性達でした。この時代の(家柄の良い)女性達はキャリアウーマンでの評価に振り切るか、女であること、良妻賢母であることでの評価に振り切るかの二択しか与えられなかった世代だったと言えるでしょう。

 そんな中で、多くの男から性的に求められることで自分の価値をはかろうとする女性が出てくるのは、いたし方のないことだと思えて、それはそれで切なく思ってしまいます。キャリア組女性はキャリア組女性で、おじさん戦士と競っていかなければならない身ですから、おじさんのようなおばさんになるしかない大変な時代でした。職場で女性らしくあっては勝ち上がっていけない時代でしたからね。

 生きていれば70歳前後のおじさんおばさんたちでしたが、結構な人数、死んでしまいました。彼らが死んだからこそ書ける話ではありますが、他にも思春期の子供が暴れまくって大変とか、子供が精神障害になって地獄とか、そんなような話が沢山ありました。

 私も中年になり、ある中年男性に「100%幸せな家庭なんてない」というと、そのおじさんは「100%幸せな家庭はある!」と言い切りました。私は肩で笑って、何も言い返しはしませんでしたが、「そう思えるのは、君んちに乗り越えるべき色んな試練がまだ訪れていないからだよ。まだ子供は思春期じゃないし、親は要介護じゃないし、妻に更年期はきてないし…俺の人生はこのまま終わっていいのか?の感情もまだきてないでしょ?うふふ」と心の中でつぶやいていたのでした。

 

◆続編はこちら

blog.lalamiamor.net