女だから言えること

老いとともに。

孔子の言葉でも裏読みする性格の歪んだワタクシ

孔子がこのような言葉を残している。

 

子曰、
吾十有五而志乎學、
三十而立、  
四十而不惑、
五十而知天命、
六十而耳順、
七十而従心所欲、不踰矩

 

子の曰く、

吾れ十有五にして学に志す。

三十にして立つ。

四十にして惑わず。

五十にして天命を知る。

六十にして耳順う。

七十にして心の良くする所に従って、

矩をこえず。 


これを中学生にでも分かるように訳すと

私は十五歳で勉強をしようと決めた。

三十になったら自分なりの考えを持つようになった。

四十になってあれこれと迷わなくなった。

五十になって自分や世界の限界をわきまえるようになった。

六十になって人の言葉が素直に聞けるようになった。

七十になると思うままに行動しても

それで道を外れるようなことがなくなった。

 孔子のこの漢文は​人によって微妙に違った訳がほどこされます。史実の背景を考慮した訳し方をする人もいれば、思想・哲学をベースにした訳し方をする人もいます。「天命」のところを「自分に与えられた使命」と訳す人もいるようですが、当時の寿命や社会的背景からすると、以下の記事のような「世界の限界」といった概念として訳すほうが、個人的には腑に落ちるなぁと感じます。

 

『論語』〜五十にして「天命」を知るの意味 « CCHP : blog


 それで、多分、この文章を読んだ人は「人間の成長」について書いた文章だと読み取ると思うんですよね。私も学生の頃は、人間の成長について書いたすごい文章だと思っていました。

 ですけど、歳をとってどんどんと人間がやさぐれてしまった後に、この文章を読み返すと、

30歳まで大した考えも持たず、

40歳までは迷ってばかりで、

50歳まで宇宙の摂理を受け入れられなくて、

60歳にならないと人のいうことすら素直に聞けない。

しかも

70歳くらいにならないと

素の行動だと人に迷惑をかけちゃいます。

っていう、「人間の愚かしさ」に言及した文言に見えて、

人間って昔から馬鹿だったんだね…

と、ホッとしてしまうんですよね。

 

 孔子の生きた時代というのはまだまだ平均寿命も短かったでしょうから、だいたい平均寿命が50歳くらいだと仮定すると、人の言うことも素直に聞けず、素で行動するとすぐに他人に迷惑かけちゃう状態のまま、人として成熟したり老成したりする前に結構な数の人が死んでいたのでは?と思えてきて、混乱した社会だったろうなーと推測してしまいます。

 学生の頃、孔子のこの漢詩を読んだときには、大人になっていくということは、こんなにも成長していけるということなのだとワクワクしたものですが、実際に大人になって、もう一度読み直すと、孔子は「人間の成長にはこれほどの長い時間がかかりますよ。」と言いたかったのかもしれないと感じるようになりました。

 どんな苦しみも、悲しみも苦労も「人としての成熟の糧」になるから、耐えて大人になりなさいって意味だったのかな?って思えたりしてね。孔子の時代に読み書きができた人達がどれくらいいたのか、活字が読めたとしてもこの言葉の意味を理解できる人がどれくらいいたのかと考えると、あまり多くはいなかったのかもしれないと思えたりもします。そうすると、町には学のない人達もあふれ、混乱した社会で孤高を保つのは大変だったろうなと思えたりしてね。

 映画「三丁目の夕日」を皮肉るために、北野武監督は同じ時代の別階層の地域の模様を「監督・ばんざい!」で表現し、「無知と意味のない暴力が横行していた」みたいなことをナレーションに言わせていました。日本の昭和の時代でさえも、そんな状態だったのだから、孔子の時代なんてもっとひどい状態だろうなと思えてしまいます。だからこそ、人は成長するものだという「理想論」を謙虚に見える言い回しで伝えねばならなかったのだろうなって思ったりします。

  もし孔子が、上記の文言に「読み手に成長して欲しい。」という思いを込めて書いたのだとしたら、残念ながら私には届かなかった。なぜなら、私は「なーんだ、人間なんて昔から馬鹿だったんじゃん、ならいいや。」と安心してしまう程度には、怠惰なひねくれ者だから。

 素直な方々は、ぜひ、この文章を教訓として、のびのびと成長してほしいと思います。私は、もう心を入れ替えるには、やさぐれすぎたし、歳を取りすぎました。あとは若い世代を信頼して、残せるものを残すしかないなぁと思いつつ老年期に入ろうとしているワタクシ。

 八千草薫さんのようなかわいいおばあちゃん像に憧れていましたが、それは無理そうなので、樹木希林さんのような凛としたおばあちゃんを目指していますが、それも無理そうです。性格が歪んでるし、根が貧乏性だから、あんなに凛とした雰囲気が出せる気がしません。そんな樹木希林さんもお亡くなりになってしまいましたね。

  人生の残り時間をカウントすると、もう大した時間が残ってないなぁとしみじみします。先日30代前半と中盤の若い男女がうちに遊びにきてくれました。片方は30代中盤で最近看護学校に通い始め、もうひとりはやはり30代中盤で不動産業の会社を起こしたそうです。若い人たちが頑張っている姿はとてもすがすがしく、老人にはまぶしく見える。

 私は、そんな彼らのために、美味しい料理を作って振る舞うことくらいしかできないけど、歳の離れた私と遊んでくれる優しい若者達がいるからこそ、手料理を食べながら談笑させてもらえるのだと、ありがたい気持ちにもなる。

 未来ある若者たちには、少しずつでも前に進んでほしいと思う。孔子の言葉をまっすぐに読み取って、すくすく成長できるような環境に置かれていてほしい。そんなことを願ってしまうのも老女の傲慢なのかもしれないけれど、心からそう願ってしまうのが、「老いた」ということなのかもしれないと思う今日この頃です。